発達障害のいま (講談社現代新書)

  • 476人登録
  • 4.09評価
    • (37)
    • (52)
    • (13)
    • (4)
    • (2)
  • 49レビュー
著者 : 杉山登志郎
  • 講談社 (2011年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881166

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
池井戸 潤
村上 春樹
村上 春樹
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

発達障害のいま (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 発達凸凹。新しい概念。障害というより個性尊重な感じで、とらえやすい。

  • ・発達障害と児童虐待の密接な関連性
    ・発達障害のある子の親も高確率で発達障害様の状態を示す
    ・自閉症スペクトラム障害と統合失調症との間に見られる類似点と相違点、それに起因する混乱

    前作に引き続き、発達障害の子どもたちを事例を交えながら綿密に記した良書。

  • 発達障害=発達凸凹+適応障害と言われているが、注意していると周りにも非常に多くの発達凸凹の人がいることに気づき、最近興味を惹かれ読むことになった。かく言う僕自身もかなりの発達凸凹があると自覚してはいたが、本を読むうちに自分のこともより理解できるようになった。
    発達凸凹は一般の人との感覚とは少しずれていることが多いが、そのずれは悪い点だけではなく良い点もかなりある。自分の凸凹を知ることで、周りとの関係性を築いていく中でのトラブルを減らすことができる。
    自分は普通で他の人と同じだと思っていては衝突することが多く、そう言う意味では発達凸凹のあるなしに関わらず、自分のことを知って相手との違いを理解することが良好な人間関係を築いていく重要なポイントなんだと思った。

    内容的には主に精神療法について書かれており、どの人でも応用できるものではないが、現在の精神科の診断基準でうつ病や統合失調症、双極性障害など種々の疾患があるが発達障害があればあらゆる症状を呈し、これらの疾患と誤診されていることが多いのだそう。そう言う意味でも発達障害となる前に、早期診断し本人や家族がその発達凸凹を受け入れ対処法を学ぶことができるようなサポート体制を作ることが必要だと感じた。

  • 発達障害と発達凸凹の違い。虐待・トラウマとの関連。
    遺伝子とエピジェネティクスと発達障害との関連など
    多岐にわたって分析されている内容です。
    とくに虐待とそのトラウマからくる凸凹ではなく障害に
    なってしまうことについて、詳しくかかれているのと
    それが遺伝も含めて、連鎖すること。その連鎖が環境因子と
    なってエピジェネティクスとの関連で発症していくこと
    につい多くかたられています。
    虐待については、絶対に関係ないと思うのですが、何が
    トラウマになっているのか?自分も何をトラウマとして
    もっているのか?些細なことかもしれないが。
    ということをかんがえさせられてしまうところもあります。
    凸凹は確かにおおくあって、自分も絶対に凸凹はあった
    と思います。そこが障害にいかに結びつかないように
    なるかが大事だし、それができればいいと思っています。
    息子がもし、本当に凸凹はあるが障害になっていない
    のであれば、それは母親も含めて家族のおかげかも
    しれませんし、偶然かもしれません。また回りに恵まれた
    のかもしれません。でももしかしたら、本人の努力というか
    本人の力であったのではないかと最近思っています。

  •  発達障害は遺伝的要素と環境的要素があり、適切な介入により緩和(完治ではない)できる、というのが本書の趣旨であると思う。
     2001年から2010年まであいち小児保健医療総合センターで心療科(児童精神科)部長として赴任した著者が、その臨床の中で得た知見をまとめた本書は、2011年現在の「発達障害のいま」を伝えてくれる。もちろんこの世界は日進月歩で2017年現在には2017年の「いま」があるわけだが、まずは知る所から始めたい。

