ノマはちいさなはつめいか (講談社の翻訳絵本)

  • 32人登録
  • 3.93評価
    • (4)
    • (6)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : かみや にじ 
  • 講談社 (2010年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062830461

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・フライシ...
ひがし ちから
かがくい ひろし
リズ・ガートン ...
チェン ジャンホ...
室井滋
ユリ シュルヴィ...
川端 誠
フローレンス ス...
くすのき しげの...
はた こうしろう
有効な右矢印 無効な右矢印

ノマはちいさなはつめいか (講談社の翻訳絵本)の感想・レビュー・書評

  • ノマはダンボールのはこを前に 皆がアッとおどろくものを作ろう!!と考えダンボールにかいて、はさみで切って わからないところは人に聞いたり 調べたりして・・・。さてどんな素晴らしいものが出来たかな?!

  • 朝鮮のさっかさんの絵本。段ボール工作がテーマ。この本読んだらパパに段ボール工作せがみそうなストーリー。

  • 自分で創意工夫できる子はいいよね~

  • ノマが段ボールで汽車をつくります。その真剣な姿がとてもほほえましいです。

  • ダンボールを使って一生懸命に汽車をつくる男の子ノマ。
    わからないことはお母さんに聞き、
    お母さんが知らなければ、本で調べます。
    ひとつひとつ考えて、組み立ても自分の力で。
    そして、つくりあげた時のよろこび、
    次は何をつくろうかというわくわく感。
    ああ、わかるなぁ。
    ノマがつくった汽車は、機関車と客車と貨車がつながっていて
    かっこいいです。
    ノマの表情やぷっくりとした幼い姿もかわいく、
    とても好きなタイプの本でした。

  • ダンボールで汽車をつくるノマ少年。
    車輪はいくつあったかな?窓はいくつあったかな?
    お母さんに聞いたり本で調べたりしながら自力で汽車を完成させます!

    今から約70年前に朝鮮日報で紹介された韓国の童話。
    日本占領下、南北戦争下の苦難な時代において
    子供の可能性を明るく描いている。

    イラストも素敵です。
    工作の道具があしらわれた表紙のロゴにはじまり、
    ちょっとした探し絵などニクい演出に感心。

  • 小さな男の子がダンボール工作で汽車を作る。
    鉛筆で形を描いては、ハサミで切り取り、わからないところはお母さんに聞いて…。

    小さい子目線で動きが語られる。
    起伏がない落ち着いた話。子どもたちにはどう受け止められるか?

    汽車の完成度の高さに驚き。
    しかし、これも控えめな描きかたに感じる。
    もっと迫力ある画面になっているとよかったのだが。
    ダンボールで縁取られているページが楽しく、アクセントになっている。

    近年、アジア圏のよい絵本が次々に邦訳されている。
    この本も韓国の作品。
    でも内容は舞台が日本でも全く違和感のないもの。
    子どもの遊びはどこの国でも同じなんだなぁ、と実感。
    衣服や家の中の様子は韓国らしいものなので、そのギャップが逆に面白い。

全8件中 1 - 8件を表示

ノマはちいさなはつめいか (講談社の翻訳絵本)の作品紹介

ノマは、きょうダンボールできしゃをつくることにしました。ぶひんをかいて、はさみできって、くみたてます。うまくできるかな?考えて、工夫して、作りだす…シンプルでいて、すべての学びの基本を描いた韓国の美しい絵本。

ノマはちいさなはつめいか (講談社の翻訳絵本)はこんな本です

ツイートする