文庫版 寄生獣(3) (講談社文庫)

  • 25人登録
  • 4.20評価
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 岩明均
  • 講談社 (2014年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062779593

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

文庫版 寄生獣(3) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 岩明均『文庫版 寄生獣 3』講談社文庫。

    人間離れした能力を身に付けた泉新一だったが、その精神にも変化が…

    第1巻からハードな展開であったが、この第3巻では新一の学校に島田と名乗る転校生が来るや、阿鼻叫喚、地獄絵図の展開に…

    SF、ホラー、スプラッター、青春ドラマの様々な要素が融合した漫画。この面白さは奇抜な設定と思い切ったストーリー展開の勝利と言うべきか。

  • 心臓をひと突きにされ、ミギーに命を救われたことで人間離れした能力が芽生え始めた新一。そして季節外れの転校生がやってきた。「島田」と名乗るその人物の正体もまた寄生生物。だが彼は人間と共存する道を探っているという。その言葉に隠された真意と新たな組織とは。人間の尊厳を問う、第三巻(全八巻)。

  • 映画も観ました。

全3件中 1 - 3件を表示

文庫版 寄生獣(3) (講談社文庫)の作品紹介

人間世界に広がっていく寄生生物。新一の学校に転校してきた「島田」の目的は、破壊か、それとも。実写化&アニメ化の名作、第三巻。

文庫版 寄生獣(3) (講談社文庫)はこんな本です

ツイートする