     「発達障害」というのは法律で決められた用語であるのだが、その「障害」という字面から重く、しかも悪いものと受け止められがちである。しかし必ずしも自立した生活が営めないわけではないし、むしろその特性から偉大な成果を上げた人も少なくない。
     哲学者ウィトゲンシュタイン、詩人ウィリアム・バトラー・イェイツ、作家にして数学者ルイス・キャロル、インドの数学者ラマヌジャン、他にもアインシュタインやニュートン、ゴッホも発達障害(あるいはその傾向があった)と言われている。
     著者は臨床の中で、いきなり「障害」という言葉を使ってしまうと、仮に「疑い」とつけたとしても言われた人やその家族が強い衝撃を受けてしまうので、次のように答えることにしている。
    「いえ、お子さんは発達障害ではまだありません。診断を下すとしたら発達凸凹です。これはマイナスとは限りません。発達障害にならないようこれから一緒にやっていきましょう」
     「凹凸(おうとつ)」でなく「凸凹(デコボコ)」としたのはマイナスとは限らない、というニュアンスを強調するためである。この発達凸凹を放置しているとやがて適応障害を併発し「発達障害」へと進化していくのである。

     さて発達凸凹の原因として、まず遺伝が挙げられる。双子の一人が自閉症スペクトラム障害の場合、一卵性双生児なら7割から9割の確率でもう一人も自閉症スペクトラム障害を持つ。二卵性だと5~10%程度に下がる。兄弟姉妹だとやはり5%程度である。また発達凸凹を持つ子の親もまた発達凸凹的要素を持つことが多い。
     出産年齢の上昇によってもリスクが高まる。正確には婚姻年齢というか、男性の晩婚化である。自閉症スペクトラムなどのリスクは父親の年齢とともに高まり、母親の年齢は関係ない。(高齢出産になる前に卵子を凍結するというニュースがあるが、どちらかといえば精子の凍結保存のほうが重要なのかもしれない)
     こうした出生前、出生時のリスク上昇とはまた別に、新生児の神経系のバランスに影響を与えるような要因、例えば刺激が多すぎたり少なすぎたりということでもまたリスクは上がる。
     太りやすい体質の人でも、食事量や運動量に気を使っていれば肥満は避けられる。逆に太りにくい体質の人も暴飲暴食を続ければ肥満になる。発達凸凹においてもそれと似たことが言える。

     自閉症や自閉症スペクトラム障害は、純然たる「心の問題」ではなく、大脳辺縁系の機能障害という具体的な要因を持つ。たとえば、人間はある行動を繰り返すことにより身体が行動を覚えて、あまり考えなくても動けるようになる。この「自動化」をつかさどる部分に異常があると物事を覚えにくい、いわゆる「発達障害の症状」が現れる。
     ある種のホルモンが出にくいことがその機能障害の原因であれば、適切な薬の投与によって症状は改善する。だから投薬治療が効果的なのである。

     さて、投薬によって症状が緩和したとしても、発達凸凹が直ちに治るわけではない。発達障害とは読んで字のごとく、発達に障害があることをいう。人間はさまざまなことを学習しながら発達していくわけだが、先述した脳の機能障害、例えば物覚えが悪い子というのは、集団学習の中では「あの子はできなくても仕方ないね」というように適切な学習を受けられない事が多い。
     となれば、仮に12歳で投薬を始めたとして、しかしその時点での発達が8歳程度でしかなければ、4年分を埋めなければ集団生活、社会生活に困難を抱える、「生きづらい」ままである。だからこそ投薬とあわせてさまざまなフォローが必要なのである。ここに関しては「心の問題」である。
    (発達障害のある子を無理矢理普通学級に通わせる親という話が時折見られるが、何故これが批判されるかといえば、普通学級はどうしても健常者のペースになるので落ちこぼれてもフォローされず、ますます発達が阻害されてしまうからであろう)

     近年発達障害を持つ人が増えたといわれるが、要は診断基準が変わったということで、かつてはかなり重度でなければ自閉症と判断されなかった。しかしよくよく調べるとさまざまなレベルがあり、重度だけでなく軽度でも自閉症、あるいは自閉症スペクトラム障害と診断されるようになったのである。
     もともと脳の機能障害には遺伝的要素があり親から引き継がれやすいのと、子育ては健常者でさえ難しいのに、そうした障害を持つ親にとってはなおさらで、障害を持つ子は輪をかけて育てにくいタイプなので結果的に虐待を招き、虐待によりトラウマが生じ、このトラウマが発達障害を悪化させるという哀しき連鎖である(ここでは割愛するが、トラウマが発達障害の重要因子であることも本書では述べている)。
     こうした親に発達凸凹の自覚がなく、「なぜ普通の人にできるのに自分にはできないのか」という自責の念が親を追い込み、うつやネグレクト、虐待を招くという悪循環にも繋がりかねない。
     だからこそ発達凸凹の治療を行う場合は、専門の知識を持った医師の介入が必要であるとともに、親にも発達凸凹の要素があるかを確認し、もしあれば親の治療も併せて行わなければならないのである。
     このように「子供が育てにくいと思ったら、子供だけでなく親も発達障害でした」という事例がかなり多いようで、「生きづらいと思ったら親子で発達障害でした(モンズースー著)」にも詳しい。こちらの書籍は漫画で読みやすいので入口として良書であると思う。

     発達凸凹を引き起こす脳の機能障害を持つ人は決して珍しいものではなく、21世紀には自閉症スペクトラム障害は人口の1~2%程度と報告され、筆者の実感としてはもっと多いだろうと述べている。
     機能障害は容易に治るものではないので、該当者は治療というよりは「障害との付き合い方」を学ぶ必要がある。それは程度によってさまざまで、投薬が有効な人もいれば、日々の習慣づけで良化する人もいる。周囲に理解者がいれば心強いだろう。
     自分が物をおぼえにくいことを知っていれば、意識して覚えるように努めるとか、忘れても思い出せるようにメモをするとか、あるいは周囲に説明して理解してもらうとかいった対策もできる。「自分は物覚えが悪い、文句あるか」と認めてしまうことである種の諦観、達観を持つと、ストレスが和らぐこともある。
     先述の通り発達凸凹を持つ人の中には特異な才能を発揮する人も多い(残念ながら発達凸凹だからといって必ずしも天才である訳ではない)。興味のないことにまったく集中力が続かなくても、好きなことにはとことんまで集中し、結果として産業や研究、芸能で偉大なイノベーションを果たすかもしれない。むしろそうした「アスペ」な人たちによって世の中が進んでいる部分もあるのではないか、と著者は言う。

     発達凸凹に悩む人たちにとっては当然我が事であるが、世界の発展のためにも、こうした人々が生きやすくなるような変革が求められるのではなかろうか。

  • 発達障害と子ども虐待、トラウマの関係などを解きながら、発達障害児やその家族に支援者がどのような姿勢で臨むべきかが説かれている。

    「発達障害の子どもたち」を読んで本書を読むと理解が深まって有意義。

  • 障害者差別解消法が施行された今年度。必要な知識を与えてくれる本だと感じた。
    発達凸凹の概念は保護者との関係性を構築する中でもとて重要。
    児童が健全な発達を遂げるために何が必要か考えさせられた。

  • 発達障害治療者視点の本。重症な発達障害(虐待・第二世代・クレーマー化など)の対策も網羅されていて、専門的。本気で発達障碍者と向き合おうとしてきた著者の姿勢がうかがえ、症例も多数。

  • 発達障害とトラウマの関係性、そして母子父子並行治療の話。ひとえに甘え云々の精神時代論では片付けてはならない問題。複雑にも負の連鎖が絡み合っていくこの障害、学校組織や家庭などの保守的な現場からは見事に見過ごされてしまいやすいだろうと感じる。凸凹を補い伸ばす、発達を阻害するものへ対処していく。実際に対面してみないとわからないが、常になんでやろを心にとめる。

  • 自閉症スペクトラム -10人に1人が抱える「生きづらさ」の正体-
    を先に読んだせいか、重いというか深いというか。。。
    読解力がないのか時々主語と述語がわからなくなる。
    結論やまとめを先にノートにピックアップして、とかしないと頭の中がまとまらないわ。。。

  • 学問面での発達障害についての記述。

  • 発達障害に関する研究は最近になって急速に進んでいるので、常に最新の情報にふれておく必要がある。研究はどんどん進んでいるが、生きにくさを感じる人がこの10年20年で生きやすくなってきたかはまた別問題という難しさ。

  • 大人の発達障害(発達凸凹)が、短いが書いてある。足りないところを補おうとして過剰になってしまうのが問題なので、自身で気づいたら、そこに執着して問題を大きくせずに、適応を目指そう、とのこと。

  • 帯には、「発達障害」から「発達凸凹」へ。

    本書のキーワードは、「発達凸凹」と「トラウマ」であるが、発達障害とトラウマ、虐待の関係に本書を読んでて何ともいえず悲しい気持ちになった。

    発達凸凹とは
    発達凸凹+適応障害=発達障害
    というもので、社会的な問題を防げば発達凸凹が発達障害にならないように改善することはできる。

    発達凸凹はマイナスとは限らず、むしろ多くの優秀な人々が発達凸凹を有しているという。
    まあ当然すべての人が天才ではないが、天才には発達凸凹が多いということである。

    そして、トラウマの衝撃。この国が抱える大問題の一つにまでなっているという。
    虐待はこころの「複雑骨折」であり、知的に高い自閉症スペクトラムとのリスクが非常に高いのである。
    フラッシュバックや非行の起こりやすさ。
    国家の社会的擁護の貧しさを、筆者は「国家の社会的ネグレクト」と呼ぶ。

    単純な眼球運動のEMDRというのは初めて聞いたが、これが非常に高い効果をあげているということだ。なぜかはわからないそうだが。

    うつ病や気分障害、統合失調症などにも触れられており、それと発達障害との関係にも筆は及ぶ。
    発達凸凹当事者である私も、サークルなどの仕事や人間関係で大いに躓いたが、すごく分かる。
    当事者が自分の凸凹に気がつくことが大切な第一歩。

    しかし、それはマイナスではなく、ひとつの天から与えられた「才能」だと思って、回り道にはなるが世のため人のために恩返ししていきたいと思う次第である。

  • やはり情報の整理がなされていない印象はあるが,自分の中ではだいぶ理解が進んだと思う.そもそも扱っているのが多岐に渡る複雑な問題なのだ.しかし,療育の実際や,DSM-5で何が変わるのか,などなど知りたい事はまだ多くある.

  • 前著も目から鱗だったが、本書も本当に知っておくべきことが学べた、という衝撃をもって読み終えた。読むのと読まないのとでは、全く人を見る目が変わってしまう著書だ。今後の精神医学にとって、トラウマと発達障害の扱いがメインテーマという著者の主張に深く首肯した。日本の転換期を作る本だ。

    ・胎盤の重さに関係が認められるのは、母親の年齢ではなく、父親の年齢。
    ・男性脳と女性脳の明確な違い。自閉症率の違いが。
    ・自閉症スペクトラム同士の結婚と自閉症スペクトラムと元被虐待児の結婚例が多い。
    ・虐待的絆。いくら忌避される記憶でも、子どもたちにはそれこそ生きる基盤になっている。
    ・虐待の脳への影響は、発達障害よりもはるかに甚大で広範囲。
    ・緘黙に自閉症が併存。入院が奏功する。外来で遊戯療法は無意味。
    ・人に評価されるには目立つのがよいと、無理をして立候補して、逆に顰蹙を買う。
    ・二つのことが一度にできない
    ・整理整頓が出来ない、整理魔も。
    ・興味の偏りが激しい。興味のないことを完全に無視する。代償はハウツー本の信奉として現れる。
    ・KYと他者配慮が出来ないはべつもの。
    ・集団での介入は難しい。親への指導を含んだ個別対応が良い。
    ・強く叱責された時は周囲の情報が飛んでしまい、叱られたということだけが残る。

  • 発達障害臨床の第一人者の方である。著者の本は何冊か読んだが、歯切れが良い。スペクトラムを理解しやすいように「発達凸凹」という概念を提唱されている。発達障害と虐待は絡み合い、虐待を受けた例は複雑な病態を呈し、そして虐待は世代間連鎖をしていく。発達障害とうつ病は関連が深く、それ以外の精神疾患でも発達障害を基礎に持つ例が多く、いかに発達障害(凸凹)の見極めが必要か、そして成人例の見極め方についての解説されている。現在の発達障害の理解の整理には有用な一冊と思われる。

