学校は誰のものか──学習者主権をめざして (講談社現代新書)

  • 40人登録
  • 3.08評価
    • (2)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 戸田忠雄
  • 講談社 (2007年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062879095

学校は誰のものか──学習者主権をめざして (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • あはは、こりゃひどいや。

  • 【学校は誰のものか】 戸田忠雄さん

    学校という閉鎖された特殊な社会の中での
    常識と世間での常識の隔たりや教育者のための
    学校規定など、疑問点、矛盾点を指摘されています。



    教育委員会をテーマにした小説が読みたいと
    思って質問し、教えていただいた作品。

    小説ではありませんでしたが、それは教えて
    いただいた段階で聞いていました。

    学校の特殊性が際立たされて書かれていますが
    理解不能な部分、共感できない部分も多々ありました。

    教育に携わっている人や、子供を学校に通わせて
    いる親が読むと、また違った感想が出てくるのかも
    わかりません。

     

  • 〈図書館で借りた〉

    上辺だけのお利口さんな意見が書かれているわけではないので、面白かった。

    ウエの方の悪口言っちゃう前に、誰かがどす黒い世界を引き受けてくれるおかげで子どもと教室で関われているということに感謝する気持ちを忘れちゃいけない。

  • 現在の教育問題について扱っているものではこれが最良の書ではないかと思う。実態についても詳しく記述した上で遠慮なく批判してくれ、しかも提言も論理的でビシッとしまっている。
    ただ、全国の親御さん達がこういう本を読んでキチンと理論武装した上で学校に文句言ったとしても、モンスターペアレントとかいって鼻であしらわれちゃったりするんだろうなぁ…。あの風潮何とかならんか本当。


    777円。

  • 公立の高校の教師、校長、塾の経営者をへた著者が、学校の教育論について書いている。
    ゆとり教育や教育委員会制度、日教組への批判も書かれているが、基本的なスタンスとしては学校は学習者、つまり生徒のためにあるということを述べており、そのためにいろいろな立場の人がどうあるべきか述べられている。

  • 「学習者のためのもの」と信じて仕事をしているつもりですが、世の中では必ずしもそうはとらえられていないようなのが悲しいです。

全7件中 1 - 7件を表示

学校は誰のものか──学習者主権をめざして (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

学校は誰のものか──学習者主権をめざして (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

学校は誰のものか──学習者主権をめざして (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

学校は誰のものか──学習者主権をめざして (講談社現代新書)はこんな本です

ツイートする