刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)

  • 1308人登録
  • 3.73評価
    • (131)
    • (98)
    • (194)
    • (22)
    • (4)
  • 101レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : 竹 
  • 講談社 (2007年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836524

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これぞ最終巻って感じの終わり
    めっちゃかっこいい……!

  • 『刀語 炎刀・銃』作:西尾維新
    初版発行:071203
    発行所 :講談社
    登場人物:家鳴匡綱
         尾張幕府八代目将軍。
    あらすじ:とうとうとがめの素性が否定姫らに知られ、とがめは殺されてしまう。残された七花はーーー
    目次  :序章
         別離
         家鳴匡綱
         城攻
         家鳴将軍家御側人十一人衆
         鑢七花
         終章
    オススメ:切なすぎます。とがめちゃん死んじゃいました。とがめちゃんと七花君のコンビが大好きだったのに………。いつぞやの台詞のコピペがありますよね?彼女の最期の言葉、『そなたに惚れてもいいか?』が切ない。自分を傷つけて、それでも前に進む以外の道を選べないとがめちゃん。七花が一緒にいてきっと救われたところもたくさんあったと思う。あって欲しい。父を殺した人たちを怨んで、七花も殺そうとしていて、死際の『これで、そなたを殺さずに済んだのだから』も印象深い。その後の終焉も物悲しい。とがめを失った七花はこの後尾張城に潜入して、将軍を暗殺しました。枷の外れた七花は邪魔だてする御側人をバッタバッタと切り倒していきます。所有者きどりの一般人なんて取るにたりません。右衛門左衛門に『死ぬためだよ』と言った七花の言葉が悲しい。暗殺を終えて、とがめと戯れにした約束を守って否定姫と二人旅。あの二人の姿がもうないのが寂しい限りです。

  • 泣かなかったけど泣けてもいい作品だようっわーほーうわああ

    とがめも
    七花も
    右衛門左衛門も
    否定姫も
    真庭忍群も

    みんなみーんな
    歴史の一部で
    でもそれはあったかも分からない話で
    でも、それは彼らの歴史で

    なんか凄い

  • 遠距離からの連続精密攻撃を可能にした、飛び道具としての刀 ー 炎刀『銃』。
    【連続性と速射生と精密生】に重きを置いた刀。元相生忍軍所属であり現否定姫の懐刀、左右田右衞門左衛門が所有。
    未来の物である拳銃を思うままに使い、尚且つ元の忍術も混ぜて戦う姿が印象的。

  • アニメで見たときは衝撃でしたが…改めて文章を読んでみると、細かな部分もわかって、こういう展開が正しかったんだなぁ、と思いました。

    物語の主人公たちがいつでも死なずに物語を完成できるわけではない。物語を歴史ととらえるならば、最終的に残った者が主人公であり、その主人公を視点としてうまく物語を繰り出してきたように思えるけれど、本当は一つのストーリーなんかではなく、その都度その都度色んな選択肢をたくさんの登場人物が選択し、うまく対応できた者だけが残っていったという結果なんですよね。だから、志半ばで消えていくものは大勢いるし、今回のとがめもそうだったということ。

    そして七花は、とがめの為でもなく、否定姫の目論見とも関係なく将軍を殺すけれど、結局それで何も変わらなかった、というのがなおよかったです。そんなことで世界は簡単には変わらない。太平の世を作り上げて久しい将軍家なら、後継ぎやら何やら将軍のスペアなんていくらでもいそうだし。
    千年先を予知してそれを改竄しようと様々なことをしてきた四季崎の家が、そんなこともわからなかったというのは不自然ですけれど(笑)

    普通の物語のように、紆余曲折はあったものの最後は目的を果たしてハッピーエンドというよりも、こういう話の方がかえってスッキリすることもあるなぁ、と思いました。それは西尾さんの文章だからでしょうか。
    面白かったです。

  • まず、兎にも角にも完結させたことに対して賛辞を送りたい(結局、『大河ノベル』は初年度の二人しか完結させることはできなかった)。
    刀を探す→戦う→勝って刀を得る、というテンプレートを作っておきながら、そこからうまいこと話をずらしたり、展開を変えたりして、まぁそれでもさすがに若干の中だるみはあったものの、12話書ききったのはすごいと思う。
    んで、最終巻。
    普通の作家だったらなんとしてもとがめは生かしておくだろうなあと思った。締め切りの制約でどうしてもうまい展開が思いつかなかったんだろうかと訝しんでしまうが、まあ戯言シリーズにしろ何にしろ容赦なしにキャラクターを殺してきた西尾維新なので、まあ、こういう展開にもなるのかね、と。やっぱり最後は二人が生き残って旅を続けて欲しかったなぁ、なんて思ってしまう。清涼院流水の方もそうだったけど無理矢理なんとかいい話っぽくまとめてる感は否めないな…。
    でも総じて楽しむことのできる読書だった。
    これ以降他の作家で大河が続いてればもっと面白かったんだけどなあ…。

  • [ 内容 ]
    <1>
    「虚刀流はよ、刀を使わないからこそ強いんだ」
    伝説の刀鍛冶、四季崎記紀(しきざききき)がその人生を賭けて鍛えた12本の“刀”を求め、無刀の剣士・鑢七花(やすりしちか)と美貌の奇策士・とがめが征く!
    刀語(カタナガタリ)、第1話の対戦相手は真庭忍軍十二頭領が1人、真庭蝙蝠!
    衝撃の12ヵ月連続刊行企画“大河ノベル”第1弾!
    西尾維新が挑む時代活劇!
    こんな物語を待っていた!!

    <2>
    無刀の剣士・鑢七花と野心を秘めた謎の奇策士・とがめは、一路、西へ!
    伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本―残る十一本は誰が?
    何処に?
    愛と復讐の旅路に迫る危機また危機!
    刀語、第二話の対戦相手は、因幡砂漠に聳え立つ下酷城・孤高の城主、宇練銀閣。

    <3>
    無刀の剣士・鑢七花と野心を秘めた奇策士・とがめは、出雲の国は三途神社へ辿り着く!伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本―残るは十本!
    “千本で一本”なる千刀・〓(つるぎ)の秘密とは!?
    刀語、第三話の対戦相手は、三途神社を束ねる敦賀迷彩。

    <4>
    “日本最強”の堕剣士・錆白兵から叩きつけられた挑戦状。
    無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、薄刀『針』を所有する錆から、その刀と、日本最強の称号を奪い取ることはできるのか―?
    伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本―残るは九本。
    刀語、第四話の対戦相手は、日本最強の称号をほしいままにする錆白兵。
    衝撃の12カ月連続刊行企画“大河ノベル”第4弾。

    <5>
    薩摩の港町を一手に仕切り、賊刀『鎧』を所有する鎧海賊団船長・校倉必。
    “日本最強”を襲名した無刀の剣士・鑢七花と、変体刀を蒐集する美貌の奇策士・とがめは、“あるもの”を賭けての勝負を校倉から挑まれる―!
    “愛”に戸惑い、苦悩し鈍る七花の剣先―!?
    刀語、第五話の対戦相手は、絶対の防御力を誇る鎧海賊団船長、校倉必。

    <6>
    絶対凍土の地、蝦夷の踊山を彷徨う無刀の剣士・鑢七花と美貌の奇策士・とがめの前に姿を現したのは、天真爛漫な少女、凍空こなゆき―!
    吹きすさぶ豪雪と疾風のなか、七花が絶体絶命の危機に!!
    追い詰められた真庭忍軍の切り札と、とがめを狙う謎の第三勢力の蠢動やいかに!?
    前半戦、まさにここに極まれり。

    <7>
    奇策士とがめと旅を続ける無刀の剣士・鑢七花を襲う、最大・最恐・最悪の試練―。
    刀大仏が鎮座する聖地・清涼院護剣寺で、この世で唯一血を分けた姉との、血で血を洗う死闘!
    悪刀『鐚』を携え、七花の前に立ちはだかる姉に、七花はその剣を振り下ろせるのか―!?
    刀語、第七話の対戦相手は、虚刀流不世出の天才・鑢七実。

    <8>
    姉・七実との死闘を経て、名実共に日本最強となった七花と、伝説の変体刀を七本まで蒐集した奇策士・とがめは江戸の奥地に広がる人外魔境の異界・不要湖へと足を踏み入れる。
    “敵”か、“味方”か!?
    ―とがめたちを揺さぶる監察所総監督・否定姫と、配下の元忍者・左右田右衛門左衛門!そして、残すところ四人!
    真庭忍軍の次の一手とは―!?
    刀語は後半戦に突入!
    目まぐるしく動く因縁の物語!
    刀語、第八話の対戦相手は、不要湖を守護する日和号。

    <9>
    出羽は天童将棋村―。
    無刀の剣士・鑢七花と奇策士・とがめは、王刀『鋸』を振るい、心王一鞘流をたった一人で守る汽口慚愧の道場を訪ねる。
    とがめがめぐらした奇策に、全身全霊で攻め入る汽口!一方で、否定姫配下の元忍者・左右田右衛門左衛門による真庭忍軍への残忍な粛清は静かに続く―!
    刀語、第九話の対戦相手は、心王一鞘流当主、汽口慚愧。

    <10>
    虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめが蒐集する変体刀は、いよいよ十本目。
    対象は誠刀『銓』、所在は陸奥の百刑場。
    そこは、先の大乱を導いたとがめの父・飛騨鷹比等が、七花の父・鑢六枝に斬殺されたという呪われた土地だった。
    いまは何もない原っぱ―百刑場に突如出現した“仙人”は、とがめの心をかき乱し、七花に“意識”の戦いを強いる!
    刀語、第十話の対戦相手は、変幻自在の彼我木輪廻。

    <11>
    伝説の刀蒐集完了まで残りあと二本!!
    毒刀『鍍』を手にした真庭鳳凰は触れるもの全てを斬殺する殺意の化身と化し、真庭忍軍の本拠地“新・真庭の里”に向かう。
    虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめも、鳳凰と刀を追い、伊賀の山中へ!
    血塗れた里にひとり佇む鳳凰から告げられる、“乱世”を貫く壮大な秘密とは―!?
    悲劇の“終局”まで待ったなし!
    刀語、第十一話の対戦相手は、真庭忍軍十二頭領がひとり、真庭鳳凰!。

    <12>
    虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめによる伝説の完成形変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の一本―炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていた―。
    容赦なく、迷いのない“弾丸”に貫かれたとがめを、七花は果たして救うことができるのか―!?
    西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。
    とある歴史の物語―これにて終幕。
    刀語、第十二話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門。

    [ 目次 ]
    <1>


    <2>


    <3>


    <4>


    <5>


    <6>


    <7>


    <8>


    <9>


    <10>


    <11>


    <12>


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめによる伝説の完成形変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の一本―炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていた―。容赦なく、迷いのない“弾丸”に貫かれたとがめを、七花は果たして救うことができるのか―!?西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。とある歴史の物語―これにて終幕。刀語、第十二話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門。
    西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻――いよいよ最終回!

  • この終わり方はないだろ……。
    まにわによりも使い捨てキャラが大量に出てきたことがせめてもの救い。
    でも今までの全部をぶっ壊すならこれまで読んできた意味なんなの?俺たちの旅はこれからなの???

  • めでたし、めでた・・・くねぇ!Σ(゜Д゜lll)
    12冊。読みやすさを主眼においた刀語でした。

全101件中 1 - 10件を表示

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)を本棚に「積読」で登録しているひと

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)の作品紹介

西尾維新×竹が放つ、待ってました!の時代活劇絵巻!
拳銃 vs 無刀

「あんたがいなきゃ、おれなんて――すぐに死んでたよ。すぐに折れて曲がって――錆びて、終わってたよ」
虚刀流・鑢七花と奇策士・とがめによる伝説の完成形変体刀蒐集の旅は、否定姫の腹心・左右田右衛門左衛門の所有する最後の1本――炎刀『銃』を前に、最期にして最悪の試練を迎えていた――。容赦なく、迷いのない“弾丸”に貫かれたとがめを、七花は果たして救うことができるのか――!?西尾維新と竹が描く、時代活劇絵巻。とある歴史の物語――これにて終幕!刀語、第12話の対戦相手は、否定姫腹心にして元忍者、左右田右衛門左衛門!
衝撃の12ヵ月連続刊行企画“大河ノベル”第12弾!

西尾維新が挑む時代活劇!こんな物語を待っていた!!

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)はこんな本です

刀語 第十二話 炎刀・銃 (エントウ・ジュウ) (講談社BOX)のKindle版

ツイートする