マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)

  • 18人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 出光佐三
  • 講談社 (2016年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062816854

マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出光佐三 氏(「海賊と呼ばれた男」のモデル。出光興産の創業者)の経営哲学の本。マルクス思想、人間尊重がベースになっている

    マルクス思想を現実の経営に どう活かすか 参考になる

    資本主義、社会主義を忘れて、そのいいところをとる
    「黄金の奴隷にはなるな」→お金は尊重するが、お金を目的にするな
    「利益がどこから出るかより、利益をどう扱うのか の方が大切」
    「商人は お客さんと対立する存在ではない〜互助が商人の使命であり、事業の社会性である」
    「主義の奴隷になるな」

  • たらればは有り得ないことなので、さておき、日本にも著者のように世界に誇りを持って紹介できる人がたくさんいます。

全2件中 1 - 2件を表示

マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)の作品紹介

海賊とよばれた男・出光佐三が、自らの「和」の思想を大いに語り、社員たちと正面から本音の議論を激しくぶつけあった、その熱い記録、ここに文庫化。
社員は家族、非上場でよい、タイムカードはいらない――「人間尊重」を理念に掲げ、出光興産を一代で築いた稀代の企業家は、マルクスの思想は自分と同じ地点を目指していると語った。その理念が、ふたたび読まれる時がきた!

マルクスが日本に生まれていたら (講談社+α文庫)はこんな本です

ツイートする