お米は生きている (講談社青い鳥文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 講談社 (2013年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062853507

お米は生きている (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日米関係の歴史がわかる子供向けの学習書。日本とお米の関係…。お米を作るために日本の国土は作られた。小学生よ、読め。


     これを読んで上手く要約すれば夏休みの宿題で一つ対策ができる。夏休みの宿題のネタに困っている子はこれを読もう。

全1件中 1 - 1件を表示

お米は生きている (講談社青い鳥文庫)の作品紹介

日本人にとってお米とは、何なのでしょう? お米は、いのちのもとでした。お金のかわりでもありました。財産のかわりでもありました。お米をとる暮らしから、日本の田園風景が生まれました。お米がたくさんとれるよう、神様に祈り、祭りが生まれました。そして、水田は、小さなダムでもありました。水田の水は、ゆっくりと地面にしみこんで地下水となり、やがて下流で川に注ぎこんでいるからです。お米は日本の文化の土台でもあったのです。
 ロングセラーノンフィクション、「生きている」シリーズの第4弾で、産経児童出版文化賞大賞を受賞した作品を、青い鳥文庫に初めて収録。自然や、人間のくらしの見え方がきっと変わる、小中学生から大人まで、必読の1冊!

お米は生きている (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

お米は生きている (講談社青い鳥文庫)の単行本

ツイートする