血の裁き(上) (講談社文庫)

  • 39人登録
  • 3.45評価
    • (0)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 北田 絵里子 
  • 講談社 (2014年6月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778480

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート・ゴダー...
ミネット・ウォル...
ネレ・ノイハウス
ロバート・ゴダー...
マイクル・コナリ...
マイクル・コナリ...
ミネット・ウォル...
ロバート・ゴダー...
ロバート・ゴダー...
ロバート・ゴダー...
ロバート・ゴダー...
アーナルデュル・...
有効な右矢印 無効な右矢印

血の裁き(上) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  •  高額の報酬のひかれて、肝移植手術をした患者は、テロリストのリーダーだった。

     読後、<善意の行方>って言葉が自然に浮かんできた。
     思えば、ゴダードの最初は「蒼穹の彼方に」で、あれも結局のところ<善意の行方>がテーマだった。
     
     テロリストの命を救ったことで、主人公は脅され困難に巻き込まれる。
     そう、どこにいってもなんだかんだと、彼はやっかいに巻き込まれて更なる困難に対面する。
     が、「蒼穹の彼方に」と絶対的に違うのは、彼はこの困難の所以を知っていることだ。
     
     知っていても、振り払えない運命に、人はどう対面するのか。
     
     決してヒーロータイプではない主人公が、むしろ人が良すぎてさらに困難を招き入れる彼は、人の不屈の魂を象徴しているように思う。
     うん。人は、必要であればとことん強くなれるのだ。
     そういう柔軟性をもっているのだ。

     にしても、高額の報酬にひかれて、とはいえ、多分彼は患者がテロリストでのちに自分を窮地に陥れるとわかっていても、患者を助けるだろう。「蒼穹の彼方に」の主人公も、自分の行いゆえにこうなったと知っても、原因になった行動をやはりするのだろう。

     <善意>が<善意>のままで終われない、人の矛盾と改めてゴダードは対峙するつもりなのだろう。
     うん、ゴダードは次のステージに進むつもりらしい。

  • レビューは下巻にて。

  • ゴダードの新作は医師が主人公。
    相変わらず二転三転するプロットと、次々と現れる新たな敵に目が離せない。

    最早、講談社しか邦訳を出してくれないので贅沢は言えないが、前作同様、この厚みなら1冊に纏めて欲しかった……。

全3件中 1 - 3件を表示

血の裁き(上) (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

血の裁き(上) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血の裁き(上) (講談社文庫)の作品紹介

セルビア民兵組織元リーダーの生体肝移植を成功させた外科医ハモンドは、リーダーの娘に脅され、やむなく組織の会計係の行方を追う。

血の裁き(上) (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする