ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

  • 3767人登録
  • 3.99評価
    • (398)
    • (643)
    • (316)
    • (37)
    • (7)
  • 389レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2014年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062777957

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偶然立ち寄ったとある書店で開催されていた、
    “半沢直樹の名刺”のオマケフェアにてゲット。

    題材になるのは社会人野球と、会社経営。
    その背景には、リーマンショック前後の日本経済の不安が。

    物語の大枠は「半沢直樹」と同様、、

    既得層からの理不尽な試練に対するリベンジ、との、
    “スカッ”とするカタルシスな流れとなっています。

    軸になるのは、社会人野球として古豪でもある野球部員たちと、
    社歴が薄いながらも若くして抜擢された経営コンサル出身の社長。

    野球部は、主力を引き抜いた業界のライバル会社でもある野球部との対決、
    社長は、同業の百戦錬磨な冷徹な先輩経営者たちとのシェアの奪い合い、

    それぞれ、悩みを抱えながらも一つ一つ乗り越えていきます。

    業績悪化に伴う会社運営のかじ取りに苦労している経営者と、
    そんな業績悪化な最中で、成績を残せずに肩身が狭い野球部員たち。

    意外なほどの共通点も多く、フムフムと読み入ってしまいました。

    それぞれを取り巻く環境は厳しくて、
    決してファンタジーな大団円ではないけれど、

    時代の変遷と、その中でしたたかに生き残っていく、
    そんな人々の“生き様”が熱く語られていきます。

    表面的な利益を追求するだけでは企業としては片手落ち、
    “社会的有用性”をどう見いだしていくのを忘れてはならない、

    そんな事を思い出した一冊でした。

    なお、今春からドラマ化されるとかで、ちょっと見てみようかなとも。

  • The 池井戸作品という感じ。

    リーマンショックのあおりをうけて、技術力と信念を持つ青島製作所も、人員整理の元にリストラが始まる。そんな中で、お荷物とされる野球部。前社長が設立した野球部も、監督やエースの移籍で戦力不足となるものの、まさに"ベストの戦力でなくても、みんなで120%の力をだす"。

    平凡で真面目で泥臭く頑張る人達の力が合わさった時、結果以上のものが生まれる。とても日本的な話だけど、でもやっぱり日本人らしさを感じずにはいられない。
    とてもいい作品だった‼︎

  • とてもおもしろかった タイトル通り、野球部についても会社についても7対8で試合がすすみ、最終的に納得行く形で勧善懲悪のハッピーエンドに持っていける池井戸先生の手腕は本当に凄いと思う   会社の人が野球部を応援したら査定に響くのに全員応援団に戻ってきたところとか泣きながら読んだ

  • 会社と会社運営の野球チームが、並行して危機を乗り越えていく手に汗握る内容。
    はらはらドキドキさせられっぱなしですが、めちゃくちゃ面白いです。
    よく練り込まれた重厚なストーリー! 

    池井戸潤さんの作品はどれもはらはらさせられますが、働くって面白いよなって思わされます。
    各登場人物も人間味があり、読み応え十分。
    読み始めたらなかなかやめられないので、夜分に読み始めるのはおすすめできません(笑)

  • 過去に暗い影のある男たちが、逆境の中で再び信じあい、周囲を巻き込んで熱く戦うドラマ。「そんなに調子よくいくかー」なんて冷めて構えず、胸が熱くなるのを単純に受け止めて、気持ちよく読みたい。成功を信じなければ、絶対に成功しないのだから。

  • 会社は数字じゃない。そこで働いているのは「人」なんだと思った。

    自社VSライバル企業、自チームVSライバルチームなど対立場面は多いけれど
    対立相手を一方的な悪、テンプレ的な悪にしている印象が強い。
    そこまで書くと話がまとまらないのもわかるけれど、テンプレ悪役すぎて白けてしまった。
    その上長い割には最終的にはあっさり解決。

  • 中堅製造業と社会人野球、2つのストーリーが絡み、そして沖原の人生、泣ける。
    勝利はわかっていても興奮。廃部もびっくりかえると思いきや、新しい会社に引き取られたのは予想外だった。それにしても泣ける。

  • 企業が土壇場に追い込まれた時に命運を左右するのは、経営者の人格、経営層の緊張感あるガバナンス、そして最後には従業員が持つ会社への愛情と仕事への誇りであるという、池井戸作品の王道パターンで構成されている。そして勧善懲悪の逆転パターン。
    おまけにスポ根要素まで加わっているので、男子としては熱くなりますね。

  • エースと四番を引っこ抜かれ、勝てない野球部を持つ業績不振のメーカー。両方ともあらゆる難題や壁に突き当たりつつも、どん底からの底力で見事復活する。
    最後の大円団は読んでいる最中でも想像できてしまうが窮地をどうやって脱するのかは、そう来たかという感じ。斬新ではないが、割とリアリティがあり腑に落ちる。
    銀行系の話でなくてもおもしろい話が書けるんだなぁと。

  • 野球と企業経営が見事にマッチした作品。皆、色々と葛藤を抱えながら生きている。仕事も、野球も、経営者もみんなだ。それぞれに苦悩を抱えながらも前を向いて生きている。
    出来過ぎた話ではあるけれど、小説ぐらいはこういうスカッとした気分を味わうということでいいだろう。

全389件中 1 - 10件を表示

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の作品紹介

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが――社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む「奇跡の大逆転(ルーズヴェルト・ゲーム)」とは。

◆2014年4月スタート TBS系ドラマ「ROOSEVELT GAME」(ルーズヴェルト・ゲーム)原作◆

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のKindle版

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のハードカバー

ツイートする