ツール・ド・フランス (講談社現代新書)

  • 210人登録
  • 3.59評価
    • (8)
    • (29)
    • (29)
    • (4)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 山口和幸
  • 講談社 (2013年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062882149

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ツール・ド・フランス100回記念の今年(2013年現在)ずっと興味があったツールを今年はTVで追いかけようと思ったのですが。。。

    正直ルールがさっぱり分かりませんでした。

    そこで、何か参考になる本はないかと物色した書籍のひとつが本書でした。

    新書サイズでコンパクトに情報がまとめられていてとても読みやすく、ツールのざっくりとした歴史も知ることが出来ました。

    このスポーツの奥深さを知れた一冊でもあり、観戦ガイドとしても役に立ちました。

    自転車のスピード感や疾走感、競技者たちの駆け引きと合わせて、人間ドラマも合わせて楽しみたい方におすすめの一冊です

  • ツール・ド・フランス入門書といったところ。
    ドーピングには触れているものの、綺麗な話ばかり。
    (図書館)

  • コンパクトな新書に、ツール・ド・フランスの長い歴史が良くまとまっていて、勉強になります。
    が、写真が少ないところが残念かな。

  • 津村記久子さんの『枕元の本棚』でイル・ピラータ(海賊)と呼ばれたレーサーの評伝やらが紹介されていて、昔、アームストロングの本も読んだことを思い出し、急にもっと知りたくなる。
    レースのことがよく分かる入門書。

  • ツール・ド・フランスの歴史の紹介本。
    いきなりこれ読んでもよくわからないと思う。

    ツール・ド・フランスの歴史を紹介していた映画(タイトル失念)があったからそれを見てからの方が情景をイメージできそう。

  • よくまとまっていた。

  • 長年に渡る著者のツール取材の一旦からツールに対する思い、レースそのものの重みを知ることができる。

    ツールの歴史、ツールで活躍した選手、アームストロングの影に隠れた選手たち、日本人選手の活躍など、ツールを観るうえで欠かせない基礎の情報が満載。

  • にわかロードレースファンとしてとりあえず読んでみた。カタカナの名前だらけで読むのが大変でしたが、ちょうどいま開催中のツール・ド・フランスの歴史と、ロードレースの戦略やルール、ルールの変遷などがざっと書いてあって、ツールを見るのがますます楽しくなりました。
    山岳の下り坂でコースを外れて滑落した選手や、道に飛び出した猫を避けようとして落車した選手や、そのほかにも天候・時代背景にレースが左右されたり、本当にいろんなことが起きるんですね。

  • 知り合いの本ですが、やっと読めました。
    黎明期から現代のツールまで網羅して、スピード感もありとても楽しく読み終えました。

  • 2014.01.31

全31件中 1 - 10件を表示

山口和幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
近藤 史恵
近藤 史恵
ウォルター・アイ...
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)の作品紹介

ここ数年、ヘルシー志向の高まりやエコの観点から、自転車に乗るサイクリストたちが急増、自転車ブームが到来している。実は、これが日本におけるブームの3度目で、高度経済成長期において青春を満喫する「銀輪サイクリングブーム」が最初、1985年にNHKが特集で放送したことがきっかけで「ロードレーサーブーム」が起きたのが2回目である。
その2回目のブームを巻き起こした放送というのが、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」である。「ツール」とは「一周する」という意味のフランス語で、文字どおりフランス全土を約3週間にわたって自転車で一周する。途中、数々の名場面の舞台となったアルプスやピレネーの山々を駆け上ったりし、総距離はじつに3600kmにも及ぶ。
そんな壮絶なレースのはじまりは、1903年。スポーツ新聞の拡販キャンペーンとして実施されたことに由来する。以後、二度の世界大戦による中断をはさんだものの、今年2013年6月29日から開幕する大会でちょうど100回目を数える。
本書では、100回を数えるまで歴史を積み重ねてきたツール・ド・フランスのスポーツとしての魅力を、これまでの名勝負・名選手にまつわるエピソードから抽出し、同時に、歴史を育んできたフランス、ひいては欧州文化の土壌を紹介する。
近年、南米や東欧の選手たちの躍進が目覚ましいなか、日本人選手の活躍も記憶に新しい。アームストロングのドーピングによる7連覇剥奪といった事件もあったが、新たな世紀に突入するツール・ド・フランスの魅力を一冊に。

ツール・ド・フランス (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする