みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)

  • 31人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 飯田守
  • 講談社 (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062870054

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
スティーヴン ホ...
ドリュー・デイウ...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)の感想・レビュー・書評

  • 子供の本と侮ってはいけない。すごく面白かった。ドクターイエローの車両の秘密、また普段あまりスポットライトを浴びることの少ない保線や電気の担当者の言葉がたくさん盛り込まれていて、新幹線の安全性の高さと、働く人々の誇りをわかりやすい言葉で確かに伝えている。実際にドクターイエローに乗車してたくさんの人の言葉を聞くという綿密な取材と、著者の人柄がにじみ出る優しい文体が相まって心温まる一冊になっている。

    文中にときどきある、「これはなんだろう?」というちょっとした疑問は、敢えてその場では解決されず、伏線として後できちんと回収され解決されている。子供が「先を読みたい」と思う気持ちがふくらむ構成になっている上に、読後にモヤモヤが残らない。構成がしっかりしててすごいなぁと思っていたら、著者がライター/編集者の方だそう。さすがです。私もこんな本を作ってみたい。

  • 児童書だけど、鉄道ファンの大人も楽しめる。

  • 2017年5月8日読了。予防点検用の黄色い新幹線、ドクターイエローの秘密を取材した本。子ども向けに漢字には振り仮名が振られたやさしい内容の本だが、なかなか読み応えがあった。特に、1960年代に初めて新幹線が走り出してから今まで脱線などの重大事故は1件も発生していない、という事実はすごい。症状が出て対処するのではなく、ドクターイエローにあるように常時点検を行い、予め定めた閾値を超えたものについて警告をあげ、早めに交換を行う対応が重要で、それが「品質」なんだよなあ…。

  • 東海道、山陽新幹線の線路や電線などをチェックするドクターイエローが、どんなふうにチェックするのかと、ドクターイエローからの情報をもとに、電線や線路をなおす人たちのことが、くわしく書いてあります。

  •  「世の中への扉」という小学生向きのノンフィクションシリーズの1冊。
     ドクターイエローに関するデータや,著者の飯田さんがドクターイエローに乗車して取材したことなどが書かれています。
     小学校3~4年生程度から読めると思いますが,興味があればもっと低い学年でも読むと思います。電車好きの子にはたまらない1冊。

     ドクターどうしてドクターイエローはなかなか見ることができないのか,イエローがなぜ生まれたのか,ドクターイエローの仕事は何かを子どもにも分かりやすく説明しています。
     特に,ドクターイエローの仕事について,くわしく書かれていて,東海道・山陽新幹線にとってはなくてはならない存在だというのがわかります。

全5件中 1 - 5件を表示

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)を本棚に「積読」で登録しているひと

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)の作品紹介

2014年10月、東海道新幹線は開業50周年を迎えますが、まさにその節目のタイミングで、子どもたちに大人気の「新幹線のお医者さん=ドクターイエロー」のすべてがわかる本を、鉄道ファンの少年少女に贈ります。(小学中、上級以上向け)

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)はこんな本です

みんな知りたい! ドクターイエローのひみつ (世の中への扉)のKindle版

ツイートする