道は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 講談社 (2012年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062853095

道は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学校図書館で目にするシリーズ、正直全く読む気が起こりませんでした。
    よくあるリンクで、読友さんご紹介に背中押され読了。
    「道」ってユニークなテーマだと、着地点がわからないながらも非常に読みやすく興味深い内容。
    昔の道は両側に実のなる木を植えて、旅人が飢えないようにしたとか、犬のお伊勢参りとか…なんて人情豊かな世の中。
    後半以降、現在の車中心社会のあり方に触れていて、着地点が判明しました。
    その範疇だけでなく、著者さん曰く「生きるシリーズ5冊を読破したら、日本が見える」気がします。シリーズ制覇したい。良書でした。

  • ちょっと古いなあと思うのだが、道に関する古今東西の情報が載っていて、中高生の入門書としては最適。
    三国志とか戦国時代の武将とかを覚えることが歴史の勉強と思っている少なくない歴史ファンたちは、こういう「歴史」の叙述方法があることを知ると、また歴史の楽しみ方に変化があるんじゃないかなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

富山和子の作品

道は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)の作品紹介

毎日あたりまえのようにつかっている、道。いったい、いつできたのでしょう?どこまでつながっているのでしょう?並木の道、石の道、塩の道。さまざまな道がもつはたらきをしらべてみると、人間の歴史が見えてきます。これから、どんな道が必要なのかも見えてきます。世の中の見え方が、きっと変わる!名作ノンフイクションの新装版。

道は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

道は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)の新書

道は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)の単行本

ツイートする