氷の上のプリンセス シンデレラの願い (講談社青い鳥文庫)

  • 13人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 風野潮 Nardack
  • 講談社 (2017年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062856072

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

氷の上のプリンセス シンデレラの願い (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2学期の中間テストをのりきり
    全日本ノービスが開かれる仙台にむかった春野かすみ

    なくなったパパのふるさとでシンデレラを演技し
    3位以内に入って全日本ジュニア出場をめざす

    なかよしでありライバルでもある真子、美桜、フローラと離れ
    本番を前にふだんとようすが違う優羽が気になり追っていくと...

    ──だいじょうぶ。きっとできる。自分を信じて!──

    “夢と勇気がもらえるフィギュアスケート物語”
    青い鳥文庫の人気シリーズ“氷プリ”の9作目
    サイトではシリーズ紹介のアニメ動画を公開中

全1件中 1 - 1件を表示

氷の上のプリンセス シンデレラの願い (講談社青い鳥文庫)の作品紹介

中間テストで無理しすぎて熱を出し、倒れてしまったかすみ。カナダにスケート留学中の瀬賀君から「無理しすぎるな。」とぶっきらぼうだけど心のこもった声がとどく。
秋が深まり、大会に参加するため、かすみはお母さんと一緒に仙台に向かう。仙台には先祖代々のお墓があり、なくなったお父さんもここに供養してもらうことになる。するとそこに不思議な女の子が現れて…。
シンデレラが魔法つかいのおばあさんに出会い、舞踏会に行けたように、だれにも見守ってくれている何かがいてくれる。その美しい存在にかすみは気がつく。
一方、全日本ジュニアへの切符を勝ち取ろうと、だれもが上位目指して試合の日をむかえるが、仙台の選手・優羽のようすがどこかおかしい。かすみは、優羽が体調をくずしていることに気がつく。地元での大会にどうしても出場したいと無理をしようとする優羽を説得するかすみだが……。

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

氷の上のプリンセス シンデレラの願い (講談社青い鳥文庫)のKindle版

ツイートする