偽物語(上) (講談社BOX)

  • 4902人登録
  • 3.85評価
    • (454)
    • (523)
    • (564)
    • (51)
    • (9)
  • 278レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2008年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

偽物語(上) (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

  • 年末年始、アニメがabematvで一挙放送されるということで、久しぶりに「物語」シリーズを読んでみました。

    今回は化物語のその後、阿良々木の妹たち、ファイヤーシスターズのお話。

    やっぱり西尾維新の言葉遊びはすんごいなー、とただただ感心しました。
    どこから浮かんでくるのか凡人にはさっぱりですが、そんなことはどうでもいいことなのでしょう。
    ただただ感心する勇気!

    後半の姉妹たちと阿良々木のぶつかり合いも読みどころなのですが、やはり軽妙な会話劇全開な前半が面白い。
    小生意気な八九寺との掛け合い、千石のかなり際どい暴走、神原の肉体美…いや花札勝負など、盛りだくさん。

    テレビや漫画に勝るとも劣らないエンターテイメント小説が、そこにはあった。

  • かれんビー

    あっさり解決で、ちょっと物足りない。

  • かれんビー 正義ってなに?強さってなに?と思いました

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    “ファイヤーシスターズ”の実戦担当、阿良々木火憐。暦の妹である彼女が対峙する、「化物」ならぬ「偽物」とは!?台湾の気鋭イラストレーターVOFANとのコンビも絶好調!「化物語」の後日談が今始まる―西尾維新ここにあり!これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春は、ほんものになるための戦いだ。

    【キーワード】
    単行本・シリーズ・ファンタジー・ライトノベル


    ++1+2

  • 2016.01.17 読了。


    図書館にて。

  • 「ここはどこ?私は誰?」を「高校はどこ?わたくしりつ?」と脳内変換するなんて流石だ。
    アスタラビスタ。スペイン語で、またいつか。
    好きでい続けるための努力は、これ以上なく誠実。
    プラシーボ効果。

  • 「かれんビー」
    蜂に刺された自称正義の味方。
    さすが兄妹だなと思う所もあったけど、兄よりも妹のほうが少し危機感にかけるような気がする。
    今回は鉢に刺された熱だけで済んだが、今後これ以上の危険に何も考えず突っ込んでいかないか心配だ。

  • 再読ー!
    再読続きだな、最近
    疲れてるのかな?

    正義って言うのは難しいね
    僕も正義ぶりたいタイプだけど、正義ってマイノリティなんだよね
    空気読めよってまわりに思われちゃう
    僕の正義は僕の中で正しくないことをしないさせないだけど
    それってただの我が儘か

    正義ってなんだろうね
    正義とか、美しさとか、正しさとか、優しさとかそういうのって人によって違う
    他人を理由にするのも場合によっては悪くないし
    自分を貫くのにも犠牲が伴ったりする
    理想を追求するには必ず誰かが被害を受ける

    やはり世界は多数決なのかな?
    マイノリティは無視されるんだろうか

    譲り合いなんだろうね
    うまくやっていくには
    譲り合い
    難しいけど、僕には少し我慢が必要な気がする

  • かれんちゃんかーわいー

    まっすぐで強くてちょっとおばかな女の子。可愛すぎる。そして兄ちゃんかっこいいなぁ。

  • 偽物たちの割りかし格好いい台詞回しがポコポコ出てくる、阿良々木兄妹シリーズの上巻。巨大な方の妹、火憐がメイン。

    しかし本物の破壊力はすさまじい。
    偽物よ、どうする。

  • 2014年12月6日読了。
    妹さんの物語、という覚書以外に、とくにコメントはない!

  • 大人気『化物語』シリーズ、待望の最新作! 阿良々木暦の青春は、常に怪異と共にある!?前作からの主要キャラに、今度は暦の二人の妹<ファイヤーシスターズ>が加わって大暴れ!シリーズ待望の最新作!

  • 下巻にまとめて書きますよー

  • 「正義は必ず勝つ」

    自分の意志って何だろうな。
    人のためにを除いて自分がやりたいことを考えたとき。
    私は、きっと何も思いつかないだろう。

  • 化物語の後日譚。

    といっても、妹たちの遭う怪異がメインテーマです。
    しかし、本編キャラが確立しすぎていて、暦がそれぞれのメンバーと絡むは絡むはでストーリーはこじんまりしているのに、そのボリュームはすごいです。
    羽川に続き戦場ヶ原もこれでけりがついたのかな。
    またファイヤーシスターズが兄の秘密を知るのは下巻に続くようです。

  • 化物語の後日譚
    阿良々木暦の大きい妹火憐の物語

  • どうしようもなく偽物。
    正義であるためには強いことが必要。
    それは正論だと思う。
    うーん、でもあんまり面白くはなかったかなー。

  • 冒頭長い(笑) 遊びすぎでしょう。
    いやまぁ、伏線なんですけど、もう作者が本文中(!?)で指摘してるとおり、新規のファン投げ捨てですよ。

    とはいえ、暦の正義論、いいですね。
    その考えのもとで妹たちを偽物だと切って捨てる。

    そして、今思えばこのシリーズ通してなのでしょうが、
    「自分と向き合う」ことに最大の価値を置いているのではないでしょうか。

    自分の気持ちを、誰かに依存させることが、いつか人を傷つける。傷物語から始まったこのシリーズってそういうことなんだと思います。

    バトルシーンは熱い。
    もう、激熱です。

  • それでも、妹達を誇ることができる。
    それは、とても大切なことだと思う。
    あと残り数ページのとき、続くのか、どう展開するのか、いろいろ予想した。結局、その予想は外れた。でも、終わり方には納得した、

  • はじめにくらべると面白さは少し下がったような印象。
    もともと妹萌え的なのは好きじゃないからかなー。
    妹以外の人たちは相変わらず元気そうで何より。

  • 神原かわいい…!

  • 前に読んだ時は監禁された辺りで1度放棄。

    なかなか読む気になれなくてアニメみたらおもしれー貝木めっちゃいいとか思ってまた読み始めた。アニメ頭で再生しながら読めて楽しかった。

全278件中 1 - 25件を表示

偽物語(上) (講談社BOX)に関連する談話室の質問

偽物語(上) (講談社BOX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽物語(上) (講談社BOX)の作品紹介

「200パーセント趣味で書かれた小説です。」――西尾維新

“ファイヤーシスターズ”の実戦担当、阿良々木火憐(あららぎかれん)。暦の妹である彼女が対峙する、「化物」ならぬ「偽物」とは!?

これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春は、ほんものになるための戦いだ。

台湾の気鋭イラストレーターVOFANとのコンビも絶好調!
「化物語」の後日談が今始まる――西尾維新ここにあり!

偽物語(上) (講談社BOX)に関連するサイト

偽物語(上) (講談社BOX)のKindle版

ツイートする