江戸の気分 (講談社現代新書)

  • 106人登録
  • 3.54評価
    • (4)
    • (11)
    • (9)
    • (4)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 堀井憲一郎
  • 講談社 (2010年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062880657

江戸の気分 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 落語の背景が理解できたという意味では収穫があった。しかし、しかし、全編を通じて「である調」と「ですます調」が混在する筆致はいただけない。この違和感はあとがきまで読み進めても同じだった。また、筆者は京都出身ということで、のっけから上方落語を引用しており、江戸≒昔の東京という先入観をもって読むと、文体と相まって「え、え、ええ~」という違和感だらけになる。本のタイトルが読み手に与える影響の大きさを改めて感じた。

  • なかなか面白かった。
    語り手(著者)の口調が落語のようである。

    落語を題材に、江戸の生活や少し昔の日本と
    今の生活との違いなどが書かれている。
    病気に関しての江戸の人々の考え方、
    狐や狸に騙された話などは面白かった。

  • 2065
    目黒の田舎と秋刀魚、草深い
    高田馬場駅
    山くじらすき焼きとももんじゃ
    金をまわす

  • フロイトは「キツネタヌキに騙されるな」ような心理を未熟だというが、本書ではそれを豊さであるという、20世紀最大の科学者フロイトの知恵と江戸の知恵はどちらに共感できるかという形で読むと非常にスリリングでした。「蚊帳という結界」という着想や、無尽の話から始まる江戸のお金の話がいい。

  • 落語が好きなので、「江戸の気分」というものを知っておきたいと購入した次第。堀井さんの本は「落語論」「いつだって大変な時代」(ともに講談社現代新書)を読みましたが、いずれもためになる作品でした。
    で、「江戸の気分」は、というと、これが現代人にもためになるのですね。
    たとえば、江戸の人は、「病い」を「引き受ける」と考える。ただ、どうしようもないから諦める。「それが幸せとはいえない。でもどうにもならないことを、なぜ、私が、家族がこんな目に、と考える苦しみはそこにはない」と著者。
    江戸の気分とは直接関係ないですが、本書によると、「キツネ」はかつて身近な存在だったのですね。1965年といいますから、私が生まれる8年前ですが、それまでは「キツネが人を騙す」ということが人々の口にしょっちゅう上っていたそうです。
    懐旧趣味はほとんどあまりない自分ですが、現代人が「江戸の気分」から学ぶことは大いにあるのではないかと考えた次第です。

  • 落語からみる江戸時代の習慣が面白い。蚊帳や早桶の話など、江戸も大阪に負けず面白い集団ばっかりと思わされる。季節に応じた楽しみ、貯金などしない日々の暮らし、貧乏でも戸がなくても暮らしていくたくましさ、悲惨な割に笑いがある。このレベルでは悲惨と考えないのかな、と思う。前向きで実直。面白い中にも、厳しい階級制度がある悲しい現実。違う階級同士は絶対に同じ土俵に立たない徹底さなど、勉強にもなる。

  • “喋れて絵が描けるコラムニスト”ホリイの、落語をテキストにした日本文化論
    http://www.amazon.co.jp/review/R1WIO80IJA7UTJ/ref=cm_cr_rdp_perm

  • オリジナルを、個性をもとめ続けたらたぶん社会は破綻する。
    でも人はその道を選んだんだよ。

  • 落語から江戸の庶民の生活を窺い知ろう、という本。落語には活き活きと庶民の暮らしぶりが描かれているんだな。もう少し落語の中身を紹介してほしかったな。出し惜しみしているみたいだ。この先を知りたかったら高座へ行けっていうことかな。

  • 落語から覗える江戸の「気分」を追体験してみよう!という本。

    一昔前に「週刊文春」を時々読んでいた(最近はほとんど買わないなぁ)が、この人の連載「ホリイのずんずん調査」は「はぁぁ」と体中脱力するほどクダラナイことを調べ、そのクダラナサのあまりについつい読んでしまう欄であった。「テーマパークのアトラクションの待ち時間」だの「チョコ菓子をいくつ買ったら当たりが出るか」だのをとにかくひたすら調べるのである。今でも連載は続いているらしい。ある意味、すごい欄なんである。

    で、そんな「ずんずん調査」風のテイストもちょっと盛り込みつつ、数々の落語から、現代人がなかなか嗅ぎ取れない江戸時代の「空気」をすくい取ってわかりやすく説明したのが本書、となる。
    これが予想以上におもしろかった。
    身分の違う階級の住み分け、本当の貧乏とはどういうものか、火消しと鳶職の関係、蚊帳の話、富くじと無尽、米の飯、等々。話題は多岐に渡り、「へぇ、そういうものだったのかもしれないなぁ」と思わせる説得力がある。
    あまり堅苦しくなく気楽に読めるところも、落語を踏まえた本書にふさわしい。

    それにしてもホリイさん、相当の数の落語を聞いている。すごい。
    ずっと東京の人だと思っていたのだが、京都の人だという。巻末の京都人から見た上方落語・江戸落語みたいな部分がおもしろかった。大阪と京都のビミョーな距離感というのも、京都に5年住んでみて、何となく頷けるところがある。

    *江戸落語はそこそこ知っているが、上方落語ってほとんど知らない(『愛宕山』とか『三十石』とか『地獄八景亡者戯』くらい・・・?)。ちょっと聞いてみたくなった。

    <2010.11.25追記>よく考えたら、一時、枝雀もよく聞いたし、上方を聞いたのも3つってことはなかった。でも、これを機に米朝のCDを続けて聞いたりして、なかなか楽しい♪

全12件中 1 - 10件を表示

堀井憲一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
三浦 しをん
立川 談春
みうらじゅん
村上 春樹
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸の気分 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江戸の気分 (講談社現代新書)の作品紹介

大切なことはみんな落語が教えてくれた。江戸庶民の暮らしと知恵に学ぶ。

江戸の気分 (講談社現代新書)はこんな本です

江戸の気分 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする