ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

  • 3653人登録
  • 3.99評価
    • (384)
    • (635)
    • (306)
    • (35)
    • (6)
  • 381レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2014年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062777957

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白い。
    池井戸潤さん、相変わらず外れなし。
    ドラマを先に観ていて、ドラマは良くできていたと再認識。
    企業の野球部を絡めて、企業としての在り方を描いていく。池井戸潤さんの作品は、銀行の話が多く出て来るが、お金だけではなく、人を扱う。その一つの方向を示している。

  • 会社経営と企業野球部の話。
    私は経営の話が面白かったかな。しかし企業って色んな思いを背負って運営しているのだと久々に痛感させられた。組織の中で、それぞれ苦悩に立ち向かいながら生きる。大変でもあり人間的には成長するのだろうと思った。
    まー出来過ぎた話だが、いいんじゃないでしょうか!清々しく読み終われた。

  • 良い人と悪い人がはっきり分かれていて、ピンチに陥りながらも、大逆転でチャンチャン!という、時代劇的なお話。
    池井戸さんのは何冊か読んだけど、こういうパターンなのね。

  • 社会人野球をネタにしつつ、企業モノを描ききっている。スッキリする都合の良い物語だった。

  • いきなりたくさんの人が出てくる上に、青島製作所内の様々な部署と野球部、敵対メーカーと、場面がコロコロ変わるのについていくのに必死で、途中で挫折しかけました。

    しかし!
    挫折しなくてよかった!

    一人一人の生き様に心が揺さぶられました。

  • エースと四番を引っこ抜かれ、勝てない野球部を持つ業績不振のメーカー。両方ともあらゆる難題や壁に突き当たりつつも、どん底からの底力で見事復活する。
    最後の大円団は読んでいる最中でも想像できてしまうが窮地をどうやって脱するのかは、そう来たかという感じ。斬新ではないが、割とリアリティがあり腑に落ちる。
    銀行系の話でなくてもおもしろい話が書けるんだなぁと。

  • 大企業に立ち向かう中小企業という構図に、存続危機の社会人野球部の奮闘を交えながら進む。後味スッキリで面白かったです。

  • 理不尽な強者に抗い弱者が団結して逆転勝ちを収める、というストーリーの骨格は下町ロケットと同じ。劇的な展開を優先するあまり、会社人視点からすると現実的でない部分ばかり。会社の売上減という危機に対し新商品への期待とリストラしか対策がとれないのは無策の極みではないか?野球部も一緒。たまたまスーパー高校生級の選手が会社にいただけ。
    読みやすいので読んでいるときは面白いが、思い返すと???となる。

  • 野球と企業経営が見事にマッチした作品。皆、色々と葛藤を抱えながら生きている。仕事も、野球も、経営者もみんなだ。それぞれに苦悩を抱えながらも前を向いて生きている。
    出来過ぎた話ではあるけれど、小説ぐらいはこういうスカッとした気分を味わうということでいいだろう。

  • 会社経営と企業野球部。
    かみ合わないようで、ばっちりかみ合う話。
    野球にそんなに興味が無くても、分かりやすかったです。
    困難をスカッと解決していくのは、読んでも心が晴れ晴れしますね。

  • 相変わらず読みやすいけど、現実の世界ではこんなに上手くいじゃないでしょうね。

  • 池井戸潤氏が描く世界が人気なのは、我々サラリーマンが現実社会で飲み込む理不尽をスッキリと成敗するところだと思う。企業対企業、社内閥間、上司と部下、様々な局面で相手より優位に立つ為に色々な手練手管を使う人間の醜い面を池井戸氏は描くのが上手い。そして、その圧力を結束して跳ね返す集団の大逆転劇に我々読者は共感し感動するのである。本作の背景には90年代まで隆盛だった企業のメセナ活動がある。社会人野球に限らずアマチュアスポーツのトップアスリートは多かれ少なかれ企業のメセナ活動によって、選手生活が保障されている。一方そのアスリートを支える企業実績が、日本の人口縮小による経済のシュリンクを前にして縮小均衡に陥ったことは記憶に新しい。近年では円安を背景に観光客が落とした特需により一旦は息をついたが大きな流れとして今後も変わらないトレンドと言える。一方、会社を取り巻くステークホルダーの中で株主の発言が大きくなりつつあり、即ち配当に繋がる当期利益の最大化が企業のあり方を強く方向付けているのもまた事実である。このような社会背景をベースに企業が抱えるアスリートが本作のテーマとなっている。沖原と如月という二人の確執、青島製作所野球部とミツワ電器野球部の因縁、そしてその野球部を持つ、二つの企業の食うか食われかの合併交渉これらがからまり合い、濾し出されるかのように都市対抗野球の東京都予選の決勝戦に集約されていくのである。テレビドラマでは、より個人の確執を理不尽のシンボルのように押し出してはいたが、脚本もよく原作の印象そのままに映像化していたと思う。山崎努の演じる青島会長、唐沢寿明演じる細川社長も本書のイメージ通りであった。池井戸潤氏が一連の銀行をベースとした作品や下町ロケットに代表される中小企業をベースに描いた作品の次に何を書くか楽しみである。

  • 面白いけど、スカッとするけど、何処かで読んだような内容に星3。ホントに面白いんだけどね。

  • TVのドラマをずいぶん前に見て、図書館の予約に入れたが 300人以上予約していたので、途中であきらめたパターン。ちなみに、下町ロケット2は、現時点で‘168/235。3冊あるみたいだから、単純計算で2年後。おなじようなものかなと思っていたら、ルーズヴェルトの方は、在荷していた。ブームはすぎさってしまっていたのだろうか。。 とはいえ、半端なく面白い。
    青島製作所創業以来のピンチと青島製作所野球チームの存亡をかけての2重螺旋となった戦いが絶妙で、それぞれの立場や責任の違いはあるものの、一眼となって戦う様は読んでいて胸を熱くさせ、そういう姿はうらやましいと思った。

  • 登場人物がイメージしにくく、この人は何者だっけ?、年配だと思ってここまで読んだのに意外と若いんだ、など、いちいち立ち止まってしまい、なかなか進んでいない。

  • 最後があれっと思ったけど面白かった。

  • まあまあ、楽しめました。しかし、池井戸さんの作品は、必ず何かしら企業が絡んできますね。企業が絡まない作品、あるんかなあ。

  • 野球部は強くなるんだろうけど、会社はどうなるのかなあ?という感じで読んでました。
    まず、おっ!と思ったのは笹井専務。なかなかやってくれます。
    次ら次へと手を打たれて絶体絶命なんだけど、熱い気持ちがひっくり返す。
    野球はいいなあ。
    そして浪花節が流れる日本の会社もとっても良い!

  • スカッとする結末、気分爽快。「明日もがんばるぞ」

  • 経営難の会社と、名門で知られるその会社の野球部。進むリストラ、廃部の計画。しかし、人は単なる物ではない。はたして起死回生の一打は打てるのか?

    半沢直樹もいいし、下町ロケットもよかった。そして、この作品も、爽快だった。現実離れしているというなかれ。こういう企業小説は、一服の清涼剤としてあってもいい。

  • 2016/5/26
    あーハイハイ、いつもの池井戸潤のパターンね。
    って思いながら読み始めたのに、敵役のあまりの憎らしさにグイグイ入り込んでしまった。
    嫌な奴を書くのがホントにうまい。
    すぐに絶対に負けられない戦いへと誘い込まれた。
    最後はスッキリ終わるし、優良図書だわ。

全381件中 1 - 25件を表示

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の作品紹介

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが――社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む「奇跡の大逆転(ルーズヴェルト・ゲーム)」とは。

◆2014年4月スタート TBS系ドラマ「ROOSEVELT GAME」(ルーズヴェルト・ゲーム)原作◆

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のKindle版

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のハードカバー

ツイートする