ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)

  • 14人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 市川しんす
制作 : Quin Rose  Quin Rose 
  • 講談社 (2014年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062868167

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)の感想・レビュー・書評

  • アリスシリーズ。新しい作者で第2弾。

    ハートの国でエースがメイン。
    エースがきて双子が喜び、ナイトメアの口調が変。加えてみんな説明的。
    ノベライズでキャラが掴めてないのは致命的じゃないか……?

    何よりもアリス!
    冒頭でアリスが森の景色が素敵って言いながら散策してる。
    乙女ちっくじゃね? もっと卑屈になっていいんだよ!?
    ペーターに抱きつかれて悲鳴? アリスさんなら拳でしょ!?

    根暗で面倒なのに、なんか気になる。放っておけない。
    それがアリスなのに。そんなウジウジしたアリスが1番好きなのに……って私はエースかw
    正直、私の知ってるアリスさんはもっと残念可愛い子です。何よりもそこが受け入れられなかったなぁ。
    絵はとても素敵でした。

全1件中 1 - 1件を表示

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)を本棚に登録しているひと

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)の作品紹介

うららかな日曜日の午後のこと。アリス=リデルはウサギ耳を生やした怪しい男に拉致されてしまう。連れてこられたのは、銃弾飛び交う危険な世界「ハートの国」。もとの世界に戻りたいと思いながらもこの世界にだいぶ慣れ、住人たちとも仲良くなっていた。いつもように斬首好きの女王ビバルディの処刑現場を見て落ち込むアリスは、城内で焚き火をするエースに野草茶をもらってなぐさめられる。爽やかだがどこかつかみどころのないこの騎士は、 この国一の凄腕だという。だがアリスにはピンとこない。そしてエースにもらった野草茶がきっかけで、アリスを危険な冒険をするハメに……!?

ハートの国のアリス ~迷える恋の冒険~ (講談社X文庫)はこんな本です

ツイートする