美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)

  • 95人登録
  • 3.67評価
    • (7)
    • (13)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 西田宗千佳
  • 講談社 (2008年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062820783

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)の感想・レビュー・書評

  • これはかなり面白かった。
    メディアを通じて断片的に伝えられる
    傲慢な久夛良木さんの話だけではなく
    技術者としての彼の有り様がよくわかった。

  • 「すげぇ、かっこいい」と思えば、多少高価でも、故障タイマーがあろうと、思い切って買っちゃおう。と高校生の頃から、数多くのソニー製品を所有してきた。
    それが、最後にソニー製品を買ったのはいつだろう。と思い出せなくなっている。
    本書は出版されて既に7年経つが、今だからこそ客観的に読むことができるし、ある一面からだけど、ソニー文化が感じ取れ、自分がソニー製品に熱狂し・冷めた理由も何となく納得した。
    今後、ソニー本体がどうなるか?分社化された各企業がどうなるか?に興味が余計に沸いてきた。

  • すでにいくつかあるプレイステーション開発ストーリーと内容が重複する箇所もあるが、PS3のCPUであるCellの生産ラインを東芝へ売却するところまでのプレイステーションの歴史がまとめられた良書。

    Many coreのプロセッサを先駆けて開発したソニー(SCE)がプロセッサ開発から離れたことが正しかったのかは、もう少し先にならないとわからないのかもしれない。

  • マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?の書中にて紹介されていた書籍。
    パソコンに詳しくないのでサクサク読むわけにはいかなかったです。
    我が家にはPS3とWiiが鎮座しておりますが・・・
    PS1,PS2,PS3を購入した当時に思いをはせながら読み進めました。
    PS2はグランツーリスモ、ファイナルファンタジーのために・・・
    PS3は映像に詳しい人がブルーレイを再生する機械としては安くて高性能というお勧めに従い・・・
    購入後PS2のソフトができないことに切れたという・・・(この本で機能が削除された理由が分かった)

    なるほど↓
    ・大量に作ることで長期的に黒字に持っていく
    ・F@H みんなのパソコンやゲーム機の力がスパコンを凌駕する

  • 中央図書館で読む。中堅のフリーライタらしく、非常に読みやすい文章です。CD-ROMの選択は、見切り発車だったんですね。CD-ROMは、多くのメリットが存在します。ただし、反応速度の点で、不安があったそうです。また、ソニー側は、全てを見切っていたわけではなかったようです。これも、現場を知っているライターでなければ、書けません。

  • 今では任天堂万歳の世の中であるが、
    その任天堂がSCEに対して辛酸をなめ続けた時代がある。
    そんな時代からPS3までのSCE内部に関しての書籍である。

    今やソニーの主力事業にまで成長したエンターテイメントコンピューター事業がどのように生まれて成長してきたのかが分かる素晴らしい内容。
    当時のことが思い出されてなんだか懐かしい気持ちになった。
    内容はかなりコンピューターの技術よりの話なので、解説はされているが知識が無い人が読むと少し理解が大変かもしれない。

  • プレステが発売されるまでのドキュメント、という感じ

  • ※ マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?の書中にて紹介されていた書籍。面白そうなので、後で読んでみたい。 ※

  • プレステ1におけるファイナルファンタジー発売の衝撃を経験した思い出がある人であればプレステの話は面白いと思う。個人的にはプレステでファイナルファンタジーが発売されると聞いてプレステをようやく購入する気持ちになった思い出がある。これは、ドラクエ3発売に匹敵するぐらいいまでも鮮明に思い出せる出来事である。

  • あまりビジネスとか企業人に関する本は読まない自分だが、これは面白かった。この本が出版されてだいぶ経って、PS3の評価と現状も変化しているので、現在との対比で読んでみても面白い。ビジネスマン/技術屋としての久夛良木さんが何を考えていたのかというのもあまり情報がなかったので参考になる。有能だとは思うが、この人の下で働くと大変だろうなぁ…

  • SCEの奥の奥までわかります。
    技術的な面とビジネス的な面、両面から考えられます。
    久多良木さんあってのPSだなぁとつくづく思わされました。
    SCEの目指しているところ、やっていることを知りたい人はぜひ。

  • いかにSONYはプレステを成功させ、プレステ3は微妙になったのか。
    そこに至る思いや経緯がよくわかります。

    これだけ大きいことをするにはいろんなことが関わるけど、案外一人の強い思いがいろいろまきこんで進むんだな、ということがわかります。その一方で、それでも積み重ねてきたからこそ変われないものや、客が持つイメージとのギャップとかもあるんだな、と。
    その辺アップルはうまいことやってますね。
    SONYも逆襲の時がくるのか。

    翻って、そこまでして働くってのは何なのかな、とも思いましたが。
    面白かったので、しばらくこれ系を読もうかな。

  • ソニーサイドから書かれたプレイステーションの歴史。家電メーカとしての考え方がよくわかる。

  • プレステの生みの親である久夛良木さんとSCEのノンフィクション(だと思う)。プレステ本体がちゃんと利益を出してたとか、初めて知った。

  • プレイステーション。<br>
    その誕生と挑戦と成功と停滞と凋落の軌跡。<br>
    なかなかスゴかったんだな、クタたん。でも…、だからどうしたの?という読後感。<br>

    なんかこう、ワクワクしないのは何故なんだろう。<br>
    本書が伝え切れていないのか? そもそもそんな魅力的な話でもなかったのか? オレがプレステに興味なさ過ぎなだけなのか? どれも少しずつあるような。<br>
    このプレステシリーズ開発物語の中で一番wktkしたのは、「バーチャファイターの登場はあまりに衝撃的だった」っつーくだりだもんな。<br>
    任天堂の宮本さんとは対照的に、久夛良木さんはゲームファンからはあまり尊敬されないという。なんかわかる気がするわ。<br>
    でも最近電車の中でPSPやってるヤツ増えたねー。逆襲あるのか? PS3のアプコン性能は正直オレも欲しいしね。<br>
    (2008/3/27)

全16件中 1 - 16件を表示

西田宗千佳の作品一覧

西田宗千佳の作品ランキング・新刊情報

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)を本棚に「積読」で登録しているひと

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)の作品紹介

技術の夢を追求する「電器屋」と、発想で夢を見させる「おもちゃ屋」。栄枯盛衰を繰り返す、激しいゲーム戦争は、ロマンと現実主義の対決だった!ゲーム王国・任天堂をプレステはいかにして切り崩したか?劣勢を挽回したDS、Wiiはなぜ生まれ得たか?日本発で世界を制した両者のゲーム機は、まったく異なる「発想」から生まれていた。久夛良木の肉声に最も接してきたジャーナリストが活写する、熾烈なゲーム戦争の「迫真の舞台裏」。

美学vs.実利 「チーム久夛良木」対任天堂の総力戦15年史 (講談社BIZ)はこんな本です

ツイートする