デザインの教科書 (講談社現代新書)

  • 384人登録
  • 3.11評価
    • (2)
    • (18)
    • (31)
    • (13)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 柏木博
  • 講談社 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881241

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

デザインの教科書 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色んな引用が出てきて興味深かった。
    受け手目線で心地よいと思うことをデザインする。

  • 大量消費時代の20世紀のデザインから、サステイナブルで心地の良いデザインへ。

  •  工学に分類してみたが、どうか?
     教科書的にデザイン論をまとめてあった。概括的に網羅しているので、トピック別に別書にあたる必要がある。建築系の話が全体的に面白かった。一方、小さめの工業製品関係は薄い。

  • ”デザイン”とは.
    自然の造形美から,人の生活に必要なもの,さらには必ずしも必要でないものまでを”デザイン”の視点から解説.自然美と数学の関係や,囚人がダンボールなどで作った棚,等の話が印象深い.

  • ○この本を一言で表すと?
     「デザイン」の種類や「デザイン」の目的などについて幅広く触れた本


    ○面白かったこと・考えたこと
    ・いろいろな分野で「デザイン」という言葉が使われていますが、私にとっては「デザイン」というと「ファッション」とか「ブランド」といったイメージを連想する言葉でした。経営学の戦略論や政治学の制度設計やシステム設計などでも使われていてこういったイメージと合わないなという感覚がありましたが、この本で「デザイン」のいろいろな目的や考え方が広く紹介されていて腑に落ちたような気がしました。

    ・デザインについての主な要因として「心地良さ」「環境・道具・装置を手なずける」「趣味と美意識」「地域・社会」が上げられていて、私がデザインという言葉で連想していた「趣味と美意識」以外の要素が説明されていて頭の中で整理されたように思いました。(第1章 デザインって何?)

    ・二〇世紀の量産を目指したフォードやレヴィット・タウンのデザインや普遍性を目指したバウハウスのユニバーサル・デザインなど、その時代が要請する必要とされるデザインのあり方が興味深いなと思いました。(第2章 二〇世紀はどのようなデザインを生んだか)

    ・「趣味と美意識」より「心地良さ」を目指したデザインの例として、日干し煉瓦と泥に家畜の血を混ぜたもので構築したアドビー建築を自分の住みやすいようにしたジョージア・オキーフの家や、狭いながらも人間の姿勢等を考慮して建てられたル・コルビュジエのカバノンが挙げられていましたが、必要なものだけがある、という心地よさは分かるような気がします。(第3章 心地良さについて)

    ・貧困を救うためのデザイン、紛争地で生きるためのデザイン、災害時の対策のためのデザイン、刑務所や拘置所で快適に過ごすための工夫のデザインなど、それらの状況で本当に役立つデザイン、それらの状況でしか役に立たないかもしれないデザインの発想の豊かさは興味深いなと思いました。(第4章 シリアスな生活環境のためのデザイン)

    ・よく使われる「環境に優しいデザイン」という言葉も、「環境に優しい素材しか使っていない」という表面的なものから、生産から廃棄までトータルで環境に優しいというシステムのデザインまで幅広いなと思いました。(第5章 デザインによる環境問題への処方)

    ・「形」以外のデザインの要素として「色彩」「素材」「ものと人との相互作用」が挙げられていました。これらの四要素同士でもそれぞれ相互に関わりがあったり、狭義のデザインが社会的階層の分離に使われるという広義のデザインへの関わりがあったりと、興味深い考え方だなと思いました。(第6章 デザインを決める具体的な要素)

    ・デザインと美意識、その美意識の定義など、哲学的な内容とデザインとの関わりについて触れられていました。(第7章 趣味とデザイン)

    ・この本で述べられている様々な意味での「デザイン」に触れられる美術館等の紹介がされていました。(第8章 デザインの百科事典)

  • デザインそのものの本質や可能性、影響力について考えさせられる。いつか読み返したい

  • デザインとは心地よさ。
    このひと言に尽きるかな。
    限りなく☆2つに近い。

  • 消費から生活のためのデザインを記した本。デザインは哲学をベースとした、意味付けでありプランを創出する活動である。とイメージしました。

  • 勉強になりました。「生き延びるためのデザイン」という発想が興味深かった。

  • デザインは聖性の存在を暗示し,更に行為(思考や感覚)や生活(社会のあるべき姿)を規定し,変化させるものである,という.デザインとはデザインする立場からではなく,使う立場から考えるべきものだ,というのは至言だし,複雑な社会的脈絡があってデザインが成立しているが故に多様な社会性の理解無しにはグローバル製品のデザインは行えないことを意味する.考えさせられる.

全29件中 1 - 10件を表示

デザインの教科書 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

デザインの教科書 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

デザインの教科書 (講談社現代新書)の作品紹介

デザインがわかれば生活はもっと豊かになる。消費のためのデザインから生活のためのデザインへ。

デザインの教科書 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする