ボックス!(下) (講談社文庫)

  • 1649人登録
  • 4.15評価
    • (231)
    • (293)
    • (116)
    • (5)
    • (2)
  • 181レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 講談社 (2013年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062775366

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ボックス!(下) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ボクシングの話らしいということは知っていましたが、「ボックス」て何だろう?と思いつつ読み始めました。
    そして初めて知った「ボックス」の意味。
    ボクシング用語で、試合開始や、ダウン後の試合再開のときに、審判がかける言葉で「ボクシングしろ!」という意味。
    アマチュアボクシングの世界を描いた青春小説。
    恵比寿高校ボクシング部の2人。
    天才ボクサーと誰もが認める鏑矢美平。
    鏑矢美平の幼馴染でありながら、子どもの頃からいじめられっ子だった木樽優紀は鏑矢の影響でボクシングを始めたが…
    進クラスに席を置く秀才だけどボクシングとは一番遠い所にいた優紀。
    天才と努力家。
    全くタイプの違う二人がボクシングに青春をかける。
    そんな二人を見守るボクシング部顧問の高津耀子先生。
    鏑矢を応援するためにマネージャーになった優紀のクラスメート丸野智子。
    舞台が大阪と言うこともあって、とにかく面白かった!
    上下巻、一気読みでした。

    ボクシングって遠い昔、テレビではチラッと見たことはあるけれど、ほとんど興味がなかった。
    それでも具志堅用高、赤井秀和、辰吉丈一郎という名前は知っている。
    だけど、その人たちがどんなにすごい人だったのかということは知らなかった…
    殴り合っているというイメージしかなかったのだけど…
    当たり前のことだけどそこにはルールが存在し、ものすごい精神力を必要とする、すごいスポーツだと思った!

  • 2009年本屋大賞5位

    高校アマチュアボクシングのお話。

    青春浪花節⁉︎とでも言うのでしょうか、とても面白かった。
    シルベスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガー主演のハリウッド映画のように、ストーリーは全く裏切らず予想通り展開していくので、気持ち良くなりましたw

  • 百田さんの青春スポーツ物というのと、既に映画化されていたので読むのに躊躇していたが、読みはじめるとページをめくるのが止まらない。 天才でちゃらんぽらんな鏑矢と努力の天才の木樽。この対照的な二人に感情移入しながら、最後までハラハラドキドキ爽やかに読了できました。 個人的には鏑矢推しなんですが、、、

  • 天才鏑矢が木樽にあっさり負けてしまった事が少し不服であるが、その後の進路も含めて現実味があるなと感じた。。

  • ついにライバルとの戦い、決着
    他の部員たちの試合にも気持ちが入ってしまった
    エピローグの話も絶妙

  • 青春小説。

    一緒に一生懸命になって何かに没頭してる姿が想像できる。

    2人のやり取りがかっこいいなぁ。

    丸野の存在感が素敵だった、、

  • 大人になって少しずつ歳を重ねてくるとすぐに楽をしようとか、面倒だとか考えがちだけど「とことんやる」ってことを忘れちゃいけない。そんなことを思い出させてくれた作品でした。

  • いやあ、よかった!
    鏑矢が稲村に負けて、ボクシングやめたといったのが、再度復活した後、優紀と戦って優紀を強くすると言って助けるところ、また再度復活するところ何かが非常に青春!という感じで良い!いやあ、読んだ後にすっきり感が非常に大きくて最近読んだ中でも久々のベストかなと思います。

  • 久々に読書を趣味としていて良かったと思える作品!とにかく早く先を読みたくて、でも先を読めばその分だけ残りのページが少なくなっていくのが寂しくて。
    キャラは良いし、ストーリーは良いし、笑わせてくれるし、泣かせてくれるし。面白かった!

  • 丸野さん亡くなられた。木樽がめっさ強くなって鏑矢にも勝ったんだけど結局稲村に勝てず。そこをさらに強くなった鏑矢が仇を討つという流れ。

  • 軽かったけど読んでて少ししんどかった。終わりで少し落とすところは好き。

  • 2015年10月24日読了。ボクシングに才能を見せ始めた優紀、壁に突き当たる鏑矢とライバル稲村の動向。定番ともいえる数々の悲喜劇が発生し一気に読めるが、読み終わって冷静になると色々気になるところも出る・・・。「耀子」視点で語られるパートは素人視点にしては「ジャブ二発・右のダブル」など技術的な描写が細かすぎないか?とか「稲村は結局何者だったのか?」とか「いきなり『骨折』って、伏線も何もなしにか?」とか・・・。終盤の『惨劇』の章も「タイトル煽りすぎ」と感じるし、エピローグは当然あるべき「ボクシングの怖ろしさ」を教える章になっておらず、妙に爽やかだし・・・。まあ、そこらへんの投げっぱなし感も読んでる間は気にならず、結構ドキドキしながら読み進めることができた。映画は面白いのかな?

