明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)

  • 393人登録
  • 3.93評価
    • (27)
    • (42)
    • (25)
    • (3)
    • (1)
  • 39レビュー
著者 : 佐藤尚之
  • 講談社 (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062883023

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

  • 明日の〜シリーズ第三弾。いまの時代に即した、コミュニケーションプランニングの教科書といった雰囲気。広告やプロモーションの受け手を2種類に分け、それぞれに対するアプロチーチの仕方を説く。

  • まず
    ・5670万人は毎日検索しない。
    ・コミュニケーションは売り上げのためではなく、お客さんの喜びのため。「この情報に会って良かった」

    マイルドヤンキーも1000万人くらいいる
    テレビ効果あり

    友人知人が砂一時代の最強メディア
    SNS最強という意味ではない

    メディアとはミディアム「中間」の複数形

    競馬を語るオーガニックリーチは影響大
    競馬の動画がシェアされるだけでは競馬の興味は大きくならない。

  • 『明日の広告』ほどの インパクトが薄れてしまった。

    情報格差を
    「砂一時代の人」と「砂一時代以前の人」 と切り分けたが、
    いまいち 言葉が 大人になっていない。
    マーケティングのプロだからこそ
    このようなところに もっと情熱を注ぐべきだが
    残念ながら そういうことをしない人かもしれない。

    『ネットを毎日利用しない人は、約5670万人にものぼるのである。』

    言われてみれば、そうなのだが。
    この 砂一時代以前の人 が従来のマーケティングが
    対応できるのかどうかは 明らかにされていない。
    ちょっと 切れ味が 悪いのだ。

    この本の限界は 『伝える』ことだけに 特化している。
    商品を買ってもらう と言うことには 関心がないようだ。
    仲間、Facebook,そして ファンベース。
    その中における コミュニケーションデザイン。

    たぶん 袋小路で 突破できないと言ってもがいているのだろう。

    『オーガニックな言葉』に『共感』させ、『共創』する。

  • 具体的な数値がたくさんのっていて説得力があります。フェイスブックを仕事で使おうとする方は一読すると良いと思います。

    私は後ですぐに数値等を参照できるように必要なページにインデックスをつけて資料みたいにして使えるようにしました。

  • 伝えたい相手は二種類。それぞれに合わせたプランニングが必要。

    意識すること。徹底したファンベース。ファンにサービスを伝えてもらうための背策が大事。
    もちろん、これまだ通りのますベースも続けていくことはもちろん。

  • 「雑誌WIREDのウェブ記事によると、2010年、世界に流れる情報量はゼタバイトの世界に突入したらしい」という文章で始まるこの本は、私が読んだ新書の中では『ザ・プラットフォーム』以来のインパクトだった。つまり、私が知らなかった視点からのビューが描かれている。マーケティングを担当している同僚に聞いたら、それほど新しい話でもないようだが、それでも私にとって、ネット環境にまみれている人と、それ以前の生活を続けている人とで、マーケティング的なアプローチが違うということは、とても新しい視点だった。では、あなたがどうしても伝えたいその「情報」は、どうすれば相手に伝わるのか。

     このように「砂一時代の人(ネット環境にまみれている人)」と「砂一時代以前の人」ではプランニングを切り分けるべき!という話がこの本の前提条件なのだが、日本の人口の半分は、情報のシャワーを浴びている「砂一時代の人」だが、残り半分は、依然としてテレビなどの既存メディアから情報を得ている「砂一時代以前の人」たちだということも分かった。私はプランニングやコミュニケーションの仕事に携わっているわけではないが、ビジネスに参加している者の一人として、この本に書かれていることを常識として身につけておきたい。

  • 2度目の読了。インターネットが普及してきた中で溢れまくっている「情報」。自分にとって沢山の人に届けたい情報だとしてもどうやったら届くのか、そして伝わるのかについて細かく書いてある本である。

  • 国民の半分が情報”砂の一粒”時代以前の生活者で、彼らには従来「マスベース」でのプランニングで伝わる。
    もう半分の砂粒時代の生活者には友人知人を介したファンとのコミュニケーションをプランニングした「ファンベース」
    が必須。
    非常に示唆深い本。

  • SNS時代は情報が溢れているので
    情報を広めるためにはターゲットを決めて
    「ファン」をつくることが大事。

    説明の図が多かったこと、参考書籍が
    多かったことも良かった。

  • 本書は、著者が自ら言う通り、くどい。
    あまりにくどい。長々くどくど。あまりにくどくて3回くらい吐きました。
    半分のベージでまとめられるだろうし、その方が効果的に読者に伝わる。
    「砂一時代」ではうざい伝え方は逆効果と述べているのに、本書自体がそうなってしまっている。

  • 砂一時代以前、以後で、マーケティング戦略を変えるべし。それ以外は、あまり目新しさはなかったが、それを認識させてくれただけでも良かった。

  • ファンベースのプランニングの必要性を説いている。
    今回は事例がなかったが、十分プランニングの参考になる内容だった。

    また重要な情報として、以下があった。
    ネットを日常的に利用している国民としていない国民は半々だ。半分の国民は日常的に検索を利用しない。

    -----

    memo

    30
    2010年の1年間で、世界中の砂の数と同じ1ゼタバイトの情報が流れた。(中略)極端に言えば、こう言い換えてもいい。あなたが伝えたい情報は、生活者にとってはたった「砂の一粒」である。

    54
    まとめよう。
    ・情報“砂の一粒”時代
    ・仲間ごとの急激増
    ・超成熟市場
    ・メディアやツールの激増
    ・エンタメ過剰

    58
    「ネットを日常的に使っていない人」について(中略)主に都会で働いていて、ネットを空気みたいに使いこなしているマーケターたちは、彼らの存在を結果的に無視してきたし、いまでもあまり重要視していないように見える。

    63
    たとえば、「ネットを毎日利用しない人」は、約5670万人にものぼるのである。

    81
    ソーシャルゲームとかニュースアプリとかがなぜCMを流すのか不思議がる人もいるが、マイルドヤンキーを始め、砂一時代以前の生活者はCMを見てそれらを買っているのである。

    165
    つまり、長く愛用してくださっているファンこそを優遇するのだ。そして彼らから最強メディアである友人知人に1回になるメリットが伝わっていくように、優遇内容などをプランニングしていくのである。

    186
    (伝える側が)ファンに直接リーチするにはどうするか

    201
    ファンだってまったくコントロールできない。そうではなくて、「自然に言いたくなってくれる環境を作っていく」のである。

    230
    こうした接点においてすばらしい体験をすると、人はそれを友人知人に言いふらしたくなるし、ボクたちは彼らの言葉により、その企業や商品の印象を大きく変える。彼らのオーガニックな言葉こそ、新たなファンを作っていくのである。

    234
    共創(コ・クリエイション)

  • ファンマーケティングに行ってしまったか。共感はいいクリエイティブで、と言えば良かったかな?ファンマーケティングの時間軸の認識もさらりと。ファンマーケティングしている組織部隊がインサイトを商品開発やマーケティングに取り込まれるだけのリスペクトがあるのか?などなどビジネスと企業の現場との乖離を感じる。

  • 伝えることは、楽しい、楽しいという気持ちが伝わってくる

  • TVCM、ラジオ CM、新聞、雑誌といったレガシイメディアからオンラインアド、パブリシティ、SNSによる口コミ…と、広告はどんどん多様化している。つい最先端の手法にばかり目が行くが、実際にはまだレガシイメディアにしか接していない消費者も多い。またオンラインの世界ではもう補情報量が圧倒的に多すぎて、その広告が目に留まる確率は地球上のすべての砂浜の砂のなかの一粒を見つけるのに等しいという。そんな中で、企業はどのように消費者とコミュニケーションを取るべきなのか。ファンをつくってアプローチする方法はなにか。次のコミュニケーションを考えるいいきっかけになった。

  • 現代マーケティングの方法論はよくわかった。この手の本にはよくある話だが具体性がとても薄い。業界ごとに合う/合わないはあるだろうに。それと、話がくどい。冗長。これまでの著作のほうがおもしろかった。

  • いま現在の情報環境を俯瞰し、マーケッター・プランナーの癖や常識、そもそもの視界・思考の狭さを課題提起し、タイトル通り「明日のプランニング」へつなげていく。

    大して難しいことは書いてないのだけど、確かにその通りだ、自分は無意識のうちにそうしていた、あるいはそうしていなかったと思わせるようなところが随所に散りばめられてる。

    東京に住んで、こういう仕事をしていると、日本国民全員が自分と同じスタイルであるかのような錯覚には確かに陥りがち。誰に対して商売をするのか、著者の言葉を借りると、笑顔にするのかは、もっと精緻に考える必要がある。

  • 「砂一時代」とのとらえ方は共感できた。ただ、テレビ等のマスメディアからネット(民)が反応することに関しての説明がなく、もやもやっと。

  • 生活者を2つに切り分けてプランニングする
    マイルドヤンキー TVは効く

    情報砂の一粒時代

    情報が多すぎると人は友人、知人に頼る
    情報への共感ではなく、友人知人への共感

    興味関心がない人をも振り向かすマスベースとファンに伝えるファンベース

    ターゲットからパートナーへ

    人は同じ所を探すために読む、聞く、会う。なぜなら、人と違うことは寂しいから

    「共感」は個人の話から起こる

  • 以前からファンのさとなおさんの本。
    今回のタイトルは「明日のプランニング」
    「明日の」シリーズは、私も「明日の広告」「明日のコミュニケーション」と読んでいたので、今回の書籍発売も楽しみにしていました。

    まず、
    読んで思ったのは、最近のもやもやしていたところがだいぶすっきりしたかな?
    って、感じですね。
    内容の詳細は控えますが、最近、相談されたりしても、どうも話が噛みわないというか、私の大事に思っているところと、ずれている感がとってもしていました。

    Web、ソーシャル、などはもちろんのこと、生活者の意識や行動の変化、求めているコト、などが具体的にイメージ出来ていない方は、一読の価値があるかと思います。
    いや、別にこれが正解とは言いませんし、各自でご判断で構わないと思いますが、この俯瞰した視点で、ファクトに基づいた分析は一度知っておくべきかと思います。
    その上で、自身なりの展開で勝負しても遅くないでしょう。

    さっそく、私も、さとなおせんせーに伝授頂いたロジック、知識をベースに知ったかぶりしてお話しようかな(笑

  • 砂一時代とそれ以前を明確にわけてプランニングする必要性。
    「ファンベース」「オーガニックリーチ」が肝。

    イマのプランニングに必要な最大公約数を導いてわかりやすく言語化してくれている本。

    結論、早く仕事したい。

全39件中 1 - 25件を表示

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

明日のプランニング 伝わらない時代の「伝わる」方法 (講談社現代新書)のKindle版

ツイートする