身代わりウェディング (講談社X文庫)

  • 23人登録
  • 2.91評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 里崎雅
制作 : 香坂 ゆう 
  • 講談社 (2012年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062867443

身代わりウェディング (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

  • 設定の稚拙さは、こんなもんかなで済ませられる程度。官能系乙女ノベルってそういうものだし。萌えればいいのよ萌えれば。
    しかし、萌えないんだよ……コレ。
    話としては普通にそこそこ萌えられる。設定に突っ込んではいけない。
    でも、モノクロの挿絵が……どうなのこれは。表紙と別人すぎるヒーローww 誰おま。ってか、この方、こんなにモノクロ下手くそだったかしら? と思ったんだけど。
    素敵表紙にプラス1点でこの評価。

  • なんかお姉さんの性格がいまいち好きじゃなかったなぁ。自意識過剰?
    誤解が結構長く引きずられていた。

  • 設定に惹かれて読んではみたものの、
    先の読める展開の上キャラにあまり魅力を感じなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

身代わりウェディング (講談社X文庫)の作品紹介

男子禁制の花嫁学校に通う貴族令嬢のアイリスが命じられたのは、行方不明の姉の代わりに隣国の宰相の息子レミオールと政略結婚することだった。性急な婚儀の後、アイリスの身体を思うがままに弄ぶレミオール。両手を拘束されて愛撫され、舌を熱く搦めとられ…身代わりでしかないという切ない思いを抱きながらも、アイリスは淫らな快感に翻弄され、心も身体もレミオールに囚われていく。

身代わりウェディング (講談社X文庫)はこんな本です

身代わりウェディング (講談社X文庫)のKindle版

ツイートする