  • 本書は、児童青年期精神医学の専門家である杉山登志郎氏が、子ども虐待における発達障害とトラウマの関係について述べた本である。

    本書は著者が勤務するあいち小児保健医療総合センターの子育て支援外来、つまり子ども虐待の専門外来における経験を元に書かれたものである。子ども虐待の被害者は発達障害を抱える場合が多いが、実はその両親も発達障害を持つ場合が多いこと、虐待によりトラウマを抱えることによる後遺症の大きさ、そしてその治療の難しさについて著者は気づいた、とある。本書のテーマは発達障害の母子並行治療、トラウマと発達障害の悪循環、そしてトラウマの処理技法である。

    序章では前述のテーマについて触れた後、第一章で発達障害の生物学的・遺伝学的な要因について述べ、特にエピジェネティクスという概念について説明している。そして、認知の「ムラ」を著者は「発達凸凹」と呼ぶ。これに適応障害が加わることにより狭義の「発達障害」となる、とここでは定義しているが、その際にトラウマがその憎悪因子となっている (肥満が糖尿病の憎悪因子であるように)、と指摘している。

    第二・三章では発達凸凹だけでは単純にマイナスな要素ではないとして、天才と呼ばれる人たちにも発達障害を持っていたと思われる人は多いこと、認知特性の違い (聴覚言語優位、視覚映像優位) および、そのような認知特性の異なる天才児への特別支援教育について紹介されている。

    第四~六章は本書のメインテーマで、トラウマと発達障害の関係について述べている。(特に知的障害のない) 発達障害は子ども虐待のハイリスク要因であること、それによるトラウマが症状をさらに悪化させること、虐待をする親が自身の発達障害によるトラウマを持つ場合、虐待とトラウマの連鎖が起きること、そして、トラウマ処理技法であるEMDRについて書かれている。

    第七・八章は発達障害が精神科疾患の原因になっていることを指摘する、例えば、引きこもり、思春期やせ症、強迫性障害などの例が挙げられている。この場合、症状だけを元に診断を行なっても治療の効果が出ないと、著者は従来の精神医学体系の欠点を指摘する。

    第九章は発達障害を持ちながら未診断のまま大人になったケースの問題について述べ、終章では療育および治療についての原則について説明する。

    前著「発達障害の子どもたち」に引き続き、文体は読みやすく、内容も明確に分類されまとめられている。ただし第二・三章の内容がやや浮いている感じがすること、また内容が (タイトルから推測されるよりも) やや狭い内容に絞られていることから、★4つとする。ただし、「今後こうなってはいけない」という反面教師として、とても有用な本であるので一読して損はない。

  • 2階書架 : WS350.6/SUG : 3410155090

  • トラウマの治療に眼球運動が有効という点に興味が湧いた。本書には記されていないが、読字障害に眼球運動が関係しているという知見もあるらしい。ふむ、眼球運動。

  • 杉山先生の著書はどれも、読者を内容に引き付ける力があり
    読者に理解しやすく書かれています。
    児童精神領域に関することだけでなく、様々な視点で綴られているので
    大人になってから、発達障害かもしれないと気がついた人が読む事にも
    向いているかと思います。
    発達凸凹と言う呼称はとてもいいと感じました。

  • 前作に引き続き、とってもわかりやすかった。
    筆者の取り組みそのものはもちろん、
    研究の成果をこんなにもわかりやすく著してくれることも
    同じくらいありがたい。

  • [読了]ザッと概要を読む。先週末のスクーリング(教育相談)で何人かの学生が触れた発達障がいの概要を知るため。先日お会いしたフェミニストカウンセラーのお話と一部重複する。親も被虐待児だったり、心理的外傷を抱えていることが多いんだ。

全49件中 1 - 25件を表示

発達障害のいま (講談社現代新書)に関連するまとめ

杉山登志郎の作品一覧

杉山登志郎の作品ランキング・新刊情報

発達障害のいま (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

発達障害のいま (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

発達障害のいま (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

発達障害のいま (講談社現代新書)の作品紹介

発達障害から発達凸凹へ。発達障害児の陰に潜む家庭の問題とは?こころの骨折・トラウマはどう治す?脳と神経に何が起こっているのか。

発達障害のいま (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする