ボックス!(下) (講談社文庫)

  • 1664人登録
  • 4.15評価
    • (233)
    • (296)
    • (117)
    • (5)
    • (2)
  • 182レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 講談社 (2013年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062775366

ボックス!(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボクシングの話らしいということは知っていましたが、「ボックス」て何だろう?と思いつつ読み始めました。
    そして初めて知った「ボックス」の意味。
    ボクシング用語で、試合開始や、ダウン後の試合再開のときに、審判がかける言葉で「ボクシングしろ!」という意味。
    アマチュアボクシングの世界を描いた青春小説。
    恵比寿高校ボクシング部の2人。
    天才ボクサーと誰もが認める鏑矢美平。
    鏑矢美平の幼馴染でありながら、子どもの頃からいじめられっ子だった木樽優紀は鏑矢の影響でボクシングを始めたが…
    進クラスに席を置く秀才だけどボクシングとは一番遠い所にいた優紀。
    天才と努力家。
    全くタイプの違う二人がボクシングに青春をかける。
    そんな二人を見守るボクシング部顧問の高津耀子先生。
    鏑矢を応援するためにマネージャーになった優紀のクラスメート丸野智子。
    舞台が大阪と言うこともあって、とにかく面白かった!
    上下巻、一気読みでした。

    ボクシングって遠い昔、テレビではチラッと見たことはあるけれど、ほとんど興味がなかった。
    それでも具志堅用高、赤井秀和、辰吉丈一郎という名前は知っている。
    だけど、その人たちがどんなにすごい人だったのかということは知らなかった…
    殴り合っているというイメージしかなかったのだけど…
    当たり前のことだけどそこにはルールが存在し、ものすごい精神力を必要とする、すごいスポーツだと思った!

  • 2009年本屋大賞5位

    高校アマチュアボクシングのお話。

    青春浪花節⁉︎とでも言うのでしょうか、とても面白かった。
    シルベスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガー主演のハリウッド映画のように、ストーリーは全く裏切らず予想通り展開していくので、気持ち良くなりましたw

  • 百田さんの青春スポーツ物というのと、既に映画化されていたので読むのに躊躇していたが、読みはじめるとページをめくるのが止まらない。 天才でちゃらんぽらんな鏑矢と努力の天才の木樽。この対照的な二人に感情移入しながら、最後までハラハラドキドキ爽やかに読了できました。 個人的には鏑矢推しなんですが、、、

  • 天才鏑矢が木樽にあっさり負けてしまった事が少し不服であるが、その後の進路も含めて現実味があるなと感じた。。

  • ついにライバルとの戦い、決着
    他の部員たちの試合にも気持ちが入ってしまった
    エピローグの話も絶妙

  • 青春小説。

    一緒に一生懸命になって何かに没頭してる姿が想像できる。

    2人のやり取りがかっこいいなぁ。

    丸野の存在感が素敵だった、、

  • 大人になって少しずつ歳を重ねてくるとすぐに楽をしようとか、面倒だとか考えがちだけど「とことんやる」ってことを忘れちゃいけない。そんなことを思い出させてくれた作品でした。

  • いやあ、よかった!
    鏑矢が稲村に負けて、ボクシングやめたといったのが、再度復活した後、優紀と戦って優紀を強くすると言って助けるところ、また再度復活するところ何かが非常に青春!という感じで良い!いやあ、読んだ後にすっきり感が非常に大きくて最近読んだ中でも久々のベストかなと思います。

  • 久々に読書を趣味としていて良かったと思える作品!とにかく早く先を読みたくて、でも先を読めばその分だけ残りのページが少なくなっていくのが寂しくて。
    キャラは良いし、ストーリーは良いし、笑わせてくれるし、泣かせてくれるし。面白かった!

  • 丸野さん亡くなられた。木樽がめっさ強くなって鏑矢にも勝ったんだけど結局稲村に勝てず。そこをさらに強くなった鏑矢が仇を討つという流れ。

全182件中 1 - 10件を表示

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ボックス!(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ボックス!(下) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボックス!(下) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボックス!(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボックス!(下) (講談社文庫)の作品紹介

「強くなりたい」--いじめられっ子だった木樽優希が入部した恵比寿高校ボクシング部。彼には強くならなきゃならない理由があった。

ボックス!(下) (講談社文庫)の文庫

ツイートする