龍の愛人、Dr.の仲人 (講談社X文庫)

  • 59人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (2)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 樹生かなめ
制作 : 奈良 千春 
  • 講談社 (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062867818

龍の愛人、Dr.の仲人 (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ウラジーミル×藤堂みたさに逆走中。
    氷川からみた2人がどうやってもカップルに見えず、萌えはげた。

    というか久しぶりに読んだら、リキに片想いしている警察とかお兄ちゃん再登場とか、私はどこまで逆走せにゃならんのだ?

    次巻、藤堂の花嫁修行予告。早く読ませてください。

  • 前回で一応京子のことが片付いたと思ったら、その時に起こってたゴタゴタや、桐嶋に藤堂やウラジーミルが絡んで展開がしっちゃかめっちゃかでわけがわからなかった(汗笑)結局は先生の核弾頭で収まるっていうね(笑)毎度思うけど、めっちゃ読みづらい~;;文章が独特すぎて全然進まなくてしんどかった(苦笑)最近すごい読むの疲れます…。

  • 謎だったタイトルの意味がラストでようやくわかってソコなの!?と驚いた。
    すっ頓狂な先生は相変わらずですが唐辛子でパワーアップしてます。
    しかし眞鍋組の面子が不死身過ぎてコワイw
    藤堂が何を考えてるのかどうなるのか、続きが気になります。
    今回も大変面白かった!

全3件中 1 - 3件を表示

樹生かなめの作品

龍の愛人、Dr.の仲人 (講談社X文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

龍の愛人、Dr.の仲人 (講談社X文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

龍の愛人、Dr.の仲人 (講談社X文庫)の作品紹介

美貌の内科医・氷川諒一の恋人は、指定暴力団眞鍋組の組長・橘高清和だ。組長の座を賭けた戦いは清和の勝利で終わったものの、元通りの生活とはいかなくてーー!?
「僕の命は清和くん次第だよ」
眞鍋組二代目組長・橘高清和の姐である氷川は、和病院に勤める美貌の内科医だ。眞鍋組の跡目争いも決着がつき、普段通りの生活を送ろうとする氷川を待
ち受けていたのは、思いがけない男たちだった!白百合だらけの部屋にチョコレートのお城、それに清和の天敵・藤堂に、藤堂の恋人、そして偽物の清和の登場と、ますます恋と闘いのカオスは深まって!?

ツイートする