決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)

  • 143人登録
  • 3.83評価
    • (8)
    • (24)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2013年6月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062775816

決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく親子の話し合いが付いたってことですね。

  • シリーズ完結。

    衛悟と、(宿敵というか、なんだか師匠みたいになっていた)冥府防人との決戦、そして将軍位をめぐる争いにもついに決着が。。。
    衛悟の今後が気になるので、衛悟メインでの続編希望です。

  • 面白かった。
    冥府防人との決戦は最後、あっけなかったように思うけど、満足。
    続編があれば読みたい。

  • シリーズはめでたしめでたしで完結。
    この作者の別のシリーズも読んでみたい。

  • シリーズ第十二弾での完結編
    将軍継承問題、何か適当にけりをつけた印象
    冥府防人と併吾の最終の闘いも何か物足らない
    機会があれば続編?
    京との決着はついてないし、
    将軍家(徳川)の闇・秘密-嫡男廃嫡の遺訓?等を暴いたことは新鮮だった

  • 筆の戦い・・・最後の決戦
    あんなに求めた将軍職は幻想でしかなかったのか?
    虚しい設定の中人物を動かす小説本来の面白さ
    終わっちゃった・・・

  • 治済の野望と宿敵 冥府防人との対決 全ての決着が付く完結編。意外と長く続き少し同じような展開で中だるみもあったが、武と文の取り合わせがなかなか良い面白いシリーズだった。最後に相応しく盛りだくさんの内容で併右衛門の筆の力が存分に発揮されたのに比べて、衛悟の戦いは引っ張った割にはあっさり終り。シリーズの最後の華とも言える決戦はもう少し衛悟にも防人にも見せ場が欲しかった。治済と家斉の直接対決もなかなか読み応え在り。ラストは「勘定吟味役」に似たもので続編ありかと期待を持たせる。筆者のあとがきも良かった。

  • 完結してしまいました。宿敵との最後の戦いは⁇なところもありましたが、面白いシリーズだったと思います。

  • 完結。
    それなりにおもしろかったけど、他の作品も読みたい!って思う程の熱は持てなかったかなあ。
    たぶんもっと、人情の機微が描かれるもののほうが好きなんだ。

  • L 奥右筆秘帳12

    シリーズ最終。将軍がらみの話はどこで決着するのかと思ってたけど主役メンバーを差し置いたところでシメ。最後に残った宿敵との戦いは結局のところ個人的な決着みたいな。要らぬエピソード(特に御庭番)も多々あったとは思うけど、一部の頭の切れる輩にニヤニヤしてしまう。そんな作品。
    衛悟と併右衛門は最後まで変わらぬ関係で○。

全14件中 1 - 10件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)の作品紹介

「この文庫書き下ろし時代小説がすごい!」第一位に輝き、圧倒的な読み応えで読者を魅了した「奥右筆秘帳」シリーズが、いよいよ完結! 筆の力だけで身を守り、将軍位をめぐる暗闘を知った奥右筆組頭・立花併右衛門。隣家の次男で剣術の腕のみの若者衛悟を護衛役にする。愛娘瑞紀の拐かしから端を発した陰謀の数々を三人は乗り越え、衛悟を婿に迎えることに。だが、かなわぬ強敵・冥府防人が最後に衛悟の前に立ちはだかっている!

決戦 奥右筆秘帳 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする