なぜおいしいアイスクリームが売れないの? ダメな会社をよみがえらせる3つのレッスン (講談社BIZ)

  • 89人登録
  • 3.33評価
    • (4)
    • (14)
    • (22)
    • (3)
    • (2)
  • 20レビュー
制作 : 中山 宥 
  • 講談社 (2006年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062820356

なぜおいしいアイスクリームが売れないの? ダメな会社をよみがえらせる3つのレッスン (講談社BIZ)の感想・レビュー・書評

  • 2014以降

    最善を尽くす程度では足りない
    完璧をめざせ

    一番調子が悪い時が本当の実力

  • 今さらなのだが、こういったビジネス本を読む。顧客第一というが、なかなか、わかっていてできないもの。LEOの法則は憶えておいて損はないかも。

  • ビジネスの考え方の基本を、品質管理の面から学ぶことができた。品質に関する仕事をしていると、会社や業界で規格を守ることばかり考えがちになってしまう。しかし、品質は決められたものではなく、最終的なお客様が決めるものなのだと再認識できた。

  • 業績の伸び悩みに行き詰まった工場長が、取引先の支店長に諭されながら、自社の問題を解決していくお話。物語形式で読みやすいです。

    「なぜ小さなコスメ店が大型ドラッグストアに逆襲できたのか」とか「100円のコーラを1000円で売る方法」などと同じ形式。

    著者は品質管理戦略の専門家とのことで、内容もそんな感じの内容です。

  • アイスクリームの工場長が自社製品の改善に取り組むストーリーで、品質改善の鍵・ヒントを提示します。
    LEO・・・
     Listen
     Enrich
     Optimize
    の3つのステップを踏んで改善する。
    そんなにうまくいきますかいな?という感想をもつのは野暮というもの。平易に解説された内容を素直に聞き入れましょう。
    そのうえで、どうやってLEOを実践するかその方法論がむずかしい。物語のようには簡単にいかないわけで...

  • 破綻寸前のアイスクリーム工場を、工場長が経営の成功者に教えを乞いながら、見事に再建させていく寓話。

    物語仕立てだが、品質管理に重点を置いた経営手法のエッセンスを散りばめたビジネス本。
    物語仕立てなのでさっくり読めます。

    例えば次のようなことが書いてありました。

    「いいものとは、買う人のニーズを実現したもの。
     人が欲しがらない物は自己満足!」

    「社内の意見・不満総てを聞き、ひとつづつ解決すると、従業員のモチベーションは飛躍的に上がる。」
    「アイデアを募集している以上ひどいアイデアなんて存在しない!」

    重要ワードとして登場するのが『LEOの法則』です。
    ・L…Listen (従業員と顧客の声を聞く)
    ・E…Enrich (価値を高める)
    ・O…Optimize(完璧を追求し続け最適化する)

    とんとん拍子で再建されてく様は読んでて楽しくなり、実践したくなります。
    仕事のモチベーションを自ら上げたいときに読むと良いと思います。

  • listen, enrich, optimize
    儲けとは結果に過ぎない。すぐれたサービスの副産物である
    社内のお得意様をたいせつに
    質の良し悪しを決めるのは自分たちねはなく、客である
    いちばん調子の悪いときが現時点での実力と心得よ

    日系企業は品質重視のDNAが組み込まれている、と書かれてあった。それ以外にも日本とアメリカの対比がおおい
    日本がどうみられているか海外の文献を見てもう少し客観視したい
    シックスシグマという本も読む価値がありそう

    2013.11.01

  • 個人的には好き。終わりがいいので後味がいい。
    もしドラの大人版。基本的なことだけど立ち止まったときにちょっと読みたくなる本。
    最初の売り込みの話なんて、結構グサッとくるところも。
    現実って何十倍も大変だけど、なんつーか気分がすっきりした。
    また読み返そうと思ってる。

  • BLOGOSの記事で興味湧いたけど絶版の為amazonマーケットプレイスにて購入。品質からの経営再建との事であったが、読んでみると「もしドラ」と丸かぶり。マネジメントが主体で、その手段として品質の話がクローズアップされてました。アイスクリーム工場の再建への軌跡が物語風に書かれています。「もしドラ」と同じく字数少なめの展開早めでサクサクっと読めます。2日わけて読破しましたがトータルで半日あれば読めますね。「もしドラ」の方が手法の解説があるので良いかな。
    私には特にあらたな知識は得られませんでした。
    この著者は「シックスシグマ」という品質関連の本が有名らしいので機会があればそれを読んでみようと思います。

  • お客様に何かを提供する場合に、
    根源的にに大切なことを
    これだけ平易な言葉でわかりやすく教えてくれる
    すばらしい本だと思いました。

    何をやるときも、「質の高さを大切に」

    Only the Paranoid Survive!

  • 「ザ・ゴール」みたいな感じの本。で、あの本と同じく面白かった。簡単に読めるし、分かりやすい。これは読むべき本だと思う。
    というか、10年前に読みたかった。10年前の自分に読ませたい。もっとも、本当にそれができたとしても、内容を理解しなかったと思うけど。本ってそういうものだ。
    LEOというキーワードが定着したとは思えないが、言っていることはよく分かるしその通りだと思う。
    テスト駆動型開発や、アジャイル開発や、ITILなどと大融合して、一般相対性理論みたいなものになるべきだと思う。

  • この本すき。

    つぶれそうなアイスクリーム工場が変わっていくお話。


    「外のお客様を大事にするためには、内のお客様、つまり社員を大事にすべき」
    「最低な意見なんだ存在しない」

  • Listen, Enrich, Optimize... 会社の目標設定に出てきそうな単語が後ろ2つに控えますが、何よりもその原点は1つ目にあるのかなと思いました。品質(単なる製品品質ではなく組織も含めて)管理の大原則が簡単な言葉で描かれています。

  • 他人の支えになりたいという情熱を持て。
    上司が部下を大切にすれば、部下は客を大切にする。
    極度に心配症の人間だけ生き残る。

    やっぱり、大事なのは、相手がなにを必要としているか、というのを知ること
    と、知ろうとする・知ってからの熱意と行動力。

  • プロダクトアウトよりマーケットインの重要性を小説形式で説いた書籍。
    ただ単にマーケットインが大事と言うだけでなく、どのようにして顧客や社内の声に耳を傾け、それを生かして行くのかまで書かれていてとてもわかりやすかった。
    ただ、ページ数の関係か予測できる話の展開で物語としては今一歩という感じ。

  • 会社の図書館にレビューが載ってたので試しに借りてみたら面白かった。
    会社人として考えさせられる内容。こうはうまくいかないだろうけどね。

  • アメリカ発、小説物語形式のアイスクリーム工場再生ストーリー。
    基本概念はシッスクシグマで「LEOの法則」がベースになっています。
     L(Listen=聞く)
     E(Enrich=価値を高める)
     O(Optimize=最適化する)
    著者のシビル・チョウドリは、シックスシグマを著した人物。
    今回その中のポイントを、小説でわかりやすく解説しています。

    キーワードは「最高の品質を保つ」
    工場で作られているアイスクリームの品質を上げ、維持するための行動が書かれています。
    まず、最初が、従業員の働く環境の整備でした。
    つまり、ES(エンプロイー・サティスファクション=従業員満足)。
    ESが先CSが先、ここは議論のわかれるところでもあるし、ここで詳しく議論するのはやめましょう。
    (藤木は、CSのないESは百害あって一利なしという持論です。)
    ここでのポイントは、会社が果たすべき使命は何なのか?ということ。
    ListenのLは、従業員、そしてお客様の声を聞き、反映していくことなのです。
    そして、その声を反映する方法がEであり、Oというわけですね。

    もし、今、改善を求められ、結果を出さなければいけないチームのリーダーは、この手順どおりに進めるとうまくいくかもです。
    ただし、推進するには、強烈なリーダーシップが必要なのでは?と思っています。
    組織を変えるために、必要なパワーですね。

  • 物語風とは言え入り込めなかった。

  • 2006年12月9日読了
    「The Goal」みたいな小説形式。
    工場のピンチ→古い知り合いのマスターに教えを請う→ワンステップずつ解決→家庭も円満→めでたしめでたし。

    すごく軽くて、1時間くらいで読めちゃう。自分の製品をどうやって売りつけようか考えるんじゃなくて、お客様はどういう商品を欲しがってるのかまずきちんと聴くことからスタート!

  • アイス工場の再生ストーリー。
    一言でいっちゃうと、「プロダクト・アウト」ではなく「マーケット・イン」が大事だよ、
    ということだろう。
    と「当たり前」のことのようだが、
    それができずに、既成概念や製品・技術に縛られている企業は意外と多いのでは。

全20件中 1 - 20件を表示

なぜおいしいアイスクリームが売れないの? ダメな会社をよみがえらせる3つのレッスン (講談社BIZ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜおいしいアイスクリームが売れないの? ダメな会社をよみがえらせる3つのレッスン (講談社BIZ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜおいしいアイスクリームが売れないの? ダメな会社をよみがえらせる3つのレッスン (講談社BIZ)を本棚に「積読」で登録しているひと

なぜおいしいアイスクリームが売れないの? ダメな会社をよみがえらせる3つのレッスン (講談社BIZ)はこんな本です

ツイートする