算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)

  • 26人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 講談社 (2014年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062870009

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
岡田 潤
佐々木 圭一
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印

算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)の感想・レビュー・書評

全3件中 1 - 3件を表示

算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)を本棚に「積読」で登録しているひと

算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)の作品紹介

世の中には「算数なんか嫌い!数学を勉強する意味がわからない、足し算引き算ができれば、生きていける」そんな風に思っている子どもと、そのまま大きくなってしまった大人がたくさんいます。
算数が苦手だと、自分は頭が悪いと思ってしまったり先生や親にもそう思われて一生ソンをすることも・・・。でも、そんなあなたは、本当に算数が出来ない子、なのでしょうか?
算数が苦手な人のほとんどは、実は算数の意味がわかっていないから、その楽しさがわかっていないのです。
著者の芳沢先生自身も子どもの頃は、計算は遅くてミスばかり、かけ算の意味がわからず、文章題はちんぷんかんぷんでテストは0点・・・・・・そんな子どもがある時から算数の楽しさがわかって、数学者になれたのです。
本書では、特に算数につまづきやすい、小学校高学年から中学一年くらいの算数・数学の基本を「なぜこの考え方が必要なのか」「どうしたら出来るようになるか」の二方向から教えてくれます。
全国学力テストの分析、現場の教員や大学生への指導、小・中・高校への出前授業、などの経験から、多くの子どもたちがわからないと思っているポイントに焦点をあて、興味をもたれた楽しい例を交えてやさしい言葉使いで解説します。
子どもが算数を好きになるきっかけがたくさん散りばめられた一冊です。

【内容】
1章 「算数・数学」ってそもそも何?
2章 「計算」が得意、にゆっくりなろう
3章 「文章題」は面白い!
4章 「図形」はセンスを身につけよう
5章 「グラフ」って便利!

算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)はこんな本です

算数が好きになる本 算数を学ぶ意味と方法がわかる (世の中への扉)のKindle版

ツイートする