帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))

  • 98人登録
  • 3.61評価
    • (9)
    • (14)
    • (24)
    • (2)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 鳩かなこ
制作 : 今 市子 
  • 講談社 (2007年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062865050

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))の感想・レビュー・書評

  • 鳩さん、初読み。最近の新刊が評判で新人さんだと思ってたのですが、もうずっと前にデビューしていたのですね。こちらがそのデビュー作。
    書かれているのは大正時代の帝都に生きる青年二人が結ばれるまでのその長い半生。これがすごく良かったです。
    登場人物の心理描写も丁寧で、なおかつ時代小説としての体もきちんと成している。それらが独特の空気感を醸し物語を作っているといっても過言ではなくこんなに完成度の高いBLは初めてだと思いました。その上ちゃんと萌えもあったし。
    言葉遣いや表現など、ラノベとしてのBLに慣れている層には敷居がほんの少し高いかもしれません。ですが小説もBLも好きな人にはぜひ読んで欲しいお話です。

  •  大正時代の帝都を舞台とする編集者×詩人の大正浪漫BLってところでしょうか。このジャンルではやや異質な印象を与える、漢字が多めの回りくどい文体。BLというよりはJUNE系のいわゆる耽美小説だからでしょうか。巧いんだか巧くないんだかと少し複雑な気持ちになりましたが、ところどころ見るべき表現はあると思う。故・栗本女史は絶賛したらしいですが、まあ悪くはない。
     主人公の詩人、石木琢馬って字面から言っても啄木をモデルにしてるんでしょうね。続きを読むか否かは、今のところ微妙です。時間があれば……という程度。
    ※ちなみにブクログさんからいただいたクーポンでhontoの電書版を購入。

  • 大正浪漫BL

    苦学生で親友でどこか幼い死掛けの妻を持っている琢馬に恋愛感情を抱くぼんぼんで白皙で冷静沈着な京介
    成人しても詩人と文学雑誌の編集者として共に居る2人
    でも妻が死に、やけくそになった琢馬に京介は――

    甘酸っぱい、切ない、妖艶且つ純情
    BLの素晴らしい所をここぞとばかりに詰め込んだ小説です

  • たまに 無性にBL小説を読んでみたくなります。

    …ラブシーンながっ!!

  • 不思議な文体だったけど…たまにはこういうのもいいかなー栗本薫推薦の意味がよく分かった。そっくりだった。
    ねっとりとしていながらも哀愁漂う…素敵な世界観です。

  • 初!ベーコンレタス!!

    そこまでディープではない…筈。
    文体が美しいが、若干回りくどいかしら。
    今後が楽しみな作家さんであります。
    報われてない春洋さんが好き。

  • 2009年2月11日

  • 08/6/10
    編集者×詩人。
    大正辺りの時代背景は大好物だし、文章もしっとりしていて好みだったのですが、
    受が健気でいじらしく慕っているという設定が好きなので、いまいち共感できず消化不良です。
    濡れ場はじっとりと濃厚な雰囲気がとても好きでした。
    攻の兄と秘書(?)の話が読みたいです。

  • 大正時代もの。イラスト今市子さん。ってきたら買うでしょう!!個人的にはもっと耽美でもよかったかな、と思いますがこれはこれでいいと思います。今作での脇役、春洋さんがメインの「帝都万華鏡」第二弾も楽しみです。

  • 大正浪漫たっぷりなのはいいんだけど、メインの二人がどうも好きになれず…。脇役の方が好き。特に梔子の香りがするというあの人。体臭が梔子って…甘すぎ(笑)

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/406286505X%3ftag=ieiriblog-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫 はG- 1 ホワイトハート)</a></div><div class="booklog-pub">鳩 かなこ, 今 市子 / 講談社(2007/12/03)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:1205位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/406286505X%3ftag=ieiriblog-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/406286505X/via=mikan12az" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全14件中 1 - 14件を表示

鳩かなこの作品一覧

鳩かなこの作品ランキング・新刊情報

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))の作品紹介

舞台は大正に元号が変わった頃の帝都。給費生として一高に入学した石木琢馬は、桜の下で出逢った美しい青年-高市京介に、かつてない感情を抱いていた。放課後、自作の詩をしたためた雑記帳を忘れてきた琢馬は、あわてて教室に駆け戻る。そこで雑記帳を読んでいたのは、あの京介だった-。やがて詩人と編集者となる二人の関係を、濃艶かつエロティックな文体で描いた異色のデビュー作。栗本薫氏、大絶賛。

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))はこんな本です

帝都万華鏡 桜の頃を過ぎても (講談社X文庫ホワイトハート(BL))のKindle版

ツイートする