波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)

  • 118人登録
  • 3.51評価
    • (3)
    • (14)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 上田秀人
  • 講談社 (2013年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062777032

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これから数馬がどのように成長して行くのか楽しみです。

  • L 百万石の留守居役1

    金沢加賀が舞台。
    とはいえ、主役とは別のところの話も随時進行。さらにそっちは話がややこしい。登場人物も多いので巻頭の説明書きも納得。でもややこしい分しっかり読まなくてはならず辛い。そこまで掘り下げる必要あるのかなー的な。
    ついでに、この作家の主役の妻女は大抵夫よりも身分が高かったり、気高かったりする。今シリーズもそのようで作家の趣味か、はたまたコンプレックスかと訝しんでしまう。

  • 外様大名の視点から徳川幕府の秘密を交えて
    駆け引き腹芸に満ちた物語
    ・・・ああ、上田ワールド

  • 2014.03.18. 読了

  • 外様第一の加賀藩。筆頭家老の本多政長は大名をしのぐ五万石を誇る。幕府の実権は、病弱な四代将軍家綱に代わり、大老酒井忠勝ら老中が握っていた。
    権勢維持と 御家騒動誘発を狙い、酒井は外様の加賀藩主綱紀に次期将軍の白羽の矢を当てる。藩論は真っ二つ。混乱の中、江戸藩邸に向かうことになった藩士瀬能数 馬は、本多政長に見込まれ、五万石の姫君琴姫を娶ることに。
    上田秀人は現在、同じ家綱と老中の綱引きをテーマに『お髷番承り候シリーズ』で展開中、こちらの方との兼ね合いはどうなるのか?楽しみ。

全5件中 1 - 5件を表示

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)の作品紹介

上田秀人の大型新シリーズ、2ヵ月連続刊行でスタート! 外様第一の加賀藩。筆頭家老の本多政長は大名をしのぐ五万石を誇る。幕府の実権は、病弱な四代将軍家綱に代わり、大老酒井忠勝らが握っていた。権勢維持と御家騒動誘発を狙い、酒井はなんと外様の加賀藩主綱紀に次期将軍の白羽の矢を当てる。藩論は真っ二つ。混乱の中、江戸藩邸に向かうことになった藩士瀬能数馬は、本多政長に見込まれ、五万石の姫君琴姫を娶ることに。

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)はこんな本です

波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)のKindle版

ツイートする