DDD 1 (講談社BOX)

  • 1711人登録
  • 3.81評価
    • (245)
    • (224)
    • (371)
    • (10)
    • (6)
  • 187レビュー
著者 : 奈須きのこ
制作 : こやまひろかず 
  • 講談社 (2007年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836098

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

DDD 1 (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

  • きのこさんの本ということで購入。
    独特の文章は健在。全体的に暗い雰囲気が続くが、それがいい。
    割と表現がグロい。

  • 鎌倉などを舞台とした作品です。

  • 設定からしてなんという俺得感。相変わらず叙述トリックは多用してるから読みにくいけど面白い

  •  やはり奈須作品は面白い。多くの人の期待を裏切らない良作であろう。『空の境界』は一般人が受け付けにくい硬い文体で自己完結気味なノリが強かったが、本作では文体も柔らかくなりノリも優しくなっている。

     内容は記憶を保てない青年と地下室の悪魔が中心となって「悪魔憑き」と呼ばれる人間が起こす怪事件を追っていく形になっている。個人的には2つ目の「久織伸也」の物語が好み。
     奈須作品を語る上で外せないのは各所に張り巡らされた伏線と複雑な物語だろうか。奈須作品に於いては叙述トリックなどが多く含まれていて初めて読む際は作品の良さの半分も理解できない。2度目、3度目になってようやくそれぞれの描写の意味が判り物語がより楽しめるようになる。ただ、スプラッタシーンや精神的にグロテスクな場面もあるので、そういったものが苦手な人には薦められないかもしれない。

  • ずいぶん昔、読んだ。その時の印象が鮮烈で、また、読みたくなった。古書購入。

  • 再読
    中学生の時に読んでどはまりしました。今読んでも面白い。
    でも人を厨二病に誘う本だよほんと...中学生ににやにやしながら薦めたい。

  • TYPE-MOONのシナリオライター奈須きのこが文芸誌"ファウスト"に連載していた小説。本作で取り扱っているテーマはいろいろと際どいし(関係団体から抗議を受けそうなレベル)、描写もやりたい放題だし、なにより爽快感は皆無です。それでも、この奈須きのこワールドに引きずりこまれてしまいます。とりあえず読者を選ぶ作品です。しかも、間口がとても狭いです。今までに奈須きのこが関わった作品(とくに小説)に触れていないと読み終わるまでが苦行ってレベルかも。もし間違って手にとってしまった人はご愁傷様です。

  • 発売時に読んでいたのだけど、
    久々に読み返してみた。

    やっぱりおもしろい。

    ストーリーやキャラクターの魅力、
    小説ならではのトリック、など、
    おもしろいと思える点はたくさんあるけど、
    僕はやっぱり奈須きのこさんの文体が好き。

    カッコよさと厨二病的な部分のすごいギリギリのところを突いてる文体だと思う。
    人によってはすごい好み分かれそう笑

  • 個人的には、「空の境界」よりもこっち。

    どれもそうなのだけれど、奈須きのこの作品からは、90年代のOVAを観ているような、妙な懐かしさを感じる。

  • 初めて買った講談社BOX。
    買って箱から出したら表紙の角が潰れてPP加工が剥がれてました。
    空の境界と同じように時系列が入れ替わったり叙述トリックがあるけど、相変わらずこなれてない感じ。

  • 再読。
    設定が凄く好み。奈須きのこはやはり中二病患者を惹きつける話を書くのが上手い。

  • 【それは骨の軋む幽(しず)かな夜。花開くような、美しい命の音。
    ――Decoration Disorder Disconnection

    感染者の精神だけでなく肉体をも変貌させる奇病、(アゴニスト)異常症患者――俗に言う“悪魔憑き”が蔓延(はびこ)る世界。

    腕を失った男、石杖所在(アリカ)と、漆黒の義手義足を纏い、天蓋付きのベッドで微睡(まどろ)む迦遼海江の2人が繰り広げる奇妙な“悪魔祓い”とは――!?

    “日常”と“非日常”が溶け合う“たった今”の世界を“奈須きのこ”という稀代の才能が描破する!

    衝撃の“新伝綺”最新章!物語は境界の“向こう側”へ!

    あらすじより】

  • 悔しい。こういうの、めちゃくちゃ好きです。
    叙述トリック(と言うのかな?)ばっかりくどいくらい突っ込んくるし語り口は独特すぎるし、人によっては題材の無神経さに苛々もするだろうし、空の境界に比べると完全に娯楽に徹してる感じで読後には殆ど「何も残らない」のだけれど、なんかもう、そういうのを引いても余りあるくらい面白かった。個人的にはユキオちゃんの話がすごくよかった。ちゃんと最後に救いを用意してくれているあたりもありがたい。

    いつもなら女子力(物理)にわくわくするところなのですが、この作品に限ってはツラヌイさんの普通さに救われた。

  • きのこの文章は秀逸だわ、ホント。
    叙述トリックにまんまと騙されましたよ、ええ。
    最後まで読んでもう一度最初から読みたくなるような、そんな作品でした。

  • 難しいけど読みやすい
    二巻ほすぃ

  • 01/25/2013 読了。

    図書館で気になっていたので。
    『空の境界』シリーズは読んでいたので、
    なんとなくの世界観はわかっていて。
    こっちのが、痛々しい気がしました・・・。

    あ、でも、
    女の人のほうがカッコイイのと怖いのと、は
    同じですね。
    マトさん・・・トーコさんみたいだ、なんて。
    後、想像力が難しい話ですよね。

    続き借りようと思ってるんですが、
    3巻出てないんですよねぇ・・・・。

  • 2012年9月
    2回目
    一冊のうちに同じトリックを使ってくるとは…。
    設定は面白いんだけど、他の作品より単純だからか、あの小難しい漢字の文が少ないのは残念。
    何はともあれ早く続きを笑

  • 奈須きのこ作品、2作目。前作「空の境界」同様、難解なんだけど読みやすい、という不思議な魅力を持つ作品でした♪
    このシリーズは、まだまだ続きそうなので期待してます ^^ 2は、野球に特化しているので、野球というものにまるで興味がない自分としては少し入り込みづらかったですがw それでもついつい引き込まれてしまうストーリーテリングはさすがだな~とw

    この人の作風は、何となくですが “夢枕獏作品の伝奇ものシリーズ” 等の系統を、もちょっと複雑にした感じ (若者向け、というべきだろうかw) じゃなかろうか、と勝手に解釈しています♪
    無類の面白さ、というのは御幣があるかもですが、引き込まれてしまう独特の雰囲気、というのは確実にあると思います♪

  • 途中で読むのをやめてしまった。文章が読み辛く苦痛。
    事象、言葉の揚げ足取りを繰り返すタイプ。
    グロいことが持ち味。設定もおもしろいと思う。

    ついでに字体が見辛い。

  • 数多くの中二病患者を世に送り出している奈須きのこ先生の作品です。
    独特の世界観で繰り広げられる謎解きは、非常に愉快です。
    文章のうねりに気がついたら飲み込まれていて、抜け出せなくなっています。

  • 3巻いつ出るのかな

  • この面白さ、バカにできねえ。

    爽快に騙された!早く3巻以降書いて下さい。

  • 悪魔が憑いた人はさようなら。病院か死か。表紙が病院坂黒猫しか見えない!?

全187件中 1 - 25件を表示

DDD 1 (講談社BOX)に関連する談話室の質問

DDD 1 (講談社BOX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

DDD 1 (講談社BOX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

DDD 1 (講談社BOX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DDD 1 (講談社BOX)の作品紹介

それは骨の軋む幽(しず)かな夜。花開くような、美しい命の音。
――Decoration Disorder Disconnection

感染者の精神だけでなく肉体をも変貌させる奇病、A(アゴニスト)異常症患者――俗に言う“悪魔憑き”が蔓延(はびこ)る世界。左腕を失った男、石杖所在(アリカ)と、漆黒の義手義足を纏い、天蓋付きのベッドで微睡(まどろ)む迦遼海江(カイエ)の2人が繰り広げる奇妙な“悪魔祓い”とは――!?
“日常”と“非日常”が溶け合う“たった今”の世界を“奈須きのこ”という稀代の才能が描破する!

衝撃の“新伝綺”新章!物語は境界の“向こう側”へ!

DDD 1 (講談社BOX)に関連するサイト

ツイートする