すかたん (講談社文庫)

  • 470人登録
  • 4.10評価
    • (60)
    • (80)
    • (38)
    • (2)
    • (0)
  • 68レビュー
著者 : 朝井まかて
  • 講談社 (2014年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

すかたん (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大坂の老舗の青物商 河内屋の上女中となった若後家 知里の繰り広げる物語。旨いもの好きな江戸っ子娘の主人公とくせのある大坂商人たちの起こす事件が楽しく、爽快な時代小説です。朝井まかてさんの作は初めて読みますが、他の作も安心して読めそうです。

  • 朝井まかて さんの小説、『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』と共に
    妹からの譲受本です。
    どちらも時代物のお仕事小説。
    『花競べ』の方は花師の夫婦
    こちらは大坂の青物問屋の老舗に女中奉公、という話でした。
    大坂の時代物、というところで、ちょっと読みづらく、読み進めにくかったです。

    『花競べ』の方は、あの1作でピシャっと終わった感じですが
    『すかたん』は、どうだろう? 続きを読んでみたいなと思いました。
    たぶん、また妹が買って、こちらに回ってくるでしょう。

  • 大阪商人に馴染みがないから序盤は読みにくかったけどどんどん引き込まれた
    二人の距離がだんだん近づくのが楽しいようなもどかしいような
    ラストはいい〆方だった
    志乃にはしてやられましたわー

  • 初・朝井まかてさん。
    面白いんやけど、女性視点の恋愛模様は、妙にくすぐったく苦手なことを再認識。

  • 大阪の商人の世界を舞台にした江戸時代小説は初めて読んだかも。難波葱とか、そっちの方の野菜の名前も出てきて新鮮。
    どうなることやらとハラハラしたが、大団円で良かった。

  • すかたんで最後には屁たれと言われるボンボンと侍の元奥様であった女中の恋物語であるけど、大坂の青物問屋や市場と農家の軋轢や問題も描いてて、読み応えありました。

    OBOP3回目の作品をやっと読みおわったので、去年の受賞作を読まなきゃ。

  • わややぁ、、、
    こんな面白い小説書きはった朝井まかてさんに、ほんまに、関西人でも大阪のもんは、ぐいぐいと、引き込まれてしもたわ。
    おせいじと、ちゃうでー。
    ほんま関西の言葉で、書きはって、もうどっぷりつかってしもた。

    我母の親戚筋にも、船場のいとはんがいたので、息子たちを、中ボン、等と、次男の事を言っていたのを思い出したわ。
    どうでもええ話やねんけど、、、
    ほんま、10章まである大阪弁、なんもない時、つこうてるときあるわ。
    財布もたずに買い物当たりまえ、お松ドンとか、、、連れて歩いたはなしも聞いていたので、、、すんなり、この小説の中に入り込んでしもてる自分が居た。

    お家はんとお家さんの違いも、よう、理解できたし、なんば村の作物なども、絡めて、青物問屋の苦労もなるほど、、、とようわかったし。

    小説は、江戸っ子の知里(饅頭屋の娘だった)のが、江戸詰めの藩士と結婚したのだが、大阪城赴任で、大阪で暮らした。
    しかし1年余りで、今の過労死(?)で、夫は亡くなり、後家の知里は、泥棒に入られたり、色んな災難に見舞われたが、天満の青物市場で、上女中になって、大阪の言葉やしきたりに右往左往しながら、お家さんのお志乃に仕込まれる。
    そして、そこの自由奔放で、変わり者なのに、皆にすかれる若ボンの無謀なる計画に、無理やり、乗り出すことになる。
    難波村の幻の蕪づくりも、ひょんなことから、知里が、作ってしまったり、おいしそうな料理の湯気の出そうな描写に、面白さ満載。
    もし、ドラマになるのだったら、お家さんは、野際陽子さんだと、思ったのに、亡くなられて残念である。

    長々書いてしもた、かんにんやで~。
    あ~しんど。

    ほんま歴史小説らしくなく、時代小説のおもろいとこ、一杯でいて、おもろいとこだらけの本でした。

    では、皆さんおおきに!

  • おもしろかった!江戸時代の卸売問屋って活気と粋があって読んでて気持ちいい。

  • なんだか温かくなる物語だった。

  • 面白かった!最後の一行まで大満足の一冊。

    江戸詰め藩士の夫に伴い大阪に来た知里は、夫が早死にし若くして未亡人に。
    武士の妻ではありながら、元は江戸の饅頭屋の娘。おきゃんで知られた跳ねっ返りも、夫亡き後慣れない大阪での暮らしに行き詰まり、あげく空き巣に入られ一文無しに。進退極まった知里はひょんなことから大阪の青物問屋のお家さん(女主人)のおつき女中になる事に…。

    そこの変わり者の若旦那に散々振り回されながらも、次第に大阪の旨いもんや街と人に馴染んでいく知里。

    青物問屋を舞台に商家の様子を書いたお仕事小説であり、悪徳商人のやり口を探り出してやっつける捕物的な部分もあり、野菜の豊富な種類と美味しそうな描写、大阪の四季折々の姿、祭りの華やかさ、賑やかさが目に浮かぶような文章が心地よく、時々に出てくる着物や帯の色柄も美しく、知里の恋の行方もドキドキハラハラと盛りだくさんに楽しめる胸のすくようなエンターテイメント。読み始めたら一気。複雑な経緯で冷え切っていた中年夫婦の不器用な雪解けも、またたまらない。

全68件中 1 - 10件を表示

すかたん (講談社文庫)に関連する談話室の質問

すかたん (講談社文庫)に関連するまとめ

すかたん (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

すかたん (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すかたん (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

すかたん (講談社文庫)の作品紹介

江戸詰め藩士の夫が急死し、知里は大坂の青物問屋へ奉公に。そこで出会った、野菜に猛烈な情熱を燃やす若旦那といつしか恋に落ち。

すかたん (講談社文庫)の単行本

すかたん (講談社文庫)のKindle版

ツイートする