いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)

  • 204人登録
  • 3.51評価
    • (6)
    • (17)
    • (20)
    • (3)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 仲正昌樹
  • 講談社 (2011年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881340

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「正義」や「善」といった古典的なキーワードから、「アーキテクチャ」や「イマジナリーな領域への権利」などの今どきな言葉まで収録された仲正昌樹流の用語集。最近はこの手の流行を全然おさえていないから、ここ数年での新しい言葉を知るのに役だった。なんなんだ、「アーキテクチャ」って…と思っていたが、初めて意味を知った。仲正昌樹って若干口が悪い感じだけれど、この本に関しては比較的おとなしめ。

    思想というものに興味はあるけれど、何から読んでいいかわからないという人は手にとって見るといいかも。おすすめ。なお、玄人は読んでも仕方ないような気も。

  • 中国哲学からの応答を考えつつ。

  • どこかで耳にしたことがあるけど、よくよく考えると曖昧だなぁ、と思うようなワードを新書にしてはしっかりと解説している良著
    テレビに出ているコメンテーターなどがいかにいい加減に言葉を使っているかがなんとなくわかる。
    理系でもわかりやすく読めます。

  • 【目次】
    正義 005
    善 012
    承認 020
    労働 027
    所有 035
    共感 046
    責任 054
    自由意志 065
    自己決定/自己責任 074
    「心の問題」 081
    ケア 088
    QOL 095
    動物化 101
    「歴史(=大きな物語)」の終焉 111
    二項対立 120
    決断主義 131
    暴力 139
    アーキテクチャ 150
    カルト 158
    イマジナリーな領域への権利 169
    「人間」 179

    後書き [191-193]

  • 現在、信頼できる知性の一人である仲正さんの著作であって、さすがにレベルが高い。論旨が明快でわかりやすく、概念を多面的に知ることができる。良書。

  • 読了。

  • わかりやすい。

  • 中央法の入試で動物化の項が出されていて、感動してしまった。受験後すぐ購入。大学生になって何度も読んでいる。名前がライトなので中身も薄そうだが、そんなことはない。文系のみならず理系の人も読んでもいいだろう。文系生はここらへんまで知っているか知らないかでは議論の質が全然違うのでこの本でもなくてもいいのでここらへんまでは知っておいて欲しい(結構切実に)
    筆者にはどちらにも偏らないでいようという様子がなく、冷静にキーワードに沿って説明をしつつ、さらっとつっこんで自分の意見もいやらしくない程度に入れてくるスタンスが好きだ。

  • QOL(Quality of Life)とSOL(Sanctity of Life:生命の神聖さ)の対立は、自由の中核である自己決定を尊重する考え方と、キリスト教の教えを忠実に生きようとする考え方のいずれもが強く根付いている、アメリカの道徳文化の特徴を凝縮しているように思われる。

    【動物化】p102
    アレクサンドル・コジェーヴ「動物化論」:「人間」の欲望は、「他者の欲望」を欲望する、他者志向的な性質を持つ。
    Cf. ヘーゲル「承認」
    ポスト「人間」の二つの可能性としての「動物(eg. American way of life)vs. スノビズム(日本の能楽、茶道、華道、武士道etc)

    【スローターダイクの「人間性=教養Humanitas」】p109
    言葉の魔力によって人間という元々残虐な性質を持った動物を飼い慣らし、ポリス(=政治的共同体)という枠の中で禁欲化させる術。

    【イマジナリーな領域への権利】p169
    アメリカのポストモダン系法哲学者ドゥルシラ・コーネル「イマジナリーな領域への権利 right to the imaginary domain」:「自己決定」のための基礎としての「自己」自身を再想像する(メタ)権利である。

  • 「無論、各人の経験の仕方によって共感に偏りが出る恐れはあるが、経験が豊富になるにつれ、特定の立場に囚われる度合いが少なくなり、より非党派的=公平(impartial)な見方ができるようになる。」

    正義、善、承認、労働、共感、暴力の項が、私には面白く感じられた。
    特に、労働では、「報酬を得るための労働」と「承認を得るための労働」について分かりやすく書かれており、考えが少し深くなった気がする。

全25件中 1 - 10件を表示

いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)の作品紹介

高校生もわかる「思想」入門。政治哲学・倫理学系21のことば。

いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)はこんな本です

いまを生きるための思想キーワード (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする