僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)

  • 143人登録
  • 3.80評価
    • (16)
    • (26)
    • (11)
    • (7)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 堀潤
  • 講談社 (2013年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062882231

僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャーナリストの堀潤さんの現在までの歩み。
    事なかれ主義の横行している日本にあっても志を強く持ち、大企業に対しても自分の意見をはっきり言える。
    NHKにずっといれば将来は安泰だっただろうに。
    今、自分のいる場所から飛び出して、社会のために挑戦するなんて並大抵の大義ではできないだろう。
    私はこういう不器用な人をずっと応援していきたいと思った。
    現代日本にはなかなかいない気骨のジャーナリスト。
    注目していきたい。

  • 元NHKアナの堀潤による自伝。

    NHK時代にTwitterを使い、それによって苦悩したことがよくわかった。
    今はフリーになったのでのびのびやってほしいと心から思った。

  • これもかなり面白かったです。

    東日本大震災をきっかけでツイッターで呼びかけたり、
    上司にひどい言葉を浴びせられたりして
    辛いことがありましたよね。

    とても読みやすかったです。
    勉強になります。

  • オープンな情報。となると、やはりインターネットしかないのか?

  • うむ。

    でも、中にいるからこそ変えられるものがあると思う。

  • 3・11の震災後、NHKを退職した元アナウンサー堀潤氏。
    そこに至った経緯や、これからの民主主義でメディアのあるべき姿などについて書かれています。

  • NHKを辞めた堀潤さんの自伝的話

  • 学生のうちに読めてよかった
    就活・NHKに入社してから・退社の流れという、堀潤さんの半生に絡めてメディアのあり方について書いた一冊。
    日本の企業の保守的な姿勢を感じさせられる。

  • うちでは「どこにでも行くホリジュン」と呼んでいた筆者。
    見かけないなぁ、と思っていたら退職していた。
    入局から退職に至る経緯がよくわかった。

    読みながら思い出していたのは筒井康隆の「エディプスの恋人」。
    全知全能の神(のようなもの)が出てくる。
    筆者がなりたいのは、その全知全能の神の使者?
    そんな風に感じた。

    筆者の言う「パブリック・アクセス」=市民が直面する問題を自ら発信する=をただの愚痴や不満の垂れ流しとどう差別化するんだろう。
    愚痴や不満の垂れ流しも困るが、誤解や悪意のある捻じ曲げにはどう対処するんだろう。
    普遍的な問題に「格上げ」し担保するのは誰なんだろう。
    危うい感じがする~

  • NHKに就職したい学生、アナウンサー志望の学生にオススメ。NHKの内部、堀さんの就活からNHKで働くまでの過程が参考なるかな

全28件中 1 - 10件を表示

堀潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)に関連するまとめ

僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)の作品紹介

NHKのアナウンサーの多くはあらかじめ決められた段取りに従い、リハーサルを何回もしてから本番に臨むというように、決まりきったことしかやらないし、台本に書かれていないことはまず話さない。

そのため、番組では生放送が発するようなハプニング感は感じられないし、中継番組もどこか漂白された感を否めない。

僕にとっては、それがおもしろくなかった。

(中略)

あるお祭りの中継で、実行委員会のAさんに話を聞くシーンでのこと。

彼は、途中までは台本を覚えていたのだろう。

ペラペラと話すことができたが、ある時点で言葉に詰まり、続くはずのコメントが出なくなってしまった。

通常、NHKのアナウンサーならこんな時、「つまり、○○ということですよね?」などと言って必死に取り繕おうとする。

結果、その場には微妙な空気が漂う。

その気まずい雰囲気は、テレビの前のみなさんにも伝わってしまうものだ。

だからその時、僕はこうフォローした。

「Aさん、台本を一緒に読みましょうか。リハーサルしていても、生放送はやっぱり緊張しますよね」

とにかく楽しい放送をしたかった。

嘘をつき、取り繕い、いいように見せかける放送ではなく、正直な放送をしたかった。

だからこそ、こんなふうにテレビの裏側を「ド正直」に流す手法を僕は心がけてきた。(「第1章」より)

---------------------------------

いじめを受けていた小学校時代のあだ名は、「なんでやねん君」。

バイオリンを習わされていた著者は半ズボンを履き、襟付きのシャツを着ていた大人しい「お坊ちゃん」でしかなかった。

就職活動では民放の入社試験に落ちまくり、なんとか入れたNHK時代、街中では「嘘つき」と怒鳴られ、社内では「給料泥棒」呼ばわりされたことがあった。

会議では「黙って原稿を読めばいい」「打ち合わせにないことはやるな」と叱責されたこともあった。

それでもくじけず、あきらめなかった理由とは何か。

元NHKアナウンサー、堀潤の発想と行動の「原点」――。

僕がメディアで伝えたいこと (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする