海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)

  • 11人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 手塚 治虫 
  • 講談社 (2016年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062855914

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • エンジェル島で再会を果たしたルーナ、ソレイユ姫、ノア、海
    祈祷師ピューマと最後の戦いに挑む

    ルーナの前にあらわれた少年ピレーネはだれなのか
    すべてを支配しようとするピューマに隠された秘密とは
    海の神が予告するエンジェル島の運命やいかに

    手塚治虫『エンゼルの丘』が現代によみがえるシリーズ5作目は最終巻

全1件中 1 - 1件を表示

海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)の作品紹介

祈祷師・ピューマに追われたルーナは、海の中で出会ったピレーネという少年にみちびかれて、エンジェル島に戻ってきた。いっぽう、悪者たちに誘拐されたノアも、兄の海とともにふたたびエンジェル島に上陸する。
めざす天使の丘では祭祀がおこなわれていて、生け贄の祭壇の前には、ソレイユ姫の姿があった!
邪悪な心をもつピューマをたおし、エンジェル島の人々を救うため、ルーナたちは最後の戦いに挑む--。
スリルと冒険にみちたファンタジー・シリーズ、感動の最終巻!

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

海色のANGEL 5 最後の日 (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする