独立国家のつくりかた (講談社現代新書)

  • 1962人登録
  • 3.93評価
    • (228)
    • (245)
    • (143)
    • (46)
    • (13)
  • 275レビュー
著者 : 坂口恭平
  • 講談社 (2012年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062881555

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 発想の転換、視点の切り替えがおもしろかったです。
    見方を変えるだけで、世の中はもっと豊かになりますね。

    印象に残ったのは、「態度」についてのエピソードでした。
    私自身、いつも下手に出て譲り続けてきたので、この部分を読んで自分のあり方を改めようと思うようになり、早速実行してみました。
    その結果どんなことが起こってくるのか、楽しみに過ごしていこうと思います。

  • 建築家、というよりも思想家による著者の一冊。

    独立国まで作ってしまったその行動力と思想性には深く共感した。

  • まえがきにある、抱えている8つの質問は同意できるし、自分のアタマで考えろという基本姿勢もいいが、
    そこから著者が出した答えは、他人に世に、提唱するようなものに思えない。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14298709.html

  • 《ひとつ屋根の下の都市》
    もっと早くこの人を知っておけばよかったと心から思うし、今この本と出遭って本当に良かったと確信するところがある。勿論ふっと、私とあなたの間に距離が生まれた時には、私という一人の人間に備わったレイヤーが反応して、考えてから自分の中に取り込まなければいけない。少なからずの生きる力をこの本に頂いた。何故ならこの書名に冠された「独立国家」という名の〈私自身が生きるフィールド、磁場〉を私自身の手で創り出していく行為=生きることである、「自立=自分の足で地面を歩いていく」あるいは「自律=”習慣”付けていく」こそが生きていく術であり楽しさであることを僕自身がこれまで得てきた感覚に寄り添うようにこの本が伝えてくれたからだ。真の意味でhomeless(=家がない)な人々とは、河川敷や高架下の公共物を利用し、無数に日々生まれ得る都市に散在する都市の幸=ゴミをひとつ屋根の下に並べて、その日1日に必要な水の量を知っていてペットボトルに蓄えをして生きる路上生活者ではなく、金さえ払えればと日々の賃金労働に身をやつしながら鉄筋コンクリートの屋根の下、1日に使う水や電気の量も把握しておらず、果てはその水や電気、あるいは日々口に運ぶ食べ物ひとつとってもそれがどこから来ているのかも終ぞ分からぬありふれた都市生活者の方ではないのかと切に自省の念が絶えない。私はまだ若い。そんな若者が「やりたいこと」「したいこと」ではなく「やらなければいけないこと」「私がやるべきこと」の先に夢や目標を見据えて生きる、そのためには”死ねない”環境を1日1時間1分1秒自ら作って生きていきたい。

  • いろいろと面白い内容もあるのだが、文体が嫌だ

  • こういう本を読みたかったというか、こういう本を読むために読書を始めたから、この本が読めてよかった。

  • 何の本かと聞かれたら上手く答えられない不思議な本。でも何だかワクワクする面白い本。

  • 最初は0円ハウスの話から、とっても面白く入れた。それが段々、生活の根本的な話になっていって… きっと、あなたがタイトルから想像する何倍も生きることについて考えさせてくれる、名著です。

  • 内容は、ある面突飛ではあるが、今迄の常識に囚われない自由な発想が本当の変革には必要だ。

  • タイトルと帯の言葉が衝撃強く、腰引け気味で読んだのですが書いてある事はしごく真っ当だなと思いました。
    自分のアタマで考えろと繰り返し坂口さんは言います。

  • ちょっと違ったものの見方ができるようになる

  • ホームレスの話だけおもしろかった

  • 発想の転換が素晴らしい。
    絶望した時こそ考えるというのは実践したい。
    筆者の行動力に尊敬です。

  • 一枚岩に見える社会システムを直接的に解体するのではなく、それを見る「レイヤー」を変えることによって、いまある世界の中に自由を再発見できることを示している本。読み終えて、思考の風通しがものすごくよくなったように感じました。

    本書は、経済と社会についての常識とは異なる考え方を示していますが、それらは無手勝流で語られているわけではないように思います。たとえば、「貨幣」と「交易」をめぐる本書の考察などは、これまで多くの論者が語ってきたことをうまくアレンジしていることがうかがえます。しかしながら、社会や経済のシステムを解き明かしているところに、本書の魅力があるというわけではありません。『独立国家のつくりかた』というタイトルの本書が放つ、『資本論』ではなく『共産党宣言』のような、アジテーションの書としての魅力に、ひたすら瞠目させられました。

