愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)

  • 359人登録
  • 3.65評価
    • (19)
    • (36)
    • (30)
    • (8)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 赤坂真理
  • 講談社 (2014年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062882460

愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 私小説というか,ルポというか.
    著者が内面を掘り下げながら戦後を総括している.
    感情的な語句が多く,こういう種類の新書はあまり読むことがなかっただけに,言葉を飲み込むのにとても時間がかかる.しかしながら,引き込まれる感覚があった.
    戦後日本を振り返るならば,誰も責任を取らなかったし,責任を取ることを避ける世の中であり続けたし.また責任を取ることとはいったい何なのかという問いをもたらしているにもかかわらず誰もそこを直視しない現実が有り続けているということを,思考から導き出している.その思考が果たして正しいかどうかは置いといて,それでも圧倒的に深く考えて表現しているものになっていることは間違いない.そして,その問いはこちら側に投げられている.昨今の政治の世界で怒っていることに対しての危惧感も,「空気」というところからアプローチしているところは,「なるほど」と思わせられる.
    理系的な文書では無い分,読み取るのに時間がかかったが,問いのある本という点では良著ではないかとおもう.

  • 日本人の国家観や出来事評価、政治観について、「普通の人」の感覚で調べ考えたもの。憲法について、天皇について、政治について、原発事故について、なぜ何も言う言葉がないのか、その理由の根幹を考えたという本。確かに、多くのことに共感をもった。

  • ユニークな観点からの戦後史。1964年生まれの著者の視線から、70年代以降の連合赤軍事件、オウム事件、日本語、日米関係、どらえもんやサザエさん。そして遡って60年・70年安保などを説明していく。非常に自然な平易な語り口であるが、結構鋭い戦後の政権批判も含まれている。「どらえもん」のジャイアンのガキ大将としての分析、空き原っぱの存在が消えたとの文章、「さざえさん」に見る家族の仄々とした温かさも失われたなどは成程!かつて学区の存在が未知の世界との境界線だったという感覚は懐かしい!そこからだんだん世界が広がっていった。60年安保は反米ではなく、胡散臭さの象徴である岸信介首相への反対であったと喝破する。これらの闘争の担い手は決して反米ではなく、むしろ米国の民主主義の信奉者であったことは鶴見俊輔が好例だという。逆に岸・小泉・安倍などの系譜が反米・国粋主義と繋がるように思われるのは皮肉なところである。この時代に革命と言うとマルクス主義の切り口しかなかったのは事実なので、誤解を招くとの説明はその通りだと思う。

  • 戦後とは何か。
    日本の根底に流れる空気の所以は何か。
    そんなことを考えさせられる本でした。

  • 図書館のブックリストに追加。

    2016.05.20.

  • 現在(2014年執筆当時)から「戦後」を素人目線で俯瞰して、疑問に思うこと、煮え切らない思い、立ち止まって得られた気づきなどを述べている。

    情感たっぷりに書かれた箇所はかえって少し読みにくいが、昭和天皇の戦争責任について突き詰めて(やや肯定的に)考える反面、今上天皇の無私性に自然と頭を垂れるなど、一般的・常識的な日本人としてのバランス感覚も持ち合わせているように思う。

    今なおオリンピックと高速鉄道網で「一億総〜」などと国威発揚している様は、戦後政治のあり方と全く変わらないし、さらには戦中・戦前にさえ連なる、日本人の精神構造を規定する「神話」のようにも思える。
    かつて栄えた国々が滅びの道を転がり落ちる、その終わりの始まりには、そういった「神話」にしがみつこうとする傾向があったのではなかろうか。

  • 戦前、戦後についての考察は社会学としても、私がこれまでに聞いたことも考えたことのないもので非常に印象深かったが、この国を覆う閉塞感については個人の経験による考えが強くあまり同意できなかった。たた、我々が恣意的に忘却を選ぶ民という考え方を総論的な本書の読み取りとして感じ、この考えには同意できた。ひょっとしたら忘れないことは罪にさえなるのかもしれない。社会という眼前に広がるものに恐怖と絶望を感じた。それでも、立たねばならぬだと思う。

  •  戦後の日本社会の日常感覚を、言葉にして確かめようとしていく。

  • 近代というもの、戦後とはいったい何だったのか、学術的な話ではなく、筆者が身近に起こったことを起点にそれについて考察されています。戦後の特殊な一時期にあって、現在にはなくなってしまったもの、その一つに「ガキ大将」などの暴力があり、それが大切だったということを感じさせてくれます。そしてその暴力を、今の私たちは分かることができなくて、その時代の人にしか理解できないものなのだなと感じさせてくださりました。その文脈から、この間の原発事故、オウム心理教のこと、決してて他人事ではないということ、改めて教えられました。

  • 東京プリズンの作者

    私の国には、何か隠されたことがある。

    天皇が近代にどう作られたかと言う問題。
    なぜ、彼は罪に問われなかったのだろう、なぜそれを、もういけないような空気があるのか、

    戦争犯罪人、A級平和に対する罪、B級、通常の戦争犯罪、例えば捕虜の虐待や民間人の殺戮、C級、人道に対する罪、

    物語の作り方は神の作り方に似ている。
    1大和物語に縛られ逆に物語に操られてしまう存在でもある、人は自己のよって立つ物語がなければ行きにくい。
    世界の宗教の歴史はそれを教えていないだろうか、上とは物語フィクションの最たるものかもしれない。

  • アメリカ的近代民主主義に対する戦後日本のラカン的受容(「他者の欲望」の欲望)を指摘し、これを外来の概念を内実の理解を伴わないまま「外来語」としてそのまま受容してしまえる日本語の特質に帰するあたりの言語感覚はさすが。論旨の流れにとっ散らかった印象を受けないではないが、高度成長期から東日本大震災に至るクロニクルを経て、受容したものを結局理解できずに放り出して明治憲法以前に回帰しようとする現代日本のレジームに対する視線は、温かみのある文章に彩られてはいるが痛みを伴うほどに穎敏だ。

    個人的には、偶然にも少し前に読んだ中公新書「昭和天皇(古川隆久)」と同様、「決断させてもらえない天皇」に触れている点が興味深かった。本書ではシステムとして利用される対象としてだけしか言及されていないが、本質を突いていると思う。

  • 著書は思い込みの強そうな人物だと感じた。
    そして、その壮大な思い込みに付き合わされているような、感じが読んでいてした。

    頭が良くて面白い人なのだと思うし、ここまで日本というもの、戦争の結末を自分ゴトとして考えられるのはすごい才能だとは思うのですが。
    頭が良くて真面目な文系の人特有の言葉遊びというか、レトリックに付き合わされている感じがした。

    読んで何か得られるか、っていうとそういうものもなかった。
    視野が外に広がるというものでもなかった。

    なんというか、非常におすすめできません。
    戦後史とかを知りたいならジョンダワーの有名な本なり何なり、他に面白い本がたくさんあると思う。

  • 興味深い。「私の家には、何か隠されたことがある。ごく小さなころから、そう感じていた。でも、こういうことだったのかもしれない。-----私の国には、何か隠されたことがある。」

  • 著者と全くの同世代なので70、80年代の何となく粗雑な世相の描写は「うん、そうであったか。」と納得できた。ただし憲法観などは著者の思い込みが強く感じられて、自分は追いていけなかった。

  • 著者とは全くの同世代です。私にとって、戦後という言葉のくくりでの時代感覚はない。戦争を知らない子供たちですから、前も後もなく、時代論証としては、ガンダム世代、ファミコン世代、おにゃんこ世代、バブル世代、ネット世代みたいなキーワードで語られることご多いです。

    さて、そんな世代でも学生時代には興味の薄かった日本史を知りたいと、この歳になると自然と思います。歳をとるとはふしぎなものです。

    本書はタイトルには戦後というありますが、戦争や天皇のお話もふくみますが、それにべったりでなく、戦後という時代を経て育った日本の社会を考えています。社会学としてはパーソナルな視点に立脚しており正しい、正しくないではなくこの人はこう考えるんだ。と自然に伝わってくる読みやすいものでした。

  • 様々な事件、事象を独自の視点で考察している。
    最初はあまりに卑近な例が多過ぎて説得力に欠けると思ったが、いかに戦争或いは戦後を自分に引きつけて考えるかという事に主題を置いているのでそれは正しいアプローチなのかもしれない。
    本書は社会全体を俯瞰するのものではなく、個人を掘り下げるものなのだろう。
    歴史ではなく文学。

    オウムと受験システム、安保闘争・三島由紀夫の自殺と玉砕・特攻などに通底するものはなにか?
    憲法の言葉そのもの、ひいては漢字や言葉とはなにか?
    それを考えずに年月を重ねたための結果が現在の歪みの元だと僕も思う。

    戦争に負けたことや責任の所在を曖昧にし、アメリカからもらった憲法について熟考することもなくただ、ただ、現状追従の生活を送ってきたツケが今の僕らに降りかかっている。

  • 「がんばろう東北」ではなくて「嘆いていい、東北。あなたたちのために私たちはがんばる」と東北以外の人が言うのが、筋なのではないだろうか?
    に納得。それ以外の言葉は、気持ちの真相に挟まった感じですぐには出てこない断片になって我が身に入った。

  • 「村上さんのところ」Webサイトと並行して読んでいたせいか、取り上げるテーマおよび問いそして考察といった流れが、読者と村上春樹さんの間のおりいって質問・相談したいこと ちょっと話したいこと 私の好きな場所・嫌いな場所 「猫」あるいは「ヤクルト・スワローズ」…に対する問い、回答となじんで来てしまい、どっちがどっちに書いてあったことか混乱してきました。本書でとりあげてきた安保闘争、オウムも村上春樹作品になっているし、地域、学校の閉塞感についてのくだりも、村上春樹さんの回答を読む限り、一度脱出したところには戻りたくないようですし。

  • ところどころに印象的な言葉はあるけど、全体的になぜだか思い込みの強さを感じてしまい少し受け入れられないところがある。まるで無農薬野菜の素晴らしさを説かれているように。

  • 自分が生きるこの社会は重層的に織り成す「何か」の上に成り立っているということを戦慄とともに実感した。

    当然ながら「何か」というものは普段生活している中では気づかないし、知るよしも無かった。

    本書を通じて一つひとつ、その「何か」が理解していく中で、己の無知さ加減はともかくとして、自分が信じていた(若しくは理解しているつもりだった)この日本の姿が作為的に作られたものであり、虚構であることを知った。

  • ぐさぐさに断絶されて、でもまさぐりあい、求め合うことをやめられない。
    このなんともいえない倒錯感。

  • 同い年の人が書いた文章は歩みが違っても共感性が高くなる。これが同時代性というものか。ただ同時代を生きながら、その中心にいるのではなく、辺縁を歩いているからこそ共感できるのかもしれない。この本のテーマは「物語」か思う。著者の問題意識は、「私たちの現在は、明治維新と第二次世界対戦後と、少なくとも二度、大きな断絶を経験していて、それ以前と以後をつなぐことがむずかしい」そのため「自分たちが、自分たち自身と切れている」ことを出発点に戦後の歩みについて著者が探していく「物語」である。最後にたどり着く結論は、「物語」はマジョリティを作り出す、そしてマイノリティを区別し、暴力性を持つ。だから「物語は弱者(マイノリティ)にこそ必要なもの」との結論に到達するところが救われる。作家が書く文章なので読ませる文章であり、読後感は良かった。

全45件中 1 - 25件を表示

愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする