怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)

  • 36人登録
  • 4.11評価
    • (3)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 江戸川乱歩
  • 講談社 (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062853521

怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日本中の美術品を次々と奪い去る、変装の名人である怪人二十面相と、世紀の大探偵明智小五郎が繰り広げる知恵と知恵との戦い。
    助手の小林芳雄少年をはじめとした少年探偵団とともに、明智小五郎はこの怪人を捕まえることができるのか?
    二転三転する物語に、夢中になること間違いなしの探偵小説。

    ***

    最後の明智小五郎と小林少年の仲の良さがかわいすぎました。
    てっきりひとつの事件についてじっくりやるのかと思ってましたが、実際には一つの事件が終わったらまたすぐ次の事件……と、この一冊だけで3件くらい事件あったのですごいテンポ速いな〜と思いました。逆にこういうところが飽きなくて、人気があるのかな?

    二十面相は勝手にもっと紳士だと思っていたのでイメージと違いましたが、これはこれでアリ!という感じでした。結構抜けてるところがあるんですね。

    だいぶ巻数出ていて読むのは大変そうですが、一巻ごとに区切りがつくようなので第1巻さえ読めばあとは何巻から読んでも大丈夫そうですね。

    探偵小説は普段読まないのですが、謎解きを楽しむというよりはキャラクター達を楽しむといった感じだなと思いました。

  • 明智小五郎が不可能な任務をやり遂げたことがすごかったです。

  • 明智たんてい、やられたと思ったらやられてなかった!すっごい!

全4件中 1 - 4件を表示

怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)の作品紹介

●20もの異なった顔を持つ変装の天才が、連日新聞記事を賑わし、東京中の話題となっていた。その人物は年齢性別に関係なくどんな人間にでもなりすますことができ、誰も本当の顔を誰も見たことがないために怪人二十面相と言われているのだが、宝石や美術品といった高価で美しいものばかりを盗みまくっているのだった。事前に犯行を予告しておいて、狙ったものを見事に奪い去っていくという大胆さが、人々に驚きを与え、恐怖をあおり立てているのである。警察でさえも捕まえることができないでいるこの怪盗が新たに目をつけたのが国立博物館所蔵の美術品だった。しかも予告文には一つ残らず奪ってみせると書かれている。こうなると、頼れるのはもはや日本一の名探偵明智小五郎をおいて他にない。明智の助手をつとめる小林少年と少年探偵団の面々も縦横無尽の働きを見せる。こうして悪と正義の火花を散らす戦いが始まった!

怪人二十面相 (新装版) (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

ツイートする