化物語(上) (講談社BOX)

  • 7835人登録
  • 4.12評価
    • (1266)
    • (956)
    • (787)
    • (40)
    • (12)
  • 733レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836029

化物語(上) (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハーレム物のラノベだと思って舐めてかかったら、京極堂シリーズ並の分量と内容(;゚ロ゚)。人間の欲望や業が怪異として現れるっていうこの物語の根幹は、柳田国男、水木しげる以後も半村良、京極夏彦など多くの作家に取り上げられてきたテーマですが、妖怪の属性をそのまま萌え属性に変換してしまうとは!これなら中高生ラノベの読者も、伝奇SFを読んできた中年層にもウケルわけですな。そして巧みな言葉遊び、漢字遊びに浸れば、化物語の世界を堪能できます。アニメがどうもピンとこなかったので、原作に手を出すのをためらってましたが、一冊読んだことで世界観と、感情表現が下手なオタクキャラ達の思いやりと愛情が読み取れましたので、続巻からはどっぷりその世界に浸れそうです。

  • TVアニメから入った人。
    ストーリーや登場人物一人ひとりの個性もそうだけど、
    この言葉遊びが好き。会話はこんなにもふくれあがるのかと思うくらいに、日本語はたくさんあった。

  • シリーズ全部読んでいますが、やはり化物語上下が最高です。
    発売が2006年11月ですか・・・
    戦場ヶ原に激しく惚れてからもう7年も経つのかと思うと感慨深いものがありますね。
    見えざる神の手によって予想外に長く続くシリーズとなっていますが、ぜひとも暦たちには幸せになってもらいたいものです。

  • あの日。この本の発売日。本屋さんで迷って買ってよかったと思う。
    毎巻楽しませてくれる。

  •  再読。

     なんとなく物語シリーズをちゃんと読もうかと思って。化を読んだだけで積んでたので、もっかい頭から。
     まあ言葉のやりとりは面白いな、相変わらず。
     がはらさんと、八九寺ちゃんと駿河ちゃんの話。
     初読時から言ってますが、忍ちゃんが好きです。
     抜粋。

    「言葉の暴力って知ってるか」
    「なら言葉の警察を呼びなさいよ」

     がはらさん、相変わらずで。

  • これを読んだときは驚いた。まるで京極夏彦の憑き物落としシリーズを噛み砕いてライトノベル風味に仕立てたような。現代の怪異を見事に表現していると思った。シャフトとの組み合わせも抜群で、アニメの出来も最高でした。

  • 友達に借りて。話題作なのは知っていたけどあらすじ等は全く知らないまっさらな状態で読みました。面白かったです!
    ボリュームは結構あるんだけどテンポ良くサクサク読めました。
    神原さんが好きです。

  • 一気に読める本。言葉遊びが面白いのと人物の性格が面白い。

  • 読んでるだけで語彙が増えそうです。私は言葉遊び好きなので読んでいて面白かったです。

    キャラの設定も合っているし名前も素晴らしいし素敵です。

  • 西尾維新氏の新境地!
    阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった―!?台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異。

全733件中 1 - 10件を表示

化物語(上) (講談社BOX)のその他の作品

西尾維新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

化物語(上) (講談社BOX)に関連する談話室の質問

化物語(上) (講談社BOX)に関連するまとめ

化物語(上) (講談社BOX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

化物語(上) (講談社BOX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

化物語(上) (講談社BOX)の作品紹介

『怪異』というまか不思議なものと出会ってしまうお話、物語シリーズというものがあります。アニメ化も果たした大人気シリーズの第一作目が『化物語』。

講談社BOXより上下巻で発売された本作は、軽快なノリの掛け合いと言葉遊びだけで話が進んでいくという、ライトノベルの典型的手法を突き詰めたものとなっています。
西尾維新の代表作の一つとなっています。

ツイートする