  • ボクシング。さくさく読める

  • 感想は上巻に記載しました。

  • ボクシング、成長、勝負

  • どんどん力をつける木樽。力をつけるに従って鏑矢への憧れがライバル心に変わっていく。。。

    鏑矢と木樽の2人の関係が実に面白い物語。

    木樽は鏑矢に追いつき追い越したい気持ちはありつつも、いつも自分を助けてくれたヒーロー的存在として鏑矢にはいてもらいたい。そんな気持ちを自分は同い年の友達に簡単には持てない。

    一方鏑矢は、木樽に負けたことを機にだらしなかった弱い自分を認め、木樽のために一生懸命にサポートする姿が感動的。

    国体予選で木樽が負けたモンスター稲村に向かっていく鏑矢の姿はめちゃくちゃかっこいい。

    これはまぎれもない友情の物語だと思う。

  • 永遠の0にも共通して言えることだが、読み進めていくうちに、深く取材しないと知ることのできない世界を垣間見ることができることが、ストーリーに吸い寄せられる一番の理由だと思う。この本の場合はアマチュアボクシングの世界を間近に感じることができた。

  • 鏑矢を好きになれた下巻。木樽のために踏み台になることを決意し、生まれ変わったように熱心に練習に取り組む姿には感動した。

    けどやっぱり表現に馴染めないところがあり。。そこだけが残念。

  • この本、まじですごい。
    上下巻あるけど、一気に読める。

    ボクシングはよく知らないけど、ほんとボクシングを通じた人間ドラマは本当に読まないと損だと思う。

    こんなことは言うのは好きじゃないけど、これを読まずして、死ぬのは損だと思う。

    ネタバレしたくないからそこまで書かないが、青春というものの素晴らしさとその葛藤などをすごくよく描いているとおもう。

    今後誰かにオススメの小説を聞かれたら、迷わずこの小説をすすめる自信がある。

    この本に出会えてよかった。

  • 先に読んだ角田光代の「空の拳」も、ボクシングシーンが迫力満点だったが、こちらも負けず劣らず、まるで「明日のジョー」並みの試合描写に、小説の醍醐味を堪能した。
    高校のボクシング部を舞台にした、二人の親友と彼らを取り巻く部員と監督、そして顧問の女性教師とマネージャーに就任した体の弱い女子生徒等々、青春群像に爽やかで、格闘あり、涙あり、読書子の年齢も忘れて、読みふけってしまった(笑)
    それにしても、百田尚樹の引き出しの多さよ、同じジャンルの小説は書かないという、彼の矜持に脱帽。

  • 全く知らなかったボクシングなのに、百田マジックにかかり世界に一気に引き込まれ気づいたら感動して泣いてた。
    「素直な子が一番伸びる」
    スポーツする上ではかなり聞くこの言葉。
    鏑矢も木樽も、もの凄い素直。そして、純粋で男らしい。
    自分が高校生だった頃はこんなに純粋に部活してたかなと考え込んでしまった。
    鏑矢にとっては、良くも悪くも一番いい終わり方だったと思う。
    今までの試合が一瞬で色あせる強烈な相手との試合経験。
    これが彼にあるだけで、今後の人生のバネになる。
    とにかく、面白かった~!

  • 詳しくは上巻の評価を参照。

    僕は大好きな内容

  • 3.5 続き。なかなか面白い。百田の作品には義侠心が多いとのことだがなるほどな感じ。稲村の世界チャンピオン、鏑矢の怪我とアメリカでのたこ焼き屋、優紀の高校3冠と検事というエピローグもありそうな感じだが、鏑矢の悔しいのに明るく次に向かって頑張る姿はやはり魅力的。木樽のトレーニング・応援するところや、稲村は倒すも拳の怪我が続き引退するが渡米で成功するところなど、くじけず明るく楽しみながら頑張ったのだろうと想像できる。丸野の死やそれを乗り越えていく部員達、丸野の精一杯生きようとする姿勢も魅力的。10年後のエピローグでは耀子は結婚していたよう。下巻でもあまり好きになれない感じ。

  • 高校生のボクシング部の話。ボクシングの天才的勘を持つ鏑矢、努力に努力を重ねて練習をして少しずつ強くなる初心者木樽。ボクシングを中心とした高校生の奮闘、心の動き、友情、嫉妬…主人公たちや、部活の先生の感情も巻き込んで話が展開。ボクシングにやや詳しすぎる傾向もあるが、人情もあっていい。

  • まさか後半は鏑矢が木樽に負けてボクシングを離れることになるなんて…
    その他にも色々な出来事があって、下巻はあっという間に読み終わった。

    でも高校生最強ボクサーを倒したのは木樽ではなく鏑矢など、かなりドラマチックな展開だった。面白かった。

全181件中 1 - 25件を表示

ボックス!(下) (講談社文庫)に関連する談話室の質問

ボックス!(下) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボックス!(下) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボックス!(下) (講談社文庫)の作品紹介

「強くなりたい」--いじめられっ子だった木樽優希が入部した恵比寿高校ボクシング部。彼には強くならなきゃならない理由があった。

ボックス!(下) (講談社文庫)の文庫

ツイートする