  • タイトルで損をしている名著。

    坂口恭平さんの追求する姿勢と実行力は読者に刺激を与えてくれること間違いなしだ。

  • 作者は狂っていない。これを狂っていると思う方がおかしいのだ。

  • ゼロ円で生活できる社会を目指して新政府を作ったお話。
    荒唐無稽というわけではなくて、「新政府」というのも概念上の呼び名なので危ない人というわけではなかった。
    既存の匿名のレイヤー(価値観)にとらわれすぎず、それぞれが名前を出して多様なレイヤー(価値観)で活動していけば良いというスタンス。
    実際の活動はとても面白い。

  • 日本国憲法25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」は守られていない。これを守らない現行政府に謀反を起こし、著者は独立国家を作った。日本国では収入0円の人間は生きて行けないが、この国は生存権を保証するので国民は収入0円でも生きていける。どうやって?日本国に膨大に存在している余剰資源を有効活用することによって。日本国ではゴミ、空き家、休耕地などと呼ばれているこれらの物は、この国においては資源である。土地の私有の撤廃と労働からの人間の解放が、この国が目指す究極の姿である。

  • 筆者の考えすべてに納得できたわけではないですが、自分なりにどう批判するか、どういう疑問をもつか考えることができとても有意義な読書となりました。

  • この本が講談社現代新書で出た、というのが、考えてみればなかなかアツい。読み終えた今となっては、表紙等の装丁はノーマル(普通の現代新書らしいもの)だけど、上からかぶせられた巨大な写真入りの帯をみて、ここも著者のこだわりかなぁと思ってしまう。

    独立国家のつくりかた、それは一言でいうなら、「疑問をもつこと」。生理的な違和感を大事にすること。問い続ける(問い直し続ける)こと。自分の思いを、あきらめないこと。――そんなところか。
    そしてまた、そんな自らの素朴な信念を大事にして、法律を調べたり、図書館で写真集を片っ端から見てみたり
    という勉強をする努力も大事。そうしてさらに、見出した姿勢についてこだわり通すことだ――神は細部に宿るのだとな。

    子供のような質問を、大切にするのだ。

  • 本当は星5をつけたいくらいの創造性に富んだ坂口氏のセンセーショナルな本。
    すべての人がひとしく彼の理想を共有せず、書き口が平易ということから上辺だけの批判が予想される(特に年配の方々から)。
    賛否はおいておいて、閉塞感を持つ若者たちは読むとすっきりすることうけあいである。

    私は生死を間近に感じる環境になく、彼の言うような追いつめられて考え始める、というステップを経ずに思考をしている人間であるから、追いつめられていない人間は考えていないのだ、と勝手に否定されている気分になったが、表に出すか出さないかの違いがここにあると思った。

    作者の10年後が楽しみな1作。

  • 「意識生活者』という言葉が気になった。この無意識のシステムの中で目覚めることが創造なのだと。

  • 「生きるとは何か?」について考える。
    このシンプルな問いに、真正面から向き合うことが出来る人は意外と少ない。
    なんやかんや言いながら、考えないように生きようとしているようにしかみえない、ひとつのレイヤー(現実)に捉われず、自分の身体と感覚を中心にして、自分と社会との関係を様々なレイヤーで見ることができる。そういう「視点」を手に入れた瞬間から、世の中の見え方が変わってくる、というのはよくわかる。
    坂口恭平という人物は面白い。
    というか、共感できる部分、僕の感覚と近いと思える部分が多い。
    そういう部分を、うまく言語化する人があまりいなかった、というのもあるとは思うが、太宰治や寺山修司、また椎名誠や忌野清志郎に通じるような、等身大の感覚を持って世界に対峙している人だと思った。
    書物としては稚拙なところもある気がするが、現代的なビートニクと思えば、そんな勢いも感じるし、言わんとしている所は伝わってくる。一気に読めました。
    続いて「現実脱出論」を読んでいるところだが、注目したい人物である。

全275件中 1 - 25件を表示

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)に関連する談話室の質問

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)に関連するまとめ

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)の作品紹介

現政府に文句があるなら、勝手につくっちゃえばいい!
東日本大震災後に熊本に新政府を設立し、初代内閣総理大臣に就任した男がいまを生きのびるための技術を明かす。何も壊す必要などない。ただ、あらゆる常識を根底から疑い、歩きかたを変えてみる。視点を変えてみる。そして、思考しつづける。それだけで世界はまったく別の相貌を見せ始める。衝撃と興奮と希望の書。
電子書籍版も同時発売。

独立国家のつくりかた (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする