憑物語

  • 2149人登録
  • 3.49評価
    • (82)
    • (207)
    • (290)
    • (40)
    • (10)
  • 183レビュー
著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2012年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062838122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

憑物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々に面白かった物語でした。いつもどおり本題までが長くて辟易したりもしたけれど、後半部はメインの会話劇を楽しめ、終わりの始まりの巻としての主題も明確になったので満足。会話劇の中で妙にはっとする言葉が多いのは誰にでも言える共通項的なことを言い回しで最もらしく言ってるからかあ、と今更ながら思いました。結局、正弦は本の数ページで塵となったけれど、役を自覚していた者として重要な存在だったように感じます。言わずもがな扇ちゃんも。やはり物語はこうでなくては。次巻楽しみ。

  • 僕はキメ顔でそう言…。
    斧乃木余接と阿良々木暦の巻です。
    最終章の第一弾です。あと二巻で終わるのか…

    お話は…
    暦の姿が鏡に映らなくなった。なぜなのか?
    何かが変化し、それは終わりへとつながっていく。
    「ちゃんとしていない」から気持ち悪いものを正すかのように…

    いつも通り前半は、、、アニメ化できないだろう!!!
    いやアニメ化する時どうなっちゃうんだー!?的な展開が続く、つづくw

    それもこれも含めて中盤から毎度のように物語に引きずり混んでくれる。
    北白蛇神社が舞台になると盛り上がる。

    終章はキャラ総出で締めくくってくれそう。
    回収しきれない伏線はノリだっただけ、とあっさり言われそうだし。月火とかに。

    「終物語・おうぎダーク」扇の黒幕っぷりが潔いよ、愉しいよ。
    「続終物語・こよみブック」書き印されるのか、描き終えるのか。気になる。

    とにかく最後にデレのみな人は誰なんでしょうかね〜

  • 物語シリーズ13作目。
    阿良々木くんの語りの物語。
    前作「恋物語」では意表をつかれたんで、順当ってことかな?

    「恋物語」を読んだのが3月。
    それから半年以上経つので、いつもの(?)
    脱線しまくりの会話劇に慣れるまでにちょっと時間かかった。
    しかし物語が動き出してからは一気読み。

    毎回思いますが、このシリーズ、話が動き出すまでにとんでもなく
    時間かかるけれど、決着部分はあっという間だよね。
    そういう体裁にしてあるのだろうけれど。

    後味悪く終わったかと思いきや、
    デレてるひたぎさんや、最後の思わぬ人物(?)の登場に
    ホッとできたからよかった。
    さて、あと2作物語はどんな結末を迎えるの?

  • “頼むからひと思いに――人思いにやってくれ” 少しずつ、だが確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を精算させられていく阿良々木暦。大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった“見過ごすことのできない”変化とは……。<物語>は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

  • ☆3.5
    阿良々木暦がまた吸血鬼化してきた。まぁ内容のことは置いておくとして、最近やたら文章がラノベラノベしているというか、内容が平坦な割にくどいというか。西尾維新て前からそうだったけど、最近くどさに磨きがかかったような気がする。褒めてないよ。
    アララギ先輩もなんか妹とお風呂入っちゃったりしてるし、あのへんは西尾維新の好み(というか性癖)なのか、購買層の需要を狙ってんのかどっちなんだろう。私は無駄ないちゃラブはいらないと思いまっす!!

  • 大学受験を控えた2月のある日。自らの影の中に吸血鬼擬きの幼女を住まわせている阿良々木暦は、自らの姿が吸血鬼のように鏡に映らないことに気が付く。その状態を解決する方法を求めて、専門家の影縫余弦と斧乃木余接を訪ねる。二人から解決法を聞き、とある決意を固めた矢先、妹たちが何者かに拐われたという知らせを聞いた暦は……というお話。

    話の本筋に入るまでが、相変わらず長かったです(笑)
    阿良々木くん語りに戻っただけもあり、寄り道が本当にすごかったです。面白いのですが、本当に長くて、ちょっと大変でした…(笑)
    でも、セカンドシーズンでヒロインたちが求められた過去の行いに対する代償を、阿良々木くんも求められているところはよかったなぁ…と。
    阿良々木くんが今回きちんと代償を支払ったわけではないので、ファイナルシーズンでどうなるのか楽しみです。

  • 9割足踏み
    話が進まない
    終焉に向かう話らしい
    ところどころわらえるところもある
    がしかし、一気に読むのはきつい

    読み終わったときには話の半分を忘れている

  • 終わりの始まりだそうです。
    阿良々木くんの語り懐かしい!安定感!
    とりあえず、終わりの続きを読む前に、抜けてる話を読もうと思います。
    この話、途中で??になるとこが多すぎた。笑

  • はい,そんなわけで憑物語ですね.

    前半,暦お兄ちゃんが月火ちゃんと一緒にお風呂に入る.
    中学二年生の妹と
    お風呂で全裸で
    髪とか体の洗いっこをする話.

    中盤,暦の体に起きた異変について専門家に相談する話.
    童女とイチャイチャ?

    終盤,忍野扇が仕掛けてきた事件.
    なんだかあっけない感じで.

    戦場ヶ原さんが素敵です.
    というか,いつの間に「こよこよ」だなんて呼ぶようにっ!
    あの頃の
    暦の口の中にホチキスの針を差し込んだ
    戦場ヶ原さんはもう死んでしまったというのか.

    あと2冊ですってよ.
    ホントかよ?
    終わる終わる言いながらも不死身のバケモノのごとく
    不死鳥のごとく蘇ってきたシリーズだぜ?
    本当に終わるのかよ?

  • なんとなんと、物語シリーズ、13冊目らしいですよ!
    刀語り超えたかーーーー。
    なんかだんだん、「本編」短くなってる気がしますが笑

    前作・・・
    前々作くらいかな。
    「前置きが長くなった。さあ、本編を始めよう」
    みたいな文章があって、
    あれは至言だったわー。
    だんだんメタ感も強くなってきてるしね。

    今作も、
    妹とのやり取り長いだろーーーー!!!笑

    本編がおまけのようにすら感じましたが、
    これはこれは、残りの2作への前フリ・・・か?

    なんだかんだ言って大好きなシリーズなので、
    終わってしまうのは寂しいけれど、
    維新なら、次も新しいの出してくれる!
    そう思って楽しみにしてます。

    その前に、2月に「悲鳴伝」の続編「悲痛伝」が発売ですね。
    「悲鳴伝」も良かったので、「悲痛伝」も楽しみだわぁ(o>ω<o)

全183件中 1 - 10件を表示

憑物語に関連する談話室の質問

憑物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

憑物語の作品紹介

“頼むからひと思いに――人思いにやってくれ”

少しずつ、だが確実に「これまで目を瞑ってきたこと」を精算させられていく阿良々木暦。
大学受験も差し迫った2月、ついに彼の身に起こった“見過ごすことのできない”変化とは……。

<物語>は終わりへ向けて、憑かれたように走りはじめる――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

ツイートする