カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)

  • 10人登録
  • 1.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : ぽぺち
制作 : Laruha 
  • 講談社 (2009年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062865968

カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

  • 相変わらずひどい文章力で、何がしたいのかよくわからない。
    とりあえず、読むに耐えないとかこれ以上無理というほどのひどさではないので、今後に期待ってところで出してもらっているのかも。

    異世界ファンタジーなのかしらんが、貴族だの王族だの出してその権力がどうのと書いてあるわりに、コソ泥VS王弟の裁判とかそれを連日報道する新聞とか変なところで現代的なのが違和感ありあり。

    昔、挿絵がよかったら本が売れるとあとがきで断言した作家がコバルト文庫にいましたけど、これもそのタイプなんだろうな。

全1件中 1 - 1件を表示

カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)の作品紹介

ついこのあいだまで、大国アースガルドで盗みをはたらきながら細々と暮らしていたこそ泥・カンダタ。しかし行き掛かり上、あのもが魅了される美少年剣士イヴァンを誘拐して逮捕され、一躍有名人に。そして、処刑を控えた公開裁判が行われるが、相手はこの国の皇太子。カンダタに勝ち目はあるのか!?たちまち話題となったホワイトハート新人賞受賞作、待望のシリーズ第二弾。ダメおやじと美少年剣士の心温まるファンタジー。

カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)はこんな本です

カンダタ、審判の刻 (講談社X文庫ホワイトハート)のKindle版

ツイートする