喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)

  • 1090人登録
  • 4.33評価
    • (164)
    • (95)
    • (51)
    • (5)
    • (0)
  • 106レビュー
著者 : 森博嗣
  • 講談社 (2013年10月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062776813

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 研究というものの淵源。その深さ。その孤独さ。研究者という立場を描いた本でありながら、それ以外の立場の人にも通じる、つまり人の生き方一般についてあてはまる価値観が示されていると、僕は感じました。
    読了後、しばらく動けないほど、心が揺さぶられました。

  •  この本は、作者である森博嗣の学生時代の研究生活を題材にして書かれたものだと思われる。

    大学で学ぶべき「学問」(特に理系)というのは、高校までやってきた「勉強」とは全くと言っていいほど別物である。
    (これには賛否両論あろうと思われるが、自分の立場としては、現在の高校の「勉強」の在り方も一般人の基礎固めとしては悪くは無いと思う)

    そこで文系のおそらく9割以上は「学問」からフェードアウトして何らかの価値を大学生活に見出して過ごしていく。

    一方、理系はフェードアウトしようにも、「学問」からフェードアウトするというのは、大学からフェードアウトするということに繋がりかねない。

    そこで9割の人は高校までやってきた「勉強」のスタイルを多少アレンジして、「学問」に斜め45°位から向き合ってやり過ごす。

    そんな中で、学問(=研究)と向き合った主人公の生活と師匠との関係が書かれたこの小説は、これから理系の大学に進学しようと思っている高校生には必読といえるレベルだと僕は思う。

     この小説で書かれている研究生活というのは、研究とか関わりのない一般の人から見ると、壮絶なものだろう思う。(1日中かけて書いた論文がほど全て”赤”で返ってくる。数日間の徹夜上等など)

    しかし、タイトルにあるように、ここに生きる人たちの世界というのはまさに「静かな世界」なのである。

    自分の興味があるものと対峙し、自分の頭を使って、深く、深く、潜っていく。

    この自分の中に深く、深く、潜っていく静かな感覚と言うのは、学びの中からしか得られないと僕は思う。

     しかし、これは、この感覚に触れた者にしかわからないんだなぁ。

    それがわからない人には「その勉強は何の役に立つの?」っていうことなんだなぁ。

    その感覚に触れること、それ自体が学ぶ理由の必要にして十分だということ。

    何度も繰り返すが、この喜びは、学びによってその世界に触れられた者にしかわからない。それこそ、無くったって生きて行ける。

    でも、これから学びの機会のある人、特に自分の生徒には是非味わってもらいたい。こんな豊かで静かな世界があることを知ってもらいたいので、まずはこの本を読んでほしい。


    以下、この小説のお気に入りの部分を引用させてもらいます。


    「中村さん、自分の研究の価値は、わかっているんでしょう?」
    「正直なとこ、わからんね」
    (略)
    「ということは、自己満足に過ぎないってことですか?」
    「自己満足できたら、それはもの凄く良い状態だね。自分が満足できるなんて、そんな素敵なことはない。それは価値が大ありだ」


     とても不思議なことに、高く登るほど、他の峰が見えるようになるのだ。これは、高い位置に立った人にしかわからないことだろう。ああ、あの人は、あの山を登っているのか、その向こうにも山があるんだな、というように、広く見通しが利くようになる。この見通しこそが、人間にとって重要なことではないだろうか。他人を認め、お互いに尊重し合う、そういった気持がきっと芽生える。

  • 1人の学生の半生が、静かに、しかしドラマチックに描かれている。これを森博嗣の自伝的、と評するならたしかに他作品にも共通する思想・哲学の基本とも言えるべき会話や思考が書いてあるし、最後でアッと言わせるミステリ的手法もしっかり取り込まれている。特に最終章は圧巻。うむぅ、と唸って、声を出すほど笑い、最後はホロリとさせられる。爽やかながら、切なさも残る読後感。事態が急展開するわけでもない、淡々と学生生活が進んでいくだけなのだが、どうにも面白く、次々とページをめくる指が進んでしまう、魅力的な作品だった。

  • 自分がこの歳まで生きてきて…抱えたものや失ったもの、悲哀も歓喜もすべてがこの本の中にあった。

    読み終えてしまった時の寂しさといったら…言葉にするのは下品だとすら思うくらいの深さだった。

    大学というものの本当の姿、研究というものの真の価値。それが森さんらしい論理的かつ明快な筆運びで語られている前半部。

    人間存在の不思議や矛盾、人としての幸せ、それと引き換えに失われてしまった自己の本質…この本にはあまりにも多くの真実がまっすぐに語られていて、心の芯まで揺さぶられ、私の中で何かが変わっていくのを実感しながら読むことになってしまった。

    このくらいの厚みの文庫本なら、ゆっくり読んでも3時間はかからない私が、何度も同じところを読み返し、ため息やら吐息やらの形を借りて、自分の中で今までごまかしてきたものを排出しながら…読み終えるのにかけた時間は実に倍の6時間。

    濃厚で切なく、輝きに満ちた本。若い時に出会いたかった。いい本でした。

  • 作者の自伝的小説と言われるが、「研究一筋」の清らかさというかひたむきさというのかが清々しい。
    最後、静かな哀しみが漂うのがまた心に残る。好きな作品だ。

  • 非常に面白かった。
    自分の経験と重なる部分もあって、物語の面白さに“懐かしさ”と“羨ましさ”が合わさって。いや、楽しい時間だった。
    研究室での様子や、論文作成の過程や姿勢。研究室の睡眠用ソファ。その他施設。目に浮かぶよう。
    似たような所に居たのにここまで夢中になれていたかな、と何かもったいないことをした気分。

    大学4年で卒論の為に配属された喜嶋研究室にその人は居た。
    クリーンでサイレントな天才。
    寝食を忘れ、夢中で工学技術研究に没頭した僕と喜嶋先生のお話。
    学生時に読みたかったし、学生さんに読んでほしい。

  • 自分の中に刻みつけたい言葉、指針にしたい言葉が沢山ある。ここ一年で1番読んで良かった本。

  • 『まどろみ消去』に収録されている、「キシマ先生の静かな生活」の長編版。
    作品を通して、とても懐かしく感じた。
    研究室が快適という感覚、分かります!
    大学生の時に読んでいたら、人生が変わっていたかも。

  • 読んでいて疲れない。すごく好き。学問の末端の末端に掠る程度だった私でも色々な感覚を思い出した。読後の脱力感がまた堪らない。

  • これまでの著者の新書シリーズを凝縮して小説化した感じ。全ページでメモしたい金言がいっぱい。

    学問、研究に対してどう考えれば良いかがよく分かる。
    院に進むか悩む理系学生にオススメ。

    大学院という特殊な環境下での研究・恋愛を軸に主人公が成長していくストーリであるが、説明ではなく特徴的な会話、主人公の心の揺らぎを描写することで読者に理解させていく。ここはやはりさすが。
    読み進めるうちに、喜嶋先生の愛すべきキャラクタに魅力されニヤニヤして読んでいた。最後の最後でまさか・・・という展開になるが、これをどう捕らえるべきか。

    何度も読み返すことになるだろう、必読の書になった。

全106件中 1 - 10件を表示

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)に関連する談話室の質問

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)に関連するまとめ

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)のKindle版

喜嶋先生の静かな世界 The Silent World of Dr.Kishima (講談社文庫)の単行本

ツイートする