風のマジム (講談社文庫)

  • 831人登録
  • 4.05評価
    • (97)
    • (134)
    • (68)
    • (7)
    • (0)
  • 111レビュー
著者 : 原田マハ
  • 講談社 (2014年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778879

風のマジム (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 話をもとに書かれた物語。同じ地元でこんな素敵なことを成し遂げた女性がいたなんて。お酒はほとんど飲めないけどコルコルと、作中にでたアセロラワイン「太陽(てぃーだ)」飲んでみたい。あとがきで、マハさんと作品のモデルとなった方との「約束」が実現したことにも感動しました。マハさんには泣かされてばかりです。そして、桜坂劇場に久しぶりに行きたくなりました(笑)

  • 「沖縄産のさとうきびを使った沖縄のラムをつくりたい」と、会社のベンチャー企画に応募しようとする主人公まじむ。
    はじめは上司に言われた通り、「派遣社員なのに応募していいのか、本当にこんなことができるのかわからない」と自信を持てなかったが、さとうきびの名産地である沖縄の離島”南大東島”に降り立った瞬間の風に背中を押され、どんどん自分に自信をつけて堂々と成長していく。
    そんな様子が清々しく、心を打たれた。
    そして何より驚いたのが、この話は実話を基にしたフィクションであるということだ。
    日本には、こんなかっこいい女性もいるのだなと勇気をもらった。

  • 前を向いて生きる、女性の物語を描く(あえて、書くではなくて)ことに本当に長けた作家だとおもう。沖縄に行きたくなる。すこやかな風を浴びたい。

  • 沖縄本島から東方約400kmの位置に南大東島という島が有る。

    以前、このブログでも紹介した「玉置半右衛門」がアホウドリで
    得た資金を元手に1900年に南大東島を開拓した。

    その時に半右衛門が目を付けたのが、サトウキビだった。

    そのサトウキビを今回の主人公の伊波まじむが、
    日本初の純沖縄産の「ラム酒」にすることに目を付けたことが物語の始まりである。

    この小説は実在する人々のラム酒開発物語をベースに書いたフィクションである。

    派遣社員だった「まじむ」は社内ベンチャー募集に応募することにした。
    その内容は南大東島のサトウキビから作る、日本初の沖縄産ラム酒。

    実家では豆腐店を営んでおり、おばあとおかあが女2人で奮闘して
    店を継続して、いずれ「まじむ」にお店を引き継ぎたいというのが本音。

    しかし、まじむは本気。
    いや沖縄の方言で「まじむ」は真心という
    言葉のとおり、「真心」を込めて体当たりしている姿が徐々に
    廻りの人達に本気度が伝わり、物語は動いていく。

    そして、見事社内ベンチャーに認められて社長に就任してしまう。

    こんなにトントン拍子に話が進むことで、まじむはビックリするが
    何事も夢中になって、信じることで夢はかなうという事を
    この物語は示している。

    本書は最近読んだ本の中で、一番元気をもらった本である。

    最後に、この本を読んだことで感動したと同時に
    風の酒(まじむ)を呑みたくなってきて、ネットで調べたらありました。

    南大東島のラム酒(コルコル)
    http://www.rum.co.jp/

    この本を読みながら、呑むと最高だろうなあ!。

    ブログ「沖縄面白本棚」より。

  • 沖縄那覇の派遣社員の女性、伊波まじむが社内ベンチャーに挑戦して、南大東島に会社を立ち上げるまでの成功ストーリー。
    テーマに決めたのは沖縄名産のサトウキビから造る日本初のアグリコール・ラム酒。
    社内コンペで採用を勝ち取るまでの障害克服と社内で味方を作っていく過程、家族(祖母と母親、特に祖母)の支え、心を寄せるイケメンバーテンダーの助言、まじむが触れ合う人間を次から次へと味方に付けて困難を克服していく姿に感動する。
    実話に基づくフィクションである為、日本初のアグリコール・ラム酒は存在する。是非とも賞味してみたくなった。

  • 沖縄の風を感じられる気がした。

  • このアイデア、きっと誰かが実現するだろうな~、限りなくリアルな話だな~と思っていたら、やっぱりモチーフになった人物が実在したんですね。物語にするという約束を果たして、かつこれだけ素晴らしい作品に仕上げる作者もやっぱりさすがです。沖縄を舞台に熱い想いが交差する展開は、繰り返し感も覚えてはしまうけど、それでも良いんです、素敵小説ならば。また沖縄に行きたくなってきました。そしてレアなお酒、心から味わいたいです。

  • すごくキレイなお話すぎると思ったけれど、実話だと知ってビックリ。
    こんな素敵な話が実際にあるなんて、世の中捨てたものじゃないなと思いました。
    そして、そんなに一生懸命に生きてるマジムちゃんがうらやましくもあり。
    モヒートがものすごく飲みたくなりました!

