ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)

  • 150人登録
  • 3.80評価
    • (10)
    • (16)
    • (11)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 犬飼のの
制作 : 彩 
  • 講談社 (2014年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062868150

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直、ハマっております。好みの“萌え”シチュエーション、アイテムがぎゅぎゅぎゅっとつまっている作品です。
    シリーズ2作目となる今回は登場人物も増えて、複雑怪奇なストーリーに、より厚みが増してきました。

    何と言ってもビジュアル的にやられてしまったんですよね。絵師の彩センセの表現力がまた素晴らしく、魅せられます。
    ストーリーも、ちょっと厨二ちっくな非現実的で仰々しい壮大な世界観が隙なくしっかり構築されていて、思わず浸りきってしまいます。

    特権階級とか、学園内のヒエラルキーとか、少年たちが渇望し手に入れようとしているものの正体が醜悪であるということが次第に明白になってきたところ。
    その渦中に巻き込まれた薔が、危機をどう切り抜けていくのかというのが見どころです。
    ハラハラしました…!心臓に悪い展開でした。
    椿姫の真意が見えなくて、どう受け止めればいいのか謎なところも怖いけどまたときめく?というか。
    椿姫の色香がたまりません。
    椿姫のこれまでを想像すると、もう切なすぎてエロすぎてジタバタしてしまいます…
    剣蘭に椿姫のことをもっと大切にしろと叱責する常盤も、目の前のラブしか見えていない様子で、腹が立つというよりは呆れるほど薔にメロメロでもう好きにしてくださいというかんじですね~

    常盤はどうやら薔しか見えてない!ようですね。
    そこ1点だけ、長たるものとしてらしくなくて完璧じゃないのがかえってキュンとさせられます。愛する者をとことん守り抜こうという迫力はすごくステキ。
    薔もはねっかえりで素直じゃないところがカワイイですね。ただ従順についていくタイプじゃないのがいいです。
    まだまだ謎が小出し状態で話は動き出したところ、という状況ですね。
    番外ショート「微睡」は、甘く切ない降龍の儀の翌朝の話。絡みもしっかり。将来に思いを馳せる薔の気持ちにきゅんときます。
    続きが楽しみです。

  • 学園物と隠れた恋愛事情.その裏にいろいろ暗躍する影がちらついてとても気になる.

  • シリーズ2作目。 読めば読むほど謎が深まるばかりなんだけどそこが面白くてまたまた一気読み。今作は薔の覚悟が試される1冊だったかなーと。 薔にとっては辛い事ばかりだったろうけどそれと同じくらいに常盤も辛かっただろうな。 そして、何かを企んでるであろう椿姫が気になるし怖い存在でもある。 常盤と薔の二人にはまだまだ試練が待ち受けてるんだろうな〜と思わせる2作目でした。

  • 常盤と薔が気持ちを通じ合った当初は、え、え、兄弟で…!?と若干モヤモヤしたものですが、そこはちゃんと血のつながりがないということがわかってほっと一息。まあ、精神的には超ブラコンなのは変わりないけれど、やはりそこまでのタブーはなくてよかった。
    薔は少年らしい未熟さでぐるぐる悩んだり間違ったりするんだけど、それも可愛らしく見えてしまうから不思議!イラストも素敵なので、常盤と薔の絡みは見ていて本当にドキドキしてしまう…。
    ストーリーも良く練られていて、次々と来る困難に先が読めない。いい小説を読ませてもらってるなぁって感じ。

  • 今回も面白かった!
    常盤と薔のイチャイチャは少ない感じがしたけれど、常盤の薔を守るための決意の固さを薔が知ることで、少しずづ薔が成長していっている感じがいい。
    このお話の世界は、特殊に閉ざされた世界だと思うのですが、(読者の私からみたら不遇な環境だなとか思ってしまう)ここから二人がどんな結末を迎えるのか楽しみです。

  • 少しずつ色々な思惑が動いているがまだ序章的な感じが・・・ 常磐と薔のあまあま最高だね!

  • このファンタジー設定も萌えるけど、なによりこの兄弟設定がイイ!(^∇^)普段ストイックな兄・常磐様のデレと執着具合がたまらん=3=3
    今のところ椿姫が一番気になるっ早く続きをば!

  • はぁぁぁ…めくるめく萌えと美麗絵にため息。今巻も面白かった。前作同様冒頭のイラスト付き登場人物紹介のお世話に多々なりましたが(苦笑)、中盤からはしっかり名前と顔が一致して話の流れをドキドキしながら楽しめました。テンプレBLにない新鮮さがたまらない(テンプレでも萌えれるけどね)。猿ぐつわ(イラストは布)はめられて涙を流す美しい薔の表情は衝撃的で秀逸でした(あとで安堵したから言えるんだけど)。次もお早めに願います。

  • あー、読んでいてドキドキした。読む前も、ぱら見したら不穏なイラストだったから心配だったわー。てっきり楓雅さまってナイスガイだけど当て馬かませ犬的キャラだと思っていたらまぁ!今後も話の展開に大きく絡んできそうじゃない?一体何があるんでしょ?剣蘭といい実は1巻の儀式の水面下でいろいろ動いていたのねー。もうみんな要領良く腹芸で修羅場潜ってるんだから薔もイイ子ちゃんぶってないでしたたかになりなさいよ。ところで、世の権力者・富豪の中には女だって居るはずなのに、神子にお願いできるのはやっぱ男性だけなの?

全9件中 1 - 9件を表示

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)の作品紹介

龍神の寵を受けて神子になった薔は、その事実を隠して陰神子として生きる道を選ぶ。恋人の常盤と過ごせる儀式の夜を心待ちにするが、謀略により追い詰められて!?

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)はこんな本です

ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事 (講談社X文庫)のKindle版

ツイートする