誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)

  • 82人登録
  • 3.26評価
    • (4)
    • (6)
    • (11)
    • (5)
    • (1)
  • 12レビュー
制作 : 本間 之英 
  • 講談社 (2007年3月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062810975

誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

  • 母が本屋で見つけてきて、とても面白かったと云っていたので借りて読んだ。
    自分が起こす会社につける名前には、それぞれの思いや目標、願いが込められている。

  • 2007年の本だけど2014年の今ではなくなった会社も載っている。誰もがその名前を知っているような会社であってもこの先も安泰とは限らないということを改めて意識させられた。

    会社名の由来は各社それぞれに面白い。それにしても、ブランド名を会社名だと思っていたケースがけっこうあったな...不勉強が身に染みました(^^;)

  • 面白いと思う、あるものを発表するときに読破、参考にさせてもらったんですが。1つ1つ細かく書いてありとても参考になりました。
    私は北海道に住んでいるんですが、最後に雪印の事が触れられていたのもなんだか嬉しかったです。

  • 社名の由来には、大きく
    「姓・地名型」「夢・信条型」「事業内容表現型」の3つにわかれるそうだ。
    じゃ、「Googleはどうなん?」といわれる方、鋭い。
    それはおいても、創業者や当時の経営陣が社名に込めた思いの強さよ。
    まとめると『名に込めた 願いと思いは 未来への 見果てぬ祈り 
    託されたバトン』といったところでしょうか?

  • 雑学本。
    ただし、中には由来が不明な会社も入っており、これは何の本なのかと疑問に思う項目もあった。

  • 竹谷所有
    →10/07/25 山本(晋)さんレンタル →返却記録なし
    →10/09/26 河野さんレンタル →返却記録なし
    →11/08/20 山本(美)さんレンタル →11/09/10返却(國近さん代理で持参、浦野預り)
    →11/10/09 返却(本の会以外の場にて)
    →12/04/22 黒川さんレンタル
    竹谷所有
    →11/06/11 須藤さんレンタル

  • 知っているものもあればそうでないモノもあります。
    え?あそこだったんだ?とか。
    知っている社名を知るとなんかうれしかった。

  • タイトル通りの内容。

    一社一ページの構成で暇つぶしにもってこい。但し、読んだそばから抜けていくような内容で、取り入って面白い由来も少ないもんだ。でも、創始者の考え方とかは多少参考になるかも。

    駅の本屋で購入。安い。

  • マメ知識。ウンチク。嫌いじゃない。嫌いじゃないが、読んだそばから忘れていくのが悲しいね。

  • 実家に帰る途中で本を持ってきていないことに気がつき、何なら普段読まないような本を、と手に取った一冊。
    うん、普段読まないだけあって新鮮ではあった。ボリュームは無かったけど。

全12件中 1 - 12件を表示

誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)はこんな本です

誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)のKindle版

誰かに教えたくなる 「社名」の由来 (講談社+α文庫)の単行本

ツイートする