職場は感情で変わる (講談社現代新書)

  • 300人登録
  • 3.17評価
    • (7)
    • (23)
    • (38)
    • (16)
    • (3)
  • 37レビュー
著者 : 高橋克徳
  • 講談社 (2009年9月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880169

職場は感情で変わる (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作の「不機嫌な職場」の解決編と帯にある。
    確かにそのような内容なのだけれども、アイデアの羅列としか読めない。

  • 前作が良かったので、今作は期待しすぎました。相互理解不足が気づかぬうちに深い傷になっていくのでしょうね。

  • 前向きに働ける、よい職場づくりへのTipが盛り込まれている。
    感情の4分類については、どこまで適用ができるのかわからないが、考え方は納得。

  • 職場は感情で変わる (講談社現代新書)
    2009/9/17 著:高橋 克徳

    著者は㈱ジェイフィール執行役員。大学院卒業後、㈱野村総合研究所、ワトソンワイアット㈱を経て、㈱ジェイフィールの設立に参画。人間本来の力が輝く経営の実現を支援すべく、人材育成・組織改革手法の開発や研修・講演・コンサルティングに取り組む。

    職場の中での関係性を変えていくのは、一人ひとりの社員であり、身近な職場の仲間たちである。いくら、会社から方針や仕組が与えられても、それを実際に活かし、変わっていこうという思いをみんなで共有できなければ、何も変えることはできない。

    みんなで組織という生き物、組織に働くある種の力学を学び、理解する。その上でその組織にかかわるすべての人たちを幸せにする場に変えていくために、みんなで思いを伝え合い、知恵を出し合う。そういったことが当たり前のようにできる。そんな職場に変えていくことが大切である。

    この時鍵になる概念が組織全体に広まっている感情である「組織感情」であり、それをみんなが知り、それを良い状態になるようにマネジメントすることが幸せな組織づくりを助けてくれる。

    本書の構成は以下の5章から成っている。
    ①組織にも感情がある
    ②そもそも感情って、何?
    ③組織感情をマネジメントする
    ④組織感情を引き出し、共有する方法
    ⑤良い職場、良い会社をつくろう

    他人を変えることは出来ないとよく言われている。
    しかし、本書でも取り上げられているように感情は伝染する。プラスの感情もあれば、マイナスもしかり、変えることが出来るのは自分。自分の思いを変え行動を変える。その時現れた感情は少なくとも周りには影響することになる。この感染する感情をプラスに変え、そしてそれを継続し続けることが組織感情を変え、そして組織を変えることにつながる。

    組織感情を捉え組織を変えるということは、改善の筋道と大きな違いはない。まずは現状の組織の状況を知る。そして自分たちが理想とする組織の姿が何なのかをイメージする。そして現状とあるべき姿のギャップを問題として捉え、ひとつずつ階段を昇るようにその課題をクリアしていく。

    一人では階段を昇ることは出来ないし、皆で昇るからこそ価値がある。一人で昇るのは簡単ではある。一人で皆で昇っても昇る階段は同じかもしれない。しかし、昇り切った時の達成感やそこから見える景色は一人よりは皆で昇った時の方が素晴らしいのは確実ではある。

    難しいことはわかっている。
    しかし、長期的かつ成長しつづける強い組織をつくるにはトップダウンのみならずボトムアップから個々人の成長や思い・行動の蓄積の積み上げでしか方法はないように思う。

    具体的に明日からやることは明確ではない。
    ただ、プラスの感情を長期的な目線を持ち伝染させ続けることと、協力者を一人ずつ増やしていくことからまずははじめようとしよう。

  • 職場全体が一つの感情を共有しており、その目に見えない感情が、自分の行動に少なからず影響を与える。
    本書は組織感情を整理して、良くなるための具体的な方法が書かれているのが良いと思う。
    「不機嫌な職場」からの引用が多いので、そちらも読んだ方が良いのかも知れない。

  • 「職場のモチベーションをアップさせる」というのは、職場全体の「感情マネジメント」の一部でしかない、という考え方がおもしろかった。
    職場にいるメンバーの感情を良い状態にもっていくことが、結果的には会社全体の生産性向上につながる。

    自分が今いる職場は感情的にとても良い状態(向上心をもてるイキイキ感情と、一緒に働く仲間を信頼できる安心感がある)だけれど、過去にはひどい状態のときもあった。ちょっとしたことで良い連鎖にも、負の連鎖にもなる。
    数ヶ月に一度は、「職場感情」がどのような状態なのか気にして確認するタイミングをとったほうが良いのだなと思った。

  • 読了

  • 組織には感情がある。と薄々感じてはいても、うまく言語化できなかったことを、すごくわかりやすく具体的に書いてくれていると思う。

  • サラリーマン性善説 
    イキイキ感情等の四分類による「組織感情」の分析はわかりやすいし、「恐れ」や「不安」などの一見マイナスと思える感情も組織において必要である、という主張にも一定の説得力がある。
    ただし後半の組織感情を変えていくための試みについては、この本の主張を生かすには「サラリーマン性善説」ともいえる前提が必要だと感じた。
    典型的なのはミスやトラブルも、相手をよく知ることで、背景の事情がわかり、受け止め方が変わる、
    というもの。本書が言うように社員同士の間に能力や意図に対する信頼があれば「普段はあんなミスをしない人なのに」「きっと何か事情があったのでは」ということもあるかもしれないが、実際には知れば知るほど信頼が失われる、というのが大方の「冷え冷え職場」「イライラ職場」ではないかと思う。同じ組織に属するものとしての信頼感をベースにと言うが、まず人間としての信頼感から醸成しなくてはならないところに困難がある。
    強力なリーダーシップの元、採用される人の水準が確保されている職場や、その会社の個性に惚れて入社する社員が多い職場など、もともとの素質のある組織では本書のような「性善説」も成り立とうが、おそらくそういう組織においては、なじめない人間が自ら去ることでモチベーションを維持している、という側面もあるのではないか。

  • 職場をどう変えるか?

    →よい職場とは、
    1.一人ひとりがイキイキと前向きな感情をもって職場に参加
    2.お互いを認め合いいい関係が築けている
    3.自分たちがやっていることを自分自身で肯定できる
    自分たちの職場は自分たちでつくる
    そのためには全員がオーナーシップを持っていること、つながる力があること

全37件中 1 - 10件を表示

高橋克徳の作品

職場は感情で変わる (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

職場は感情で変わる (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

職場は感情で変わる (講談社現代新書)の作品紹介

ベストセラー『不機嫌な職場』の解決編登場!崩壊寸前の組織を変える感情マネジメント。

職場は感情で変わる (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする