政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)

  • 25人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 倉山満
  • 講談社 (2016年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062816991

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2階書架 : 312.1/KUR : 3410161121

  • 警察庁長官が立候補したら、日本最大の暴力団が選挙の手伝いをしていたという。どこの後進国の話かと思いますが、田中金権選挙の実態でした。

    三木睦子は、後藤田派の買収の実態と山口組が応援し、三木派を恫喝して回った話を詳細に書き残しています
    「信なくば立たず」p226-232

  • 昔の政治家三木武夫の凄みがわかる
    政治目的をもたないダメ政治家の姿も見られるが
    今ならほぼ全員あてはまる情けなさデス・・・

全3件中 1 - 3件を表示

倉山満の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)の作品紹介

「金脈問題」で退陣する田中角栄の跡を襲った、「クリーン三木」の正体は、想像を絶する「政争の怪物」だった。翼賛選挙を非推薦で勝ち上がり、戦後の混迷する政局を泳ぎ回った稀代の策略家の実像とは? 「綺麗事を武器にしろ」「昨日の敵は今日の友」「もっと火を大きくしてこい」……三木武夫の権謀術数の数々を、圧倒的筆力で生き生きと描き出し、かつて日本政治にあったはずの「政治の定跡」をよみがえらせようとする文庫書き下ろし意欲作!

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)はこんな本です

政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男 (講談社+α文庫)のKindle版

ツイートする