グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくる

  • 185人登録
  • 3.47評価
    • (7)
    • (15)
    • (22)
    • (4)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 倉本由香利
  • 講談社 (2012年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062821445

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるの感想・レビュー・書評

  • グローバル化の定義として、
    第一の波:販売、マーケティング機能の海外への移転
    第二の波:製造業の生産拠点の移転(付加価値を付与する生産の海外移転)
    第三の波:2010年〜 組織のグローバル化、日本人以外の社員を活躍させられるような組織運営の仕組み

    としたうえで、いまなぜグローバル化が必要なのか、グローバル化するために必要なことは何かの問題の整理になった。

    第三の波にあるような組織や人のグローバル化について、英語の公用語化など例をあげれば枚挙にいとまがないが、韓国のような国家としての危機感をともなってサムソンのように90年代からグローバル化に取り組んできた会社とはグローバル化の必要性と自覚の仕方が根本的に違うように思う。ましてや、内需型産業、中小企業にとってみればまだまだ遠い未来の出来事かもしれない。

    いずれにしても、グローバルエリートという個人レベルの取り組みも大事だけど、労働人口の減少や事業環境の変化に伴って、企業にとっての死活問題としてグローバル化に向けどんどん改革を進めなければならないのは確かだろう(もちろん新興国マーケットの成長分野だけが市場ではないし、それ以外のオプションもありだと思う)。グローバル化したい会社にとって、何をどう手をつければ良いかのヒントとして、本に出ていた未来小説のA社が行った改革はリアリティがあって参考になった。

  • 賛成する所が数多くあった。
    海外に出ていく人が読むべき本であると同時にそう考えてない人が読むべき本でもあると思った。
    グローバル化は最早、海外と多くビジネスを展開している企業やビジネスマンだけの問題ではない。自分は日本から出ないから大丈夫なんてことは絶対にない。いつまでも内輪で盛り上がってやっていけるものではない。日本人の価値観を根本から変える必要はない。でも価値観を拡張する必要はある。こういった本を読んで少しずつ世界を広げていくべき。

  • 紙幅を割いている割に内容はやや冗長、ただその主張するところは的確で内容的には至極同意。
    ものづくりでも弱体化し始めている日本においては、この先のイノベーションや成長の源泉は「和」と「おもてなし」にあるのだと思う。
    間もなくすると外資系企業が日本企業のグローバル化を支援する時代は終わるんだろう。外資の日本支社はローカルサポートに留まるから。では、グローバルに打って出るにはどうすれば⁈
    そのヒントがここにあるかもしれない。

  • グローバル・エリートとローカル・サポーターという考えは、最近色々なところで耳にする。
    グローバル・エリートとは、多種多様な文化的背景を持つ人たちの能力を活用し、国内で培った他国の人材などの経営資源を結びつけながら、グローバルな事業を成功に導くことの出来る人のこと。
    ローカル・サポーターとは、専門的な知識やスキルがないために、誰にでもできるコモディティ化した仕事をしている人のこと。

    やはり、この流れは避けられないのだろうか。
    これらへの二極化していく世界の中で生き抜くには、
    まずは自分がグローバル・エリートになれるような道を探すこと、
    そしてローカル・サポーターとなった人々の力になれないか、生計を立てていくのを支えられないか、考えること、
    さらには、グローバル・エリートになるかローカル・サポーターになるか、個人が選べるような環境を作れないか考えること
    ではないか。

  • ・日本のグローバリゼーションは三つの段階1)sales &Marketing 2)Manufacturing 3)Org
    ・今はOrgにきている。人材の多様性を増やすことが日本にとって重要
    ・日本がグローバルするcore competenceとして、製造業かサービス(おもてなし)
    ・人材のグローバルエリート・ローカルサポーターの二極化。ローカルサポーターはコモディティ化し、価値が低下

    とても良い本です。日本人に「一億層中流なんてありえない」と目覚めさせてくれる本。自分の価値、差別化ポイントを考えさせてくれます。

  • 自分の勤務先にとっても、いよいよ現実的に重要性が高まってきている"グローバリズム"。
    いかに日本企業が、新興国市場を主軸とした企業のグローバル化に対応していくべきか。組織から個人へ、販売から製造・経営組織レベルへ、しっかりしたフレームを立てて、明快に論じており、読み易かったです。
    特に、黒船到来以来からの日本の他国との対応の歴史的文脈から導かれた著者の主張には、納得させられました。
    自分も、日本人の価値観である「和」の重視と、相手を理解しようとする謙虚な心遣い があれば、必ずグローバル化や多様な組織運営にうまく対応できると信じます。
    本書は、きわめて論理的で且つ理性的な構成でしたが、そんな著者の日本企業応援の想いも、感じました。
    著者の主張する"グローバル・エリート個人の8つのスキル"は、我が社のグローバル能力発揮モデルとの対比など、いろいろな面で参考にさせてもらおうと思います。

  • 日本企業がこれからどのように海外展開に取り組んだらいいのか?という点について、具体的に提案をしている。こうした内容は、実はなかなか本で見つけられておらず、参考になる点が多々あった。ただ、一部に事実誤認があったり、大企業の話にとどまるのではという印象を与えたり、という点は気になった。

  • 元々著者のブログを読んでいたので、買ってみた。
    何だかアマゾンやら、こちらでもずいぶん叩かれているようでなんとも。。
    確かにある程度外を見ている人からすれば、知った話が多いかもしれない。でもそれを叩いてどうするんかね。

    今回を経て、次作でどんなものが出てくるかちょっと気になる。
    出たら多分読むだろうな。

  • ■書名

    書名:グローバル・エリートの時代
       個人が国家を超え、日本の未来をつくる
    著者:倉本 由香利

    ■概要

    2013年、先進国と新興国の経済規模が逆転。
    日本人の強みを生かして「失われた二〇年」を終焉させる、新しい
    グローバル化とは何か?

    日本には世界的に必要とされる分野で、トップを走る技術がひじょ
    うに多い。これらの技術を普及させることで、世界で起こっている
    水不足、エネルギーなどの課題や、貧困や病気などの問題を解決す
    ることができるだろう。新しい技術を普及させるには、世界で技術
    を標準化し、その周りに産業を立ち上げていく必要がある。そのた
    めに、世界中の企業や政府に働きかけて、技術の高さをアピールす
    ると同時に、多様な分野のグローバルな企業を動かして事業開発を
    することが必要となる。
    これらを可能とするのは、さまざまなバックグラウンドの人々の架
    け橋として活躍できるグローバル・エリートと、彼らを十分に活用
    できる組織である。彼らが日本企業で活躍することで、単に日本企
    業が経済的にメリットを得るだけでなく、日本発の技術により、世
    界中の人々の暮らしを豊かにしていくことができるだろう。

    日本企業は1970年代に世界に製品を販売し、日本ブランドが浸透した。
    これがグローバル化の第一の波「販売のグローバル化」だ。1980年
    代後半から第二の波「生産のグローバル化」を迎え、製造拠点が海外
    移転していく。そして第三の波では組織全体がグローバル化する。
    その新しい時代には、一握りのグローバル・エリートが世界経済を
    牽引して富を生み出す。

    じつは日本人は、グローバル・エリートになり得るスキルを世界で
    もっとも豊富に持っている。スキルとして必要な感受性、理解力、
    柔軟性、問題解決型思考力の高さは日本人の強みだ。
    しかし、オーナーシップ、ゼロベース構築力、説明力、粘り強さが
    日本人は弱い。そこをどう強めるかが日本の課題となる。

    日本人だからこそできるグローバル化がある。日本企業の現場でグ
    ローバル化をリードする著者示す、グローバル人材を育成し、組織
    を変革するためのバイブル。
    (From amazon)

    ■感想

    この人、本当に有名なコンサルタントさんなのでしょうか?
    グローバルエリートというあいまいな言葉を曖昧なまま、それらし
    い反論が出来ない事を書いているだけに思います。

    グローバルエリートの人材として、感受性、理解力、柔軟性、オー
    ナーシップ、ゼロベースの構築力、粘り強さが必要とありますが、
    そりゃそうでしょう。
    それだけのものがあれば、どこでもなんでもやっていけますよ。
    あと、必要性だけ説いて、やり方は自分で探せというのは楽です。
    必要性を偉そうに説くのであれば、そのやり方も明確に示さないと
    見知らぬ他人に説得力を与えないと思います。

    また、グローバル化を進めないと、ZARAなどのグローバル企業に太
    刀打ちできないともありますが、それはあくまで、その戦場で戦う
    事が前提ですよね。
    違うフィールドで戦えば、必要なものも違ってくるはずです。

    なんでしょう、

    間違ったことを言っているわけではなく、正しいことを言っている
    が、自分の言葉で無く、誰かが言った言葉でしかなく、考え方が浅
    いように感じてしまいました。

  • 政府系組織とはつくづく特殊だなと思う。ちっとも参考になる気がしない。後半は面白かったけど。

  • グローバル化の時代において、日本企業、日本人に必要なものは何かを考察。結論は、組織のグローバル化と、個人のグローバル化が必要ということ。そもそもグローバル化とは、国を超えて地球規模で交流や通商が拡大すること(広辞苑)である。人事部が日本人だけを評価して、外国人は各国のマネジメントに任せますでは話にならない。社長から外国人社員も日本人も等距離になければ、グローバル化したとはとても言えないのである。本書の主張するように組織がグローバル化してしまえば、多様な価値観を持つ個人が同居することになるので、共通の理念である企業理念や行動規範の浸透と実践が最も大事だと感じる。市場はGDPで見ても、2050年には中国、アメリカ、インド、ブラジル、メキシコ、ロシア、インドネシア、日本、イギリス、ドイツ、ナイジェリア、フランス、韓国、トルコ、ベトナムの順。つまり、アフリカ、アジアの人口の多い国が台頭してくるという予想である。その中で、組織と個がグローバル化していなければ、当然淘汰されるだろう。個としての必要スキルは、「異なるものを理解し、受入れる力(感受性、異文化理解力、柔軟性)、物事を組み立てて、前に進ませる力(オーナーシップ、ゼロベース構築力、問題解決型思考)、適切なコミュニケーションにより人を動かす力(説明力、粘り強さ)であるという。何とか今の状態で(国内にしがみついて)一抜けを狙っているおじさん達。そして、実際にグローバル化の中で戦う我々の世代。この間見た、東のエデンとなんだか同じようなテーマになっているな。。。

  • 日本市場だけではなく世界も視野に入れていないといつの間にか世界から取り残されてしまう。いまのうちからどのようなことに注力していけばよいか本誌を読めばわかる。

  • 次に来る本当のグローバル化は、組織のグローバル化。

    販売網の海外進出や工場の海外移転の次に来る本当のグローバル化は、組織のグローバル化。日本人が不得意なグローバルスキルはゼロベースの構築力、積極的かつ論理的な説明力。日本人が得意なスキルはチームワーク力、設定された目標を達成する能力、細部へのこだわり。なるほど、説得力がある。

  • グローバルという言葉をもっとも
    理性的に理解させてくれる内容だと思った。

  • 「自力モデルは自社の企業理念に沿った確実な成長を行うことができる反面、成長のスピードは緩やかにならざるを得ないという問題がある。まだ成長スピードが遅いアフリカなどの市場を狙うのであればよいが、中国のように急成長している市場を今から狙う場合、自社の現地の人材や技術を育てながらじっくりと成長するモデルでは、市場の拡大に乗り遅れてしまうことになるだろう。さらに、自社の中で企業理念の明確化とそれを徹底する仕組みなど基盤が十分でない場合、それらを作ることから始めると、相当な時間がかかる。このような場合は、他力を活用したグローバル成長を考えるべきだろう。日本企業の場合には、海外現地の人材や海外事業経験が豊富な日本人が育っていないばかりか、英語が話せる日本人役員や中堅社員がほとんどいないという企業もまだ多くある。これらの企業でグローバル化を一から目指す場合は、他力を大きく活用せざるを得ないだろう。」なるほどなるほど。次は『フラット化する世界』でも読むか。

  • 会社という組織の中で働く人のために書かれた本。納得できる部分が多く、自分が目指したいなと考える姿が描かれていた。
    内容は世間一般のメディアで言われてることに近いが、それらをまとめ上げ、読者にグローバルの重要性を訴えている点が良い。

  • 読めばわかるけれども、新聞の解説記事のような、あるいは、学生の修士論文のような、そのような本、という感想。面白くないわけではないし、独自の視点がないわけでもないのだけれども、迫力に全く欠ける、みたいな。

  • 日本がグローバル化のなかで生き残る道と方法を体型的に書く。わかりやすい。

  • 販売のグローバル化、生産のグローバル化を経て、組織のグローバル化が必要な時代。西欧のプッシュ型に対し日本のプル型が強みになる。

    10年後の日本の未来に、希望が見えてきました。
    変わるまでは本当に大変なのだろうけど、こういうビジョンを示してもらって、その力はある、経験もある、と励まされると。

  • ■グローバル

    日本企業がグローバルに成長し続けるためには、経営判断を行える人材を複数の新興国市場に分散させる必要があり、外国人を経営幹部に育てていくことが不可欠になってきている。

  • I totally agree with her opinion.

  • 日本企業のグローバル化の歴史を紐解き、新興国へと広がりを見せる新しいグローバル化に対して、日本の組織・個人としていかに対応していくかを述べている。

    印象に残っている点としては、日本のBtoB企業の多くは未だに海外ビジネスを行う際には商社依存を脱却出来ていないということである。これは前職においても当てはまっていたことであり、BtoB企業においては早急にグローバル・エリートの採用・育成を行い、売上拡大・コスト削減につなげていくことが重要だと思われる。

  • 残念。内容があまりにも薄い。
    あまりにも一般化・大衆化させすぎたのだろうか?
    グローバルに展開するメーカーに勤めている者からすると、あたり前の話が羅列されているだけにすぎない。

    ブログは最近更新されていないようだが、高頻度かつ高品質の内容を期待しています。

  • ・ MBAを受験するにあたっての参考情報<主に英語力>
    ・記事のコンテンツの面白さ

    で抜群だと思うブログが、
    「My Life After MIT Sloan」
    このブログの書き手である倉本さんが、著書を出されるとのことで、息抜きも兼ねて購入読んでみた。
    ブログ同様、非常に面白い内容。
    改めて「グローバル化」とは何か?個人はどうあるべきかを考えさせられる。

全27件中 1 - 25件を表示

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるを本棚に「積読」で登録しているひと

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるの作品紹介

2013年、先進国と新興国の経済規模が逆転。
日本人の強みを生かして「失われた二〇年」を終焉させる新しいグローバル化とは何か?

日本企業の現場でグローバル化をリードする著者が示す、グローバル人材を育成し、組織を変革するためのバイブル。

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるに関連するサイト

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるはこんな本です

グローバル・エリートの時代 個人が国家を超え、日本の未来をつくるのKindle版

ツイートする