  • 実在の話の物語化。
    このラム酒を実際売っている沖縄の会社の人と仕事をしたことがあり、会社のリーフレットにラム酒が載ってたのを質問したことがある。
    あのときは何でも手掛けてるんですね、程度の話しかしなかったが、こんなドラマチックな背景があるなら、もっと詳しく聞いておけばよかった。

  • ひたむきにまっすぐに夢の実現にむかうマジムに心打たれます。
    そして、そのまっすぐさを支える周りの人たちの温かさ。
    涙なしでは読めなかったです。
    まっすぐな心は、人の心も動かすんやなって改めて思いました。
    おばぁの、厳しいけど温かい優しさが素敵すぎます*°
    ラムが飲みたくなります(*´ー`*)

  • 温かい物語。

    ご都合主義の何が悪い。

    立ち向かってまっすぐと向き合う主人公がとても素敵でした。

  • 実話をもとにしたフィクション。
    派遣社員の伊波まじむが、新規事業として沖縄のラムを作るために奔走する物語。
    会社の先輩に意地悪もされるが、様々な周りの温かい人たちに支えられ協力を得て、風が吹く酒アグリコールラムを作るまでに至るストーリーは、ついついらアマゾンで調べて同じラムを買ってしまうほどに引き込まれてしまいました☺️

  • まじむは派遣社員でありながら、社内ベンチャーに応募する。それは"沖縄のさとうきびでラム酒を造る"。時々話し言葉に沖縄言葉のルビが符ってある。抑揚の付け方が良くわからないなりに、ゆっくりと読んでみると沖縄の人の雰囲気が起ち上ってくる気がする。ここにやりたい事があって、応援してくれる人がいれば何とかなる気がしてくる。

    偶然、国東の牡蠣の養殖をテレビで見て、いろんな所で頑張っている人がいるんだと思った。

  • 頑張る人が出てきてハッピーエンド。
    ベタベタやけど、マハにハマる(笑)

    うちなーラム酒飲みたい!(^-^)/

  • 迷いながらも、がむしゃらに前に進んでいこうとする主人公が清々しい!

    今、私にいちばん足りないものをこの主人公はすべて持っている。

    風のラムを飲んでみたい。

  • 情景が思い浮かぶような爽やかで人が温かい小説。

  • 原田さんファンになって本を読み漁っている感じ。中でも、これは自分の人生に活力がほしくてレビューを読んで購入。
    読後、「風が吹く」感じがした。さわやかないい風。決していいことばかりではない人生だけれど、やっぱり信念を持って仕事するって大事だと思った。
    うちなーラム、飲んでみたい。

  • 自分の気持ちに正直に、まっすぐに。大切な人や自分をまっすぐに愛して、自由に誠実に生きたいと思える作品だった。

  • マジムとは沖縄弁で真心。社内ベンチャーの募集を利用して、沖縄原産のサトウキビを使った風のラム酒を作るため奔走する物語。
    あまり心を動かされなかったのは何故だろうか、何故だか吸引力に一歩欠ける作品だった。

  • 実際にあった話がもとになっているとのことで、「大好きなことを追求する!大好きなことで起業する!」の成功モデルとしても、印象に残る作品だと思いました。いつか映画化されそう…

  • 恥ずかしながら後で分かったのですが、このお話は、実際にあったことだったんですね。作品中に登場する南大東食堂も、実際にあるみたいですし。モヒート結構好きなくせに、ラム酒について全くと云うほど知識もなかったのですが、この本を読んで、実際にモデルとなったラム酒(もちろん、アグリコール)を飲んで、風のマジムを感じてみたいと思いました。もちろん吾郎さんに作ってもらった「百パーセントうちなーモヒート」で。相変わらずマハさん、人の心を刺激するの上手いなあ。(^-^)

  • 沖縄産の黒糖でラムを作る女性の話。素敵な人ばかりで、読んでいて楽しい。きっと実話に基づいていると思っていたら、やはりモデルとなった方がおられたようだ。早速、その方のラム酒も取り寄せた。飲んだら風が吹くんだろうなと楽しみ。

  • 実話を元にしたお話。
    少なからず脚色はあるんでしょうが、
    原田マハさんは話の展開が絶妙で、
    次が気になりどんどん読み進めてしまいます。
    出てくる人が魅力的な人ばかりで、いいお話でした。

    さっそく、ラム酒買いましたw

  • きっとこの本を読んだ人は、ラム酒を飲みたくなるんだろうな。

    僕もラム酒購入しました。

    女性の成功物語。

全111件中 1 - 25件を表示

風のマジム (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風のマジム (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風のマジム (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

風のマジム (講談社文庫)の作品紹介

ほんとうにあった夢物語
契約社員から女社長に――
実話を基に描いたサクセス・ストーリー。琉球アイコム沖縄支店総務部勤務、28歳。純沖縄産のラム酒を造るという夢は叶うか!

風の酒を造りたい!
まじむの事業計画は南大東島のサトウキビを使って、島の中でアグリコール・ラムを造るというものだ。持ち前の体当たり精神で島に渡り、工場には飛行場の跡地を借り受け、伝説の醸造家を口説き落として――。

風のマジム (講談社文庫)のKindle版

風のマジム (講談社文庫)の単行本

ツイートする