アントワネット わたしのたいせつなさがしもの (講談社の翻訳絵本)

  • 29人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 講談社 (2017年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062831031

アントワネット わたしのたいせつなさがしもの (講談社の翻訳絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アントワネットの名前は、たぶん、マリーアントワネットの名前をもとにつけたのかな?

  • ・他のきょうだいとの比較で、自信をなくしていた犬のアントワネットが活躍するお話。
    ・前作の『ガストン』を読まないと、この犬の家族のことが理解できないのでは。
    ・見やすくセンスのある絵。読み聞かせにも向く。

  • 遅くてもきっと自分の得意なことが見つかるし焦らなくていい
    ひとりひとりが特別なの!

全3件中 1 - 3件を表示

ケリー・ディプッチオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティエリー・ロブ...
ケリー・ディプッ...
ドリュー・デイウ...
ヨシタケ シンス...
オリヴァー ジェ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
tupera t...
クリス ホートン
マック バーネッ...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

アントワネット わたしのたいせつなさがしもの (講談社の翻訳絵本)はこんな本です

アントワネット わたしのたいせつなさがしもの (講談社の翻訳絵本)の作品紹介

ブルドッグ一家のアントワネットには3匹の兄弟がいます。ロッキーはかしこくて、リッキーは足がはやくて、ブルーノは力持ち。でも、アントワネットは、じぶんの得意なことがわかりません。あるとき、なかよしのガストン一家のウッラッラーが、ゆくえふめいになりました。必死で探そうとしたそのとき、アントワネットに、なにかがひらめきました……!
家族のありかたや、「自分」という個性を考えるきっかけになる絵本。

ツイートする