偽物語(下) (講談社BOX)

  • 4631人登録
  • 3.90評価
    • (425)
    • (487)
    • (443)
    • (46)
    • (10)
  • 254レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2009年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062837026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印

偽物語(下) (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

  • 阿良々木暦の妹、ファイヤーシスターズの片われ、月火のお話。

    上巻に引き続き今回も楽しい会話(ギャグパート)が繰り広げられ、今回も最後の方にちらりと怪異が絡んで終わりかなぁ、などと暢気に構えていました、が!
    怪異の専門家 影縫によって物語は急展開を見せ、一気に加速していく。

    ここにきての忍野の存在感、タイトルの意味、おともだちパンチの登場(小ネタですが森見ファンなので)など前巻を上回る、もやもやを解消する充実の内容でした。
    特に、散々理屈を並べても結局は妹大好きな暦。
    主人公はやはりこうでないと(変態なのはご愛嬌)!

    貝木や影縫の登場によって(恐らく「先輩」も)物語はこれからどんどん変化していくのだろうと思わされたのですが、それも含めて続きが楽しみになりました。

  • アニメを何となく見ていたので、誰が何処で出てくるか分かってなかったけど、色々、ここで来るかってのがあって楽しめた。話としては少し小粒。

  • つきひフェニックス

    隠し通せるものなのか。
    托卵、ネガティブなイメージ。

    というか、今まで双子設定じゃなかった?

  • ミスド食べたくなった まさか月日ちゃんが・・・

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    “ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは!?VOFANの“光の魔術”は鮮やかに花開き、西尾維新が今、“物語”を根底から覆えす―これぞ現代の怪異!怪異!怪異!青春は、にせものだけでは終らない。

    【キーワード】
    単行本・シリーズ・ライトノベル・ファンタジー



    ++1+2

  • 2016.01.25 読了。


    図書館にて。

  • 月火の存在を許せるかどうかというのは、倫理観の問題なのでしょうか。

  • 大切なものは目に見えないんだよ。
    正義の敵は、別の正義。
    この2つがこの話の核かなあ。
    この考え方がある時点で性善説なのかも。性悪説に正義なんてあってたまるかって思うし。それぞれの人が、誰かにとって、世界にとって、いいことをしようとすると、そこで価値観がぶつかる。
    妹が世界を滅ぼそうとしたために、その妹を殺そうとする正義と、兄として妹を助ける正義とがぶつかる、そんな感じ。

    ファイアー アイスストーム ダイアキュート ブレインダムド ジュゲム ばよえーん ばたんきゅー

  • 「つきひフェニックス」
    死なない偽物の小さい妹。
    ちょっと本題に入るまでが長かったかなと感じた。
    ただその中に小さな伏線が幾つもあったのは流石だなと思った。

  • 再読ー

    偽物かぁ
    確かに世の中の圧倒的多数は偽物だよね
    ジェネリックって偽物だし、プライベートブランドも偽物だ
    偽物に囲まれて生活してるけど
    偽物に悪意はないんだよね
    骨董品や美術品はともかくさ
    まあレプリカを美術館に置く意味はわかるけど
    善意の偽物に囲まれて僕らは生活してるんだろうね

    偽物=悪ではなく
    偽物は偽物なんだろうね
    使う人の意志次第で善にも悪にもなる

    僕からすると本物ってちょっと怖い
    逃げられないような
    自分が試されるような
    敷居が高い感じ
    本物みたいなで僕は充分なんだろうな

  • 存在そのものが偽物。
    これはジョジョ第五部のジョルノを思わせる設定だ。
    彼は悪の血統を持ち、悪の世界にいながら、正義を貫く。
    彼女は生まれながらに偽物でありながら、本物を志す。

    最終的なゴールこそが唯一の本物であり、そこに至るまでは全て偽物という解釈は、優しすぎる。

  • 2014年12月8日読了。
    ひたぎさんの件が本当なら、残念だと思ってしまう、どうしても。
    そして傷物語の方が先だったのか、と読み忘れてたことに気付いたので今度読む。

  • ふたりめの妹は、世界の終りを宣告する。 「こんな偽物だらけの世界は滅んじゃっていいと思うんだよね、お兄ちゃん」。阿良々木暦の妹・月火が実行する、燃え盛るような正義とは!?『偽物語』堂々完結!

  • 「僕はキメ顔でそう言った」

    本物と偽物、正義と悪。
    どちらが良くて、どちらがだめなんてない。
    価値観の問題なのかな。

  • 化物語の後日譚の後半。

    家族の関係する本物の怪異は切ないですね。
    その衝撃の真実をすべて受け止めて、受け入れて、受け継いで暦は生きていくんですね。
    というシリアスパートはともかく、戦場ヶ原、羽川、神原、千石との絡みがほとんどないのは、最終話としていかがなものか。
    忍は怪異の薀蓄係とバトルパート担当にキャラ変更しているし。
    ただ、貝木の悪キャラ大爆発、余弦と余接という新キャラも濃すぎでいいと思います。
    最終話のくせに、八九寺の別れの挨拶やメメと貝木と余弦の大学のサークルの先輩など伏線がまだまだ張りっぱなしなのもいかがなものか。
    自作も読まずばならなくなってしまいました。

  • 阿良々木姉妹 妹の物語 托卵するホトトギスの怪。
    今回の怪異は基本的には何もしない、ただ人に擬態するって事だけれど、ホトトギスの生態を考えると月火ちゃんが末っ子であることには何か意味があるのだろうか。
    4人兄弟になる可能性を憑かれたことによって失われてしまったとしたら怖い怪異だ…。

  • ギャグパートが長すぎて、もうちょっと早く本題に入りたくなる。それも魅力なんだろうけど。
    こういうキャラものにしては珍しく、キャラクターたちが成長して変わっていくところはいいと思う。
    妹のためなら死ねる、素晴らしい。

  • 前半がなかなか読み進める気になれなかったけど、後半は一気に読めた。
    どこにでもいるドーナツ好きの、マスコットキャラクター、かわいい。ぱないの!
    兄弟っていいよね!!

  • ひたぎさんの様子はわかったのだが、実際の様子が分からない。

  • 例のごとく、冒頭長いですねぇ。
    前回よりはましな感じ。でも内容は全然ましじゃない・・・
    よくアニメ化したな・・・

    基本的に言いたいことは、偽物語の上で言ってしまったっぽいので、あっさりとした内容でした。

    家族だから、守る。みたいな。

    それにしても、
    不死鳥、しでのとり、かっこうで、アララギってね。
    洒落が効きすぎでしょ。最初から考えていたのかな・・・(というか、むしろアララギからフェニックスを発想したのか)

    解説はなかった気がするけど、正岡子規の門下が作った雑誌が「アララギ」ですね。子規はありていに言えば、かっこうの別名みたいなもんですから、ここがつながってます。

  • なんだかいろいろと阿良々木君がおかしい。
    いや、前からおかしかったけど。
    異性の兄弟がいないから阿良々木三兄妹の距離感が普通なのかおかしいのかよくわからないのですが、初期よりめちゃめちゃ仲良しじゃないですかお前ら。
    押し付けられる正義。ぞっとしました。

  • 阿良々木暦の妹、火憐と月火が怪異に巻き込まれる話。

    八九寺との無駄な掛け合いや言葉遊びが相変わらず秀逸。
    ファイヤーシスターズのキャラ付けもところぶっ飛んでてて、これは無いだろと思ってたら、ちゃんとした伏線になってたりしたのは面白かった。

    にしても、妹二人のキャラクターが話を進めるたびに壊れていってる気もする。
    あんなに兄ちゃんラブで、バカな妹だったかな。

  • 義理の妹なんか萌えるだけだろ!でしたっけ?あれは名台詞でした。

  • 阿良々木くんみたいな誇らしい兄ちゃんになりたいなと思いました。

全254件中 1 - 25件を表示

偽物語(下) (講談社BOX)に関連する談話室の質問

偽物語(下) (講談社BOX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽物語(下) (講談社BOX)を本棚に「積読」で登録しているひと

偽物語(下) (講談社BOX)の作品紹介

「200パーセント趣味で書かれた小説です。」――西尾維新

“ファイヤーシスターズ”の参謀担当、阿良々木月火。暦の妹である彼女がその身に取り込んだ、吸血鬼をも凌駕する聖域の怪異とは!?

VOFANの“光の魔術”は鮮やかに花開き、西尾維新が今、<物語>を根底から覆えす――

これぞ現代の怪異!怪異!怪異!
青春は、にせものだけでは終わらない。

偽物語(下) (講談社BOX)に関連するサイト

偽物語(下) (講談社BOX)のKindle版

ツイートする