出雲大社の暗号 (講談社+α文庫)

  • 29人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 関裕二
  • 講談社 (2013年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062815253

出雲大社の暗号 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

  • 出雲は全てを抱え込んできたのだろう。藤原不比等と出雲風土記の密約はあったと感じる。

  • あの日、出雲で何が起きていたのか!
    出雲神の祟りか――誰もが確信をもって恐れるその理由は何か?

    「大きな神殿を建てればおとなしくしている。そうしないと暴れるよ」。
    神話の中で語られてきた大国主神の言葉は真実だったのか? ここ30年の研究の成果から、弥生時代後期、出雲や山陰地方に無視できぬ勢力が存在したことが明らかになった。そして、ヤマト建国とともに、出雲が没落したことも。出雲はヤマト、瀬戸内海勢力に嵌められたのか。驚くほどの巨大神殿を建てた理由はその「懺悔」なのか。著者がたどりついた隠された暗号を今、解き明かす!

    ※本書は2010年10月に小社から刊行された単行本『出雲大社の暗号』を加筆修正の上、文庫化したものです。

  • 好きなテーマだけど、ちょっと不親切に感じた。古代の歴史や神話についての知識がないと辛い。例えばいくつかの定説については「そんなの当然知ってるよね」的な書きっぷりなので、知らないものはいちいち調べててその度に中断した。

全4件中 1 - 4件を表示

出雲大社の暗号 (講談社+α文庫)の作品紹介

封印された天孫降臨神話の謎は出雲大社で解ける!なぜすべてが「逆」なのか、「巨大」なのか。「裏切りと分裂」の真相が明らかに!

出雲大社の暗号 (講談社+α文庫)はこんな本です

出雲大社の暗号 (講談社+α文庫)の単行本(ソフトカバー)

出雲大社の暗号 (講談社+α文庫)のKindle版

ツイートする