風のマジム (講談社文庫)

  • 921人登録
  • 4.03評価
    • (104)
    • (144)
    • (75)
    • (9)
    • (0)
  • 119レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2014年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778879

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
原田 マハ
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印

風のマジム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 風がさーっと吹き抜ける。
    派遣社員だった主人公が、沖縄のさとうきびでラムを作りたいという夢を叶える話。周囲の反対や挫折を乗り越え、沖縄を想う真心を込めて真摯に向き合う姿は胸が熱くなり自然と涙がこぼれ落ちた。
    ラム=風の育てた酒であるように、主人公もまた風に後押しされ風に育てられていく。たくさんの人に支えられて夢を現実とできたのは、主人公がその名の通り「まじむ(真心)」を大切に生きてきたからだろう。
    連続テレビ小説“あまちゃん”の夏ばっぱのようなおばあと、おっとりしているが芯は強いおかあがとてもいいポジションにいてくれて、自分がまさに二人と共に生きた主人公になった気持ちになり涙涙のラストシーンだった。
    沖縄には本当にラムを作り上げた女性がいるらしい。その方のラム、是非飲んで風を感じたい!

  • 「まったく人生、甘くない。だけど、結構悪くない。そういう女性の物語。」
    著者があとがきで書いている、その通りの作品。
    マジムとは、真心という沖縄方言であり、新酒の名前だったとは。
    一途な思いと真心で突き進む主人公に、周りの人々が賛助を惜しまず、むしろ積極的に彼女を支えてゆき、念願のラム酒を完成させてしまう。
    随所に語られる沖縄言葉も魅力的で、新酒『風のマジム』を飲んでみたくなる、そんな読後感。

  • 原田マハさんも大好きな作家のひとり。
    マジムとは沖縄では「真心」という意味。
    そんな素敵な『マジム』という名前を持つ彼女は沖縄産のラム酒作りに奔走する。
    モデルになったのは沖縄・南大東島にある「グレイスラム」の社長である女性。
    こちらで作られるラム酒「COR COR(コルコル)」を飲んでみたい!

  • 日本初の純沖縄産ラム酒を作りたい、という思いから立ち上がる派遣社員、まじむ。

    まじむという名前が真心を意味すると知ったとき、一度目の震えがきた。

    そして、二度、三度。

    彼女一人の果てしない夢が、いつしか皆の夢になってゆく過程が、素直に優しい気持ちにさせてくれる。
    女性であること、派遣社員であること、そういう点をクローズアップしなくても良い作品だと思う。

    なんのために自分が今ここにいるか、と考え立ち止まった人には、それを打破する力もまたあるのだと、励まされた。

    まじむの奮闘を、沖縄の風が包み込む。

    きっと、その風に読者も包まれる。
    そんな作品だった。

  • 2017.07

    原田マハさんの本は、真っ直ぐな人しか出てこない。
    ひたむきに前を向き、周囲に支えられ、環境に感謝する。

    読んでいる時に風を感じるような、とても爽やかな本でした。

  • 買ってよかった!原田マハ、ハズレなし!ついこの前、原田マハ作品で一番好きかも、というレビューをしたばかりだけど、風のマジムが今のいちばん!ラム酒が飲みたい、沖縄に行きたい!少し眩しい太陽に近づいてきたこの季節に読めてよかったです。沖縄の方言も、風も、人のあたたかさも全部伝わって来る一冊でした。そして何より、元気になる!またすぐに読み返そう!
    2017.06.13

  • 話をもとに書かれた物語。同じ地元でこんな素敵なことを成し遂げた女性がいたなんて。お酒はほとんど飲めないけどコルコルと、作中にでたアセロラワイン「太陽(てぃーだ)」飲んでみたい。あとがきで、マハさんと作品のモデルとなった方との「約束」が実現したことにも感動しました。マハさんには泣かされてばかりです。そして、桜坂劇場に久しぶりに行きたくなりました(笑)

  • ひたむきにまっすぐに夢の実現にむかうマジムに心打たれます。
    そして、そのまっすぐさを支える周りの人たちの温かさ。
    涙なしでは読めなかったです。
    まっすぐな心は、人の心も動かすんやなって改めて思いました。
    おばぁの、厳しいけど温かい優しさが素敵すぎます*°
    ラムが飲みたくなります(*´ー`*)

  • きっとこの本を読んだ人は、ラム酒を飲みたくなるんだろうな。

    僕もラム酒購入しました。

    女性の成功物語。

  • 社内ベンチャーから生まれた、沖縄のラム酒作りの実話に基づいたお話。

    派遣で働いていた女性が自分のアイデア、夢に向かってがむしゃらに走って、人と人とが繋がっていきながら、その夢を成し遂げる姿は魅力的。
    著者の盛り上げ方も上手で、楽しいドラマを見ているような気持ちで読み進めることができた。

    また、作中に出てくるお酒の美味しそうなこと。ついお酒を欲してしまいます。
    こんな風に感じながら呑むのお酒は最高だろうな。

    こちらでは普通に売られているラムが、日本での知名度が低いのは何故?と思い調べると、さとうきびの蒸留酒って黒糖焼酎なんですね。
    酒税法の関係でラムになるのを避けて、あえて米麹を加えて焼酎になっていたとは。
    今では奄美以外でもラム作りが進んでいたりして、また新たなお酒の世界を知ることができたのも良かったです。

全119件中 1 - 10件を表示

風のマジム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風のマジム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風のマジム (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

風のマジム (講談社文庫)の作品紹介

ほんとうにあった夢物語
契約社員から女社長に――
実話を基に描いたサクセス・ストーリー。琉球アイコム沖縄支店総務部勤務、28歳。純沖縄産のラム酒を造るという夢は叶うか!

風の酒を造りたい!
まじむの事業計画は南大東島のサトウキビを使って、島の中でアグリコール・ラムを造るというものだ。持ち前の体当たり精神で島に渡り、工場には飛行場の跡地を借り受け、伝説の醸造家を口説き落として――。

風のマジム (講談社文庫)のKindle版

風のマジム (講談社文庫)の単行本

ツイートする