僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)

  • 580人登録
  • 3.89評価
    • (35)
    • (53)
    • (36)
    • (5)
    • (1)
  • 47レビュー
著者 : 瀧本哲史
  • 講談社 (2013年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062777018

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人を今の評価で判断しない!

    いい言葉です。

  • 読みやすい。

  • 共感・納得ポイント:インターネットで知識獲得コストが激減した例がレアジョブ(フィリピン大学の学生とのスカイプ英会話)。何がコモディティとスペシャリティを分けるかを理解し、スペシャリティな唯一の人になる。起業したい分野の会社に入るとそれがわかる。顧客が共感できるストーリーで差異を作るのが生き残るマーケター。自分の頭で考えない人はDQNビジネスのカモにされる。自分で調べるひと手間が大事。FXは中産階級向けパチスロ的。イノベーションは新結合、TTPと逆発想。リベラルアーツで幅広く学ぶと、物事を多様な角度から批判的に考える力、問題発見と解決能力、多様な人とのコミュニケーション能力、深い人格等が身につく。
    違和感ポイント:「英語、IT、会計知識」の勉強は、「人に使われるための知識」とあるが、ベースがあれば使われないための武器になると考える。

  • 瀧本さんも同趣旨のことを書かれていたが、会社で「中堅」と呼ばれる人たち(自分含む)が身につまされるような思いで読んでいるのではないかと。
    コモディティ化(誰がやっても同じ仕事をやる)ではなく、手持ちの武器(知識、経験、資格)を最大限使い、自分にしかできないことをやっていく。
    ということかな……
    頭でっかちなだけじゃダメ、情報を鵜呑みにせず、自分で情報を取りに行ったり、得られた複数の情報を手がかりに仮説を立てていくことが必要、と。
    自分に言い聞かせるためにも何度か読み返したい本です。

  • コモディティになるな。
    トレーダー<エキスパート<マーケター<イノベーター<リーダー<インベスター。

  • 共感・納得ポイント:インターネットで知識獲得コストが激減した例がレアジョブ(フィリピン大学の学生とのスカイプ英会話)。何がコモディティとスペシャリティを分けるかを理解し、スペシャリティな唯一の人になる。起業したい分野の会社に入るとそれがわかる。顧客が共感できるストーリーで差異を作るのが生き残るマーケター。自分の頭で考えない人はDQNビジネスのカモにされる。自分で調べるひと手間が大事。FXは中産階級向けパチスロ的。イノベーションは新結合、TTPと逆発想。リベラルアーツで幅広く学ぶと、物事を多様な角度から批判的に考える力、問題発見と解決能力、多様な人とのコミュニケーション能力、深い人格等が身につく。
    違和感ポイント:「英語、IT、会計知識」の勉強は、「人に使われるための知識」とあるが、ベースがあれば使われないための武器になると考える。

  • 瀧本さんの本は「戦略が全て」に続き2冊目。
    読みやすいですし、瀧本さんの著書は結構好きです。
    最近は少し自分に甘いな、と思いながら。
    英語の勉強、投資の勉強はしっかりといていかないといけませんね。
    そして、自分というブランドをどう作っていくか。周りの仕事がうまくいってそうな人は確かにうまく作っているような気がします。私もどうすればいいか、考えてみます。

  • 現在の日本の閉塞感は、グローバル化によって、本当の資本主義の波に飲み込まれているのに、いまだ高度成長時代の仕組み、発想をひきずったままで対応しているからだ。コモディティな人になるな、何か特別なものを提供できる人になれ、投資家的な発想で生きよ。
    いろんなところで言われている内容ばかりではあるし、コンサルタント的な物言いも若干気にはなるが、1冊としてよくまとまっているし、メッセージの伝え方がうまい。若者向けの本ではあろうが、個人的には勇気づけられた。

  • 新しく何か気づかされたことはないが、大切なことを改めて思い出させてくれた本
    まだ学生の自分がこれからのために何ができるか、どうすべきか、考えるべきかコンパクトに教えてくれる本

  • 非情で残酷な日本社会で、20代が生き残るための思考法とは何か? 不安に立ちすくむ日本人が、今こそ学ぶべき「本当の資本主義」とは何か? 東大、マッキンゼーを経て、京大で人気ナンバー1の授業を持つ客員准教授が世に問う必読の書。2012年度ビジネス書大賞受賞の名著をエッセンシャル版にして文庫化。

全47件中 1 - 10件を表示

瀧本哲史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)に関連する談話室の質問

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)の作品紹介

非情で残酷な日本社会で、20代が生き残るための思考法とは何か? 不安に立ちすくむ日本人が、今こそ学ぶべき「本当の資本主義」とは何か? 東大、マッキンゼーを経て、京大で人気ナンバー1の授業を持つ客員准教授が世に問う必読の書。2012年度ビジネス書大賞受賞の名著をエッセンシャル版にして文庫化。

僕は君たちに武器を配りたい エッセンシャル版 (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする