ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)

  • 3722人登録
  • 3.99評価
    • (392)
    • (638)
    • (312)
    • (35)
    • (6)
  • 384レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 講談社 (2014年3月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062777957

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 偶然立ち寄ったとある書店で開催されていた、
    “半沢直樹の名刺”のオマケフェアにてゲット。

    題材になるのは社会人野球と、会社経営。
    その背景には、リーマンショック前後の日本経済の不安が。

    物語の大枠は「半沢直樹」と同様、、

    既得層からの理不尽な試練に対するリベンジ、との、
    “スカッ”とするカタルシスな流れとなっています。

    軸になるのは、社会人野球として古豪でもある野球部員たちと、
    社歴が薄いながらも若くして抜擢された経営コンサル出身の社長。

    野球部は、主力を引き抜いた業界のライバル会社でもある野球部との対決、
    社長は、同業の百戦錬磨な冷徹な先輩経営者たちとのシェアの奪い合い、

    それぞれ、悩みを抱えながらも一つ一つ乗り越えていきます。

    業績悪化に伴う会社運営のかじ取りに苦労している経営者と、
    そんな業績悪化な最中で、成績を残せずに肩身が狭い野球部員たち。

    意外なほどの共通点も多く、フムフムと読み入ってしまいました。

    それぞれを取り巻く環境は厳しくて、
    決してファンタジーな大団円ではないけれど、

    時代の変遷と、その中でしたたかに生き残っていく、
    そんな人々の“生き様”が熱く語られていきます。

    表面的な利益を追求するだけでは企業としては片手落ち、
    “社会的有用性”をどう見いだしていくのを忘れてはならない、

    そんな事を思い出した一冊でした。

    なお、今春からドラマ化されるとかで、ちょっと見てみようかなとも。

  • The 池井戸作品という感じ。

    リーマンショックのあおりをうけて、技術力と信念を持つ青島製作所も、人員整理の元にリストラが始まる。そんな中で、お荷物とされる野球部。前社長が設立した野球部も、監督やエースの移籍で戦力不足となるものの、まさに"ベストの戦力でなくても、みんなで120%の力をだす"。

    平凡で真面目で泥臭く頑張る人達の力が合わさった時、結果以上のものが生まれる。とても日本的な話だけど、でもやっぱり日本人らしさを感じずにはいられない。
    とてもいい作品だった‼︎

  • 過去に暗い影のある男たちが、逆境の中で再び信じあい、周囲を巻き込んで熱く戦うドラマ。「そんなに調子よくいくかー」なんて冷めて構えず、胸が熱くなるのを単純に受け止めて、気持ちよく読みたい。成功を信じなければ、絶対に成功しないのだから。

  • 会社は数字じゃない。そこで働いているのは「人」なんだと思った。

    自社VSライバル企業、自チームVSライバルチームなど対立場面は多いけれど
    対立相手を一方的な悪、テンプレ的な悪にしている印象が強い。
    そこまで書くと話がまとまらないのもわかるけれど、テンプレ悪役すぎて白けてしまった。
    その上長い割には最終的にはあっさり解決。

  • 中堅製造業と社会人野球、2つのストーリーが絡み、そして沖原の人生、泣ける。
    勝利はわかっていても興奮。廃部もびっくりかえると思いきや、新しい会社に引き取られたのは予想外だった。それにしても泣ける。

  • 企業が土壇場に追い込まれた時に命運を左右するのは、経営者の人格、経営層の緊張感あるガバナンス、そして最後には従業員が持つ会社への愛情と仕事への誇りであるという、池井戸作品の王道パターンで構成されている。そして勧善懲悪の逆転パターン。
    おまけにスポ根要素まで加わっているので、男子としては熱くなりますね。

  • エースと四番を引っこ抜かれ、勝てない野球部を持つ業績不振のメーカー。両方ともあらゆる難題や壁に突き当たりつつも、どん底からの底力で見事復活する。
    最後の大円団は読んでいる最中でも想像できてしまうが窮地をどうやって脱するのかは、そう来たかという感じ。斬新ではないが、割とリアリティがあり腑に落ちる。
    銀行系の話でなくてもおもしろい話が書けるんだなぁと。

  • 野球と企業経営が見事にマッチした作品。皆、色々と葛藤を抱えながら生きている。仕事も、野球も、経営者もみんなだ。それぞれに苦悩を抱えながらも前を向いて生きている。
    出来過ぎた話ではあるけれど、小説ぐらいはこういうスカッとした気分を味わうということでいいだろう。

  • 会社経営と企業野球部。
    かみ合わないようで、ばっちりかみ合う話。
    野球にそんなに興味が無くても、分かりやすかったです。
    困難をスカッと解決していくのは、読んでも心が晴れ晴れしますね。

  • 池井戸潤氏が描く世界が人気なのは、我々サラリーマンが現実社会で飲み込む理不尽をスッキリと成敗するところだと思う。企業対企業、社内閥間、上司と部下、様々な局面で相手より優位に立つ為に色々な手練手管を使う人間の醜い面を池井戸氏は描くのが上手い。そして、その圧力を結束して跳ね返す集団の大逆転劇に我々読者は共感し感動するのである。本作の背景には90年代まで隆盛だった企業のメセナ活動がある。社会人野球に限らずアマチュアスポーツのトップアスリートは多かれ少なかれ企業のメセナ活動によって、選手生活が保障されている。一方そのアスリートを支える企業実績が、日本の人口縮小による経済のシュリンクを前にして縮小均衡に陥ったことは記憶に新しい。近年では円安を背景に観光客が落とした特需により一旦は息をついたが大きな流れとして今後も変わらないトレンドと言える。一方、会社を取り巻くステークホルダーの中で株主の発言が大きくなりつつあり、即ち配当に繋がる当期利益の最大化が企業のあり方を強く方向付けているのもまた事実である。このような社会背景をベースに企業が抱えるアスリートが本作のテーマとなっている。沖原と如月という二人の確執、青島製作所野球部とミツワ電器野球部の因縁、そしてその野球部を持つ、二つの企業の食うか食われかの合併交渉これらがからまり合い、濾し出されるかのように都市対抗野球の東京都予選の決勝戦に集約されていくのである。テレビドラマでは、より個人の確執を理不尽のシンボルのように押し出してはいたが、脚本もよく原作の印象そのままに映像化していたと思う。山崎努の演じる青島会長、唐沢寿明演じる細川社長も本書のイメージ通りであった。池井戸潤氏が一連の銀行をベースとした作品や下町ロケットに代表される中小企業をベースに描いた作品の次に何を書くか楽しみである。

  • 初池井戸。今までずっと敬遠してきたんですが(野球だけにw)、たまたまドラマの再放送を見て「おっ!野球ものか。これは面白そうだ」と思い、手に取りました。元名門社会人野球チームの再建と会社存続という二本柱をメインに話は進む。野球部、会社共に個性的で魅力的なキャラが多く、性格付けも巧いなぁ、と。ストーリィもメリハリが良く、読者を世界観に引き込む力がとても強い!!最後まで心を揺さぶられ続けました^^ 終わり方もキレイで、清々しい気持ちになれました。素晴らしいエンタメ小説でした。最高!!それにしても、城戸ばあちゃんいい奴過ぎるww

  • これまた面白くて今まで外れなしです。
    企業の存続の為の戦い、社会人野球に人生を賭ける戦いが同時進行で進んで行きますが、どちらにも熱くエールを送りながらあっと言う間に読み終わりました。
    男の血が熱く騒ぎます。
    監督が野球部を去る男に送った、ここを終着点にするな!通過点にしろ!という言葉に胸打たれました。

  • 会社の業績不振に伴う野球部の廃部と、何もかも上手くゆかない状況からの逆転勝利、池井戸潤のストーリーの展開はいつものように軽快だが、登場人物たちが書き込めていない為、何作か読むとパターン化して飽きる。

  • 久々に面白い小説を読んだ。面白くてずっと読んでいたので、今週は寝不足だ…。

    それぞれの登場人物にかなり感情移入しながら読んでしまった。おそらく、自分が社会人として働きだして、ちょっとだけ会社がどういうものか分かりだしたからなのかも…??
    会社が危機に陥った時、自分ならどうするだろうか、総務部としてリストラを宣告しなければならない場合、自分ならどういう風に言うだろうか、なる気もないしなれる気もしないが、自分がもし部長や社長という立場になったら…。本当に色々なことを考え、そして自分の会社に置き換えながら考えてみるのもまた楽しかった。
    ラストがまた良かったな〜。

    熱い小説のような気がする、池井戸さんの小説は、少なからず日本を盛り上げていると思う。まあ、そういえば、私が言うまでもなく、半沢直樹や花咲舞でかなり盛り上げてましたね…。

  • 社内には血の通った人達ばかりで敵は社外、色恋沙汰の混じらないスポーツ物語、ハラハラしながらも最後に待っている大逆転。

    社内が敵だらけの半沢直樹シリーズよりも、心が温まって良かったです。

  • 読み終わった後にふぅっと息をはいて、自分が今まで息もせず池井戸ワールドに入っていたことに気付く…そんな作品です
    やっぱり池井戸さんは企業ドラマを書かせたら上手いですね
    でも今作は企業だけではなく、企業が抱える実業団野球も追い込んでいきます
    これでもかと両者を追い込んで行く様はもうドSですね
    しっかり堪能させていただきました

  • いまどき野球の話?しかも企業野球?と、この作り手ながら疑問視して手に取った本。業績悪化に伴う野球部の廃止と、読まなくても分かるストーリー展開。そして業績回復から野球部の存続⁈
    でも、そこは池井戸潤さんの作品。先が分かっていても、ハラハラドキドキしながら、ページを捲ってしまうのでした。

  • 野球には全く興味が無かったので、最後まで読めないかもしれないと始めは思っていましたが、全然そんな事はなく、とても面白かったです。
    どうしても自分の会社と重ね合わせながら読んでしまい、色々と考えさせられましたが…気持ちの良い結末で、少し元気付けられた気がします。

  • 【ルーズヴェルトゲーム】
    「半沢直樹」でお馴染みの池井戸潤氏の作品。不況の中でもがく企業とそこが持つ社会人野球チームを描いた企業小説。
    中堅メーカーの青島製作所は、古くから伝統ある野球部を持ち、過去には会社の代名詞として人気があった。
    しかし、昨今の不景気により、野球部の存在意義が問われ、廃部にまで追い込まれる。野球部に所属する社員はほとんど契約社員のため、
    野球部の存続は死活問題である。本書は、そのような企業スポーツと企業との関わりを、そのような社員一人一人の葛藤を描きながら述べている。
    私が最も印象に残った言葉がある。それは、「野球も仕事も同じだ。与えられたことをしっかりとこなすだけだ。野球ならグラウンドでな」という
    言葉である。後ろ指をさされようとも、応援する人がいるならば、全力でプレーする。どんな逆境にあろうと、諦めずに粘る。
    本書のタイトルは、ルーズヴェルト大統領が述べた「野球は8対7の試合が一番面白い」という言葉に基づいている。
    逆転に次ぐ逆転。野球だけでなく、人生においても逆境を楽しむだけの気概を持ちたいと、本書を読んで感じた。

  • ドラマの最終回を見る前に読む終えることができました。長編ですが、面白いので、スラスラ読み進めました。

  • 読書時間5時間(読書日数 16日)

    ドラマ化されている原作本。
    倒産寸前に追い込まれた青島製作所の復活劇と企業野球の裏側やそこに関わる人間模様もしっかりと描かれている。

    営業部長から抜擢された新社長の細川とそれに対抗する経理部から専務になった笹井並びにそれを取り巻く古参の役員たちとの対立。銀行の融資を受ける際に「野球部」の廃部をするかしないかで揺れる総務部長(野球部長)と野球部員たちの葛藤。それにスキャンダルが発覚したことによる新人沖原とそれを支える野球部員や応援団社員たちの友情など、泥臭さのなかにもどこか温かみのある人間模様がよくわかる。

    最近の池井戸作品のドラマ化がされているのは、今から数年前の作品が多い。それは、原作が今でも新しいというか、読んでいても情景がはっきりと簡単に浮かんでくるものが多いからだと思う。今回も専門的な知識がないとわかりにくい設定でもあったと思うが、そう思わせないのが池井戸作品ではないのかなと思った。
    やっぱり、これからも読んでいきたいと思わせる作家だと改めて再認識した。

  • 面白くて一気に読んでしまった。
    それぞれが自分の仕事を懸命にやり遂げようとする姿やその苦悩が、自分の仕事と重なって共感する面も多い。
    私は大道監督の組織作りが響いた。

    ビジネスの話も多いけど、野球の話もあり、読後は青春小説のような清々しさも感じた。
    恋愛がないのもどろどろしなくていい!

    ドラマは言動が強烈になりすぎてちょっと残念だけど、原作はふつふつと熱くなれるそんなお話だと思います。

  • 先が読めるストーリーだが面白かった。会社再建と野球部の復活の中に描かれる努力や信頼が気持ち良い。とても後味の良い本だった。

  • 初めて読む池井戸潤作品。
    社会人野球の話と思っていたら、社会人野球をテーマにした企業小説だった。
    とてもおもしろかったけど、ライバルが悪役然としすぎているところが、なんだか少し残念。
    次は『下町ロケット』でも読んでみようかな?

    最後の展開の後、青島製作所の今後がどうなるのか、少し心配になった。

全384件中 1 - 25件を表示

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)の作品紹介

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。廃部にすればコストは浮くが――社長が、選手が、監督が、技術者が、それぞれの人生とプライドをかけて挑む「奇跡の大逆転(ルーズヴェルト・ゲーム)」とは。

◆2014年4月スタート TBS系ドラマ「ROOSEVELT GAME」(ルーズヴェルト・ゲーム)原作◆

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のKindle版

ルーズヴェルト・ゲーム (講談社文庫)のハードカバー

ツイートする