早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)

  • 139人登録
  • 2.94評価
    • (2)
    • (5)
    • (34)
    • (10)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 橘木俊詔
  • 講談社 (2008年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062879583

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 自分が所属している大学、そして常に比較される両校の足跡を追うことが出来て面白かった。
    耳に痛い指摘も少々ありはしたが、やはり早慶両校に入学して4年間学ぶ意義を強く感じた。これからの大学全入時代に際してどのような方向性を示すのか、国内だけでなく世界水準の大学を目指すには…など、本書に示されている課題は在校生として非常に関心は高い。
    創設者の建学精神を受け継ぎながらも、時代に即した対応をしてより一層の発展をしてくれたら嬉しい。大学の発展に寄与できる校友であり続けたいと願わずにはいられなかった。

  • 学歴論争に必携! というのは冗談で、両校の歴史やその構造・影響について書かれた本。関西人の自分には豆知識がふんだんな軽い読み物でした。
    蛇足:どちらかといううと、本書の内容よりも、これを読んだOBや現役生、職員の感想が気になります。

  • 小樽商科大卒の筆者が語る早慶を通して、現代の大学の縮図及び将来像を語る。

    まず、本当に早慶のことを知らない人には概要書としてはお勧め。
    両校の校風や在籍学生の概略は掴める。

    ただし、後半部の大学の将来像には、恐らく反論したい読者はたくさんいるだろう。

    特に、中堅以下の大学は就職予備校化するのが生き延びる道ということ。

    中堅以下だからかそ、学ぶということに対して真摯になり、改めて学ぶことの大切さを社会に出る前に感じてほしいものである。

  • なぜ早慶の両校がこれほどまでに地位を高めたのか? 大学格差社会を勝ち残る戦略とは? 一貫教育、人材力、研究水準など、私学の両雄、早稲田と慶応を徹底解剖。。

    この手の本はどちらかのOBの手になるとどうしても片方への肩入れを疑ってしまうが、本書の著者は労働経済学者で国立の小樽商科大、阪大大学院の出身とのこと。道理で早慶をフェアに論じているわけだ。両大学が抱える問題点の指摘はなかなか鋭く興味深い。
    (C)

  • 地元の図書館で読む。非常に読みやすい文章です。何故、こんな本が必要なのでしょう。僕には、理解不能です。感想はそれだけです。

  •  早慶のそれぞれが、創設者の見学の精神を色濃く反映し、共通一次の導入、国立大の一期・二期制廃止、東京集中といった背景のもとに、存在価値を増してきたことを分析的に述べている。
     とりわけ、慶応の一貫教育とそれも要因となる同窓意識の高さ、実業界での強さなど、強みでもあり、これからの展開でどうなるだろうかと問題を投げかけている。
     最後には、大学経営の在り方にまで及び、少し視点がぼけたかもしれない。

  • 話の内容があっちこっちに飛んでる印象を受ける…
    いまいち…

  • 慶応やら早稲田やらの本はたくさん出ていますが、それぞれの出身者傾向は核心をついたものになっています。
    しかもこの2校のカラーを大隈重信、福沢諭吉が作った歴史に帰って分析しているのは面白い。
    出身者の方でも母校のことを知ることができる良い本だと思います。

  • 早稲田と慶応を比較しつつ、
    大学、特に私学は今後どうすべきかを少しだけ論じている。
    早慶出身者が自分の大学の歴史や特徴を知るためとか、
    早慶を志望する受験生などが読むといい本かも。

  • [ 内容 ]
    なぜ早慶の両校がこれほどまでに地位を高めたのか、というのが本書の関心であり、そのことを幅広い視点から論じている。
    戦前にあってはこの両校は東大・京大などの帝国大学の後塵を拝していた。
    戦後のある時期から早慶両大学は国立の名門大学に急追をかけ、現在、すでに追い越している分野もある。
    例えば、政界、マスメディア、文壇における早稲田、経済界、政界における慶応である。なぜ早慶はこのような成功を収めているのであろうか。

    [ 目次 ]
    第1章 早稲田と慶応はなぜ伸びたか(戦前日本の学歴社会 戦後学制改革の波紋 沸騰する早慶人気)
    第2章 二人の創設者-福沢諭吉と大隈重信(啓蒙思想家・福沢諭吉 政治家・大隈重信 早慶の出身者たち)
    第3章 慶応と階層固定化社会(慶応式一貫教育 慶応生事情 慶応素鬱行政の結束力)
    第4章 早稲田とマスプロ教育(早稲田の人材力 早稲田人の「個性」 規模拡大路線の功罪)
    第5章 大学の生きる道(大学とは何か 大学の財政 私学の生きる道 早慶の進む道)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴史的背景から、その気質の違いなどを解説したものです。資料が多く、かなり理解の助けになりました。ただ推測が多いので、丸呑みにするのは危険ですが。。。

  • 昔、国立大学の方が私学よりも優秀と看做されていた時代があった。どうしようもない時代。
    卒業生が多すぎる大学に価値が高いとは思えない。
    橋本、小渕、森、小泉、福田と立て続けに早慶出身の総理が出ている。

  • 同門会 慶応 三田会 早稲田 稲門会

  • 早稲田と慶応の特徴をまとめた本です。
    著者は同志社出身ということもあり、
    客観的に両方を見れる方の意見なのが良いところです。

    慶応のことはほとんど知らなかったので
    卒業生の結びつきの強さなど参考になる部分が多かったです。
    二つの大学のおおまかな特徴を捉えるには良い本だと思います。


  • 早稲田と慶応の歴史や特徴をよく知ることができた。ずっと関西で生きてきたのでほんとにイメージでしかとらえてなかったので、少し印象は変わった。ただ、最終章の大学教育についての記述は、何が主張したいのかよく分からなかったし、少しずれているような気はした。

    橘木先生がコンプレックスを抱いているような記述(灘出身の落ちこぼれ)もあり、これも驚いた。


全17件中 1 - 17件を表示

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)はこんな本です

早稲田と慶応 名門私大の栄光